「オーガスタ・グレゴリー」の版間の差分

https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Lady_Gregory&oldid=1053727211 より導入部のみ翻訳
編集の要約なし
(https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Lady_Gregory&oldid=1053727211 より導入部のみ翻訳)
 
[[Image:Lady_gregory.jpg|right|thumb|250px|グレゴリー夫人]]
{{Portal|文学}}
 
'''イザベラ・オーガスタ・グレゴリー'''(Lady '''Isabella Augusta Gregory''', [[1852年]][[3月15日]] - [[1932年]][[5月22日]])は、[[アイルランド]]の[[劇作家]]・詩人。アイルランドの[[フォークロア]]収集にもあたった。日本では'''グレゴリー夫人'''と紹介されている文献が多い。{{仮リンク|ケルト文芸復興運動|en|Celtic Revival}}の支援者であり、また有力な旗手の一人でもあった。
'''イザベラ・オーガスタ・グレゴリー'''(Isabella Augusta Gregory 、[[1852年]][[3月15日]] - [[1932年]][[5月22日]])<ref>{{Cite encyclopedia |title=Augusta, Lady Gregory |encyclopedia=Encyclopædia Britannica |url=https://www.britannica.com/biography/Augusta-Lady-Gregory |access-date=2018-03-13 |date=2018-03-08}}</ref>は、アイルランドの劇作家・民話研究家・劇場経営者。
[[ウィリアム・バトラー・イェイツ]]や{{仮リンク|エドワード・マーティン|en|Edward Martyn}}と共同してアイルランド文学座と[[アベイ座]]を設立し、両劇場のために短編劇を量産した。
また、アイルランド神話に材を取った再話文学も複数執筆している。
オーガスタの生来の階級はイギリスのアイルランド支配から強い恩恵を受けていたが、後に反ユニオニズムへと転向する事となる。
オーガスタの著作からも明らかなように、彼女の文化的ナショナリズムへの傾倒は当時のアイルランドで頻発した政治的闘争を象徴するものである。
 
現在では、オーガスタの主な業績はアイルランド文芸復興運動の後援と認識されている。ゴールウェイ県のクール荘園に立てられた彼女の家は文芸復興運動の主要人物にとって重要な会合の場となり、
またアベイ座の理事会の一員としての彼女の初期の貢献は、この劇場の発展にとってはその創作活動以上に重要であったとされる。
座右の銘である「思索は賢者の如く、しかし自己表現は市民の如く」はアリストテレスから引用している<ref>{{citation | last = Yeats | first = William Butler | title = Writings on Irish Folklore, Legend and Myth | publisher = Penguin Classics|orig-year = 1993 |year = 2002 | isbn = 0-14-018001-X }}</ref>。
 
== 年表 ==