「台湾鉄路管理局EMU3000型電車」の版間の差分

(→‎運行開始: 当面無座票発売せず)
 
== 概要 ==
2015年以降に策定された大型調達計画のうち「新型城際電聯車」(都市間電車列車を意味する)の名目で進められたもの<ref>{{Cite web|url=https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1292929 |title=復興、莒光號開逾30年 國發會通過997億元補助汰換 |date=2015-04-20 |publisher=[[自由時報]] |accessdate=2019-10-10 |language=zh-tw}}</ref>。先代の[[台湾鉄路管理局TEMU1000型電車|TEMU1000型電車]]や[[台湾鉄路管理局TEMU2000型電車|TEMU2000型電車]]は1編成8両かつ、車体傾斜方式により2019年までは無座(立席乗車)を認めていなかったため輸送力確保に難があったことから12両編成と長大化。従来の[[等級_(鉄道車両)#モノクラス制|モノクラス]]ではなく、1両は日本のグリーン車に相当する商務車(ビジネスクラス)がに割り当てられるほか、4編成48両は観光列車用途としての用途が計画されている<ref name="出張1" />。最優等列車への上位クラス設定は1990年代に1年弱試験的に行われた[[台湾鉄路管理局EMU100型電車|EMU100型電車]]以来となる<ref>{{Cite web|url=http://cwhung.blogspot.com/2019/12/1991.html |title=1991年時的台鐵第一代商務車 |date=2019-12-13 |author=[[洪致文]] |publisher=飛行機の測候所 |accessdate=2021-07-23 |language=zh-tw}}</ref>。投入後は自強号のうち、[[台湾鉄路管理局EMU1200型電車|EMU1200型電車]](1987年運用開始)、[[台湾鉄路管理局EMU300型電車|EMU300型電車]](1989年運用開始)など旧型で運行されている車両が置き換えられる{{efn2|EMU300型は2021年4月に発煙事故など故障が相次いだため本型式投入を待たずに定期列車としての運用が停止された<ref name="鄭瑋奇、許倬勛" />。}}<ref name="鄭瑋奇、許倬勛">{{Cite news|url=https://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/1444275 |title=自由日日Shoot》10天故障3次!EMU300停駛特檢 學者籲減班降風險 |date=2021-04-21 |author=鄭瑋奇、許倬勛 |publisher=自由時報 |language=zh-tw}}</ref>。
 
== 沿革 ==
357

回編集