「イタリア王国 (1805年-1814年)」の版間の差分

m
リンクの追加・修正を行いました。
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
m (リンクの追加・修正を行いました。)
|次旗1 =Flag of the Habsburg Monarchy.svg
|次代2 =ロンバルド=ヴェネト王国
|次旗2 =Flag of AustriaFlag_of_the_Kingdom_of_Lombardy–Venetia.svg
|次代3 =モデナ=レッジョ公国
|次旗3 =Flag of the Duchy of Modena.svg
|次代4 =フランス帝国イリュリア州
|次旗4 =Flag of France.svg
|国旗画像 =Flag of the Napoleonic Kingdom of Italy.svg
ナポレオン・ボナパルトは1804年に[[ピウス7世 (ローマ教皇)|ピウス7世]]により戴冠され、[[護憲元老院|元老院]]によりフランス皇帝と宣言された。イタリア共和国もイタリア王国に変えられ、ナポレオン自身がイタリア王となり、[[ミラノのドゥオーモ]]の内部で1805年5月26日に戴冠した。そして、ナポレオンを盲目的に信頼し、自身の政治的目的の追求を恐れない養子の[[ウジェーヌ・ド・ボアルネ]]がイタリア副王に任命された。
 
[[1809年]]にはゴリツィアと[[トリエステ]]、[[イストリア]]、[[ダルマツィア]]、[[コトル湾|カッターロ湾]]は王国からはずされ、[[リュブリャナ]]を州都とする[[イリュリア州]]としてフランスの支配下となった。
 
=== 崩壊 ===
206

回編集