「坂本城 (播磨国)」の版間の差分

地図
(地図)
タグ: メディア追加
 
{{日本の城郭概要表
'''坂本城'''(さかもとじょう)は、現在の[[兵庫県]][[姫路市]]書写にあった[[日本の城]]。
|name =坂本城
|pref = 兵庫県
|img =
|img_capt =
|img_width =
|ar_called =堀之城、御構御所
|struct = [[平城]]
|tower_struct = なし
|builders =[[赤松円心]]?
|build_y =14世紀末?
|revamp =
|rulers =赤松氏
|reject_y =16世紀初頭?
|remains =[[土塁]]
|rebuilding things = なし
|remains number=県No.020134<ref name=HyogoKouko>[https://www.hyogo-koukohaku.jp/modules/info/index.php?action=PageView&page_id=19 「兵庫県遺跡地図(地図番号52)」]兵庫県立考古博物館公式HP</ref>
|cultural asset=姫路市指定[[史跡]]「坂本城跡[[土塁]]」<ref name=Himeji>{{cite web|url=https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000001951.html|title=市指定文化財(史跡・名勝)について|accessdate=2020-11-28|publisher=姫路市}}</ref>
|location = {{ウィキ座標2段度分秒|34|52|24.4|N|134|39|09.2|E|region:JP-21_scale:30000|display=inline,title}}
|地図=Japan Hyogo
|ラベル=坂本城
|緯度度=34|緯度分=52|緯度秒=24.4
|経度度=134|経度分=39|経度秒=09.2
|アイコン=日本の城跡
|ラベル位置=bottom
}}
 
'''坂本城'''(さかもとじょう)は別名「堀之現在の[[兵庫県]][[姫路市]]書写にあった[[日本の」「御構御所」]]である<ref name="sosakoukuTSUBOHORI1996">{{Cite journal |和書 |date=19971998-3-1 31|title=坂本城跡(第6次調査)|journal=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/cmsfiles/contents/0000002/21722157/38tsubo8.pdf 『曽左校区』をたずねて]TSUBOHORI |editor=梅津勉|journal=平成8年度(1996)姫路市埋蔵文化財見学シリーズ 調査略報]|issuepages=38 |page=4 13-14|publisher=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/00000021720000002157.html 姫路市]教育委員会文化部文化課 |accessdate=2020-11-28 }}</ref>。別名'''堀之城'''兵庫県姫路市書写にあっ日本の城であるは'''御構御所'''<ref name="TSUBOHORI1996sosakouku">{{Cite journal |和書 |date=19981997-3-31 1|title=坂本城跡(第6次調査)|journal=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/cmsfiles/contents/0000002/21572172/tsubo838.pdf TSUBOHORI 平成8年度(1996)姫路市埋蔵『曽左校区』をたずねて]|editor=梅津勉|journal=文化財調査略報] 見学シリーズ|pagesissue=13-14 38|page=4|publisher=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/00000021570000002172.html 姫路市]教育委員会文化部文化課 |accessdate=2020-11-28 }}</ref>。[[土塁]]の[[遺構]]が「坂本城跡土塁」として姫路市の[[史跡]]に指定されている<ref name=Himeji/>。
== 概要 ==
'''坂本城'''(さかもとじょう、別名「堀之城」「御構御所」<ref name="sosakouku">{{Cite journal |和書 |date=1997-3-1 |title=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/cmsfiles/contents/0000002/2172/38.pdf 『曽左校区』をたずねて] |editor=梅津勉|journal=文化財見学シリーズ |issue=38 |page=4 |publisher=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000002172.html 姫路市]教育委員会文化部文化課 |accessdate=2020-11-28 }}</ref>)は、兵庫県姫路市書写にあった日本の城である<ref name="TSUBOHORI1996">{{Cite journal |和書 |date=1998-3-31 |title=坂本城跡(第6次調査)|journal=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/cmsfiles/contents/0000002/2157/tsubo8.pdf TSUBOHORI 平成8年度(1996)姫路市埋蔵文化財調査略報] |pages=13-14 |publisher=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000002157.html 姫路市]教育委員会文化部文化課 |accessdate=2020-11-28 }}</ref>。
 
== 概要 ==
本城は[[書写山]]南麓の段丘端の平地に立地する[[平城]]で<ref name="TSUBOHORI1999">{{Cite journal |和書 |date=2001-3-30 |title=坂本城跡(第8次調査)|journal=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/cmsfiles/contents/0000002/2157/tsubo11.pdf TSUBOHORI 平成11年度(1999)姫路市埋蔵文化財調査略報] |pages=4-8 |publisher=[https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000002157.html 姫路市]教育委員会文化部文化課 |accessdate=2020-11-28 }}</ref><ref name="radio1">{{cite web |url=https://jocr.jp/yamajiro/20180715083000/ |title=山崎整の西播磨歴史絵巻「坂本城(上)」 |accessdate=2020-11-28 |date=2018-7-15 |publisher=ラジオ関西 }}</ref>、付近に[[夢前川]]・[[菅生川]]が流れ<ref name="radio1"/>、また[[因幡街道]]や作州街道が交わる交通の要地でもあり<ref name="radio1"/>、政治的な拠点には適地であった<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/>。
付近に[[夢前川]]・[[菅生川]]が流れ<ref name="radio1"/>、
また[[因幡街道]]や作州街道が交わる交通の要地でもあり<ref name="radio1"/>、
政治的な拠点には適地であった<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/>。
 
本城の規模は、江戸時代の『姫路御領書留』には「約133メートル×約86メートル」と記されているが<ref name="radio1"/>、[[発掘調査]]の結果、周囲に堀と土塁を巡らせた170メートル四方の規模であったことが判明した<ref name="TSUBOHORI1996"/><ref name="TSUBOHORI1999"/>。
発掘調査の結果、周囲に堀と土塁を巡らせた170メートル四方の規模であったことが判明した<ref name="TSUBOHORI1996"/><ref name="TSUBOHORI1999"/>。
 
築城時期はよくわかっておらず<ref name="radio2">{{cite web |url=https://jocr.jp/yamajiro/20180722083000/ |title=山崎整の西播磨歴史絵巻「坂本城(下)」 |accessdate=2020-11-28 |date=2018-7-22 |publisher=ラジオ関西}}</ref>、[[室町幕府]]の初代[[播磨国|播磨]][[守護]]・[[赤松則村|赤松円心]]により14世紀初め<ref name="radio2"/>、あるいは赤松円心より4代目の[[赤松義則]]の時代(1358年から1427年)<ref name="dorui">{{cite web|url=https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000002034.html|title=坂本城跡土塁|accessdate=2020-11-28|publisher=姫路市}}</ref>、発掘調査結果を基に、存続時期の上限は14世紀末<ref name="TSUBOHORI1996"/>、14世紀末から15世紀初め<ref name="radio1"/>、15世紀初頭には既に存在していた<ref name="TSUBOHORI1999"/>、応永29年(1422年)と江戸時代の地誌「[[播磨鏡]]」に記載<ref name="TSUBOHORI1999"/>、赤松円心の時代に構居があり築城は後の1422年<ref name="sosakouku"/>、赤松円心の時代に築城され1422年に大改修された<ref name="radio1"/>、などとされている。
[[赤松則村|赤松円心]]により14世紀初め<ref name="radio2"/>、
室町幕府初代[[播磨国|播磨]][[守護]]の赤松円心より4代目の[[赤松義則]]の時代(1358年から1427年)<ref name="dorui">{{cite web |url=https://www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000002034.html |title=坂本城跡土塁 |accessdate=2020-11-28 |publisher=姫路市 }}</ref>、
発掘調査を基に時期の上限は14世紀末<ref name="TSUBOHORI1996"/>、
14世紀末から15世紀初め<ref name="radio1"/>、
15世紀初頭には既に存在していた<ref name="TSUBOHORI1999"/>、
応永29年(1422年)と江戸時代の地誌「[[播磨鏡]]」に記載<ref name="TSUBOHORI1999"/>、
赤松円心の時代に構居があり築城は後の1422年<ref name="sosakouku"/>、
赤松円心の時代に築城され1422年に大改修された<ref name="radio1"/>、
などとされている。
 
室町時代には播磨守護の[[赤松氏]]の政治的な本拠として使用されていたが<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/>、嘉吉元年(1441年)の[[嘉吉の乱]]により赤松氏が一旦滅亡した後に[[山名氏]]の支配下となった<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio2"/>。その後、山名氏と復興した赤松氏との攻防の舞台となったが<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio2"/><ref name="dorui"/>、大永2年(1522年)を最後に記録が途絶え<ref name="radio2"/>、16世紀初頭には廃城となったものと思われる<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/><ref name="radio2"/>。また、発掘調査により本城の時期の下限は16世紀初頭との報告がなされた<ref name="TSUBOHORI1996"/>。
室町時代には播磨守護の[[赤松氏]]の政治的な本拠として使用されていたが<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/>、
嘉吉元年(1441年)の[[嘉吉の乱]]により赤松氏が一旦滅亡した後に[[山名氏]]の支配下となった<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio2"/>。
その後、山名氏と復興した赤松氏との攻防の舞台となったが<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio2"/><ref name="dorui"/>、
1522年を最後に記録が途絶え<ref name="radio2"/>、
16世紀初頭には廃城となったものと思われる<ref name="TSUBOHORI1999"/><ref name="radio1"/><ref name="radio2"/>。
また、発掘調査により本城の時期の下限は16世紀初頭との報告がなされた<ref name="TSUBOHORI1996"/>。
 
2002年(平成14年)には現存する土塁が「坂本城跡土塁」として姫路市の市指定文化財([[史跡]]に指定された<ref>{{cite web |urlname=https:Himeji//www.city.himeji.lg.jp/kanko/0000001951.html |title=市指定文化財(史跡・名勝)について |accessdate=2020-11-28 |publisher=姫路市 }}</ref>。
 
== 沿革 ==
乱後、播磨は山名宗全の分国となり、宗全は坂本城に入って播磨を統治した。しかし[[応仁の乱]]勃発後、[[赤松政則]]が山名氏を播磨から追い出し、赤松氏が播磨を再び平定した。その間の文明元年(1469年)に政則は新たに[[置塩城]]を築いてそこを本拠としたため、その後、坂本城は廃城となった。
 
== 出典脚注 ==
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
*[[平井聖]]『[[日本城郭大系]](第12巻)大阪・兵庫』[[新人物往来社]]、1981年。
 
{{Japanese-history-stub}}