「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
タグ: サイズの大幅な増減
 
=== 批評家の評価 ===
{{仮リンク|グレゴリー・マグワイア|en|Gregory Maguire}}は[[ニューヨーク・タイムズ]]に『アズカバンの囚人』の批評を書いた。その中で彼は「これまでのところ、話の筋に関しては目新しいことは何もしていないが、見事に成功している。(中略)これまでのところ、とても良い」と述べている<ref name="times review">{{cite news|last=Maguire|first=Gregory|title=Lord of the Golden Snitch|url=https://www.nytimes.com/1999/09/05/books/lord-of-the-golden-snitch.html|work=The New York Times|date=5 September 1999|access-date=13 October 2010|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20121111101250/http://www.nytimes.com/1999/09/05/books/lord-of-the-golden-snitch.html|archive-date=11 November 2012|df=dmy-all}}</ref>。ニューヨーク・タイムズの批評欄では、「『アズカバンの囚人』はこれまでで最高の『ハリー・ポッター』作品かもしれない」と言われている<ref name="NYT Daily">{{cite web | url=https://news.google.com/newspapers?id=smQpAAAAIBAJ&pg=1646,140795&dq=prisoner+of+azkaban+book&hl=en | title=Rowling has magic touch with 'Prisoner' | work=The New York Times | date=1 October 1999 | access-date=20 July 2013 | author=Macpherson, Karen}}</ref>。{{仮リンク|KidsReads|en|KidsReads}}の批評者は、「この歯切れよく進むファンタジーは、J.K.ローリングが執筆中の4冊の続編への期待を膨らませてくれるだろう。ハリーの3年目は魅力的だ。お見逃しなく。」と述べている<ref>{{cite web|first=Shannon|last=Maughan|url=http://www.kidsreads.com/HP07/books/prisoner_azkaban.asp|title=Kidsreads.com&nbsp;— Harry Potter&nbsp;— The Prisoner of Azkaban|publisher=KidsReads|access-date=7 November 2010|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20101025194509/http://www.kidsreads.com/HP07/books/prisoner_azkaban.asp|archive-date=25 October 2010|df=dmy-all}}</ref>。{{仮リンク|カーカス・レビュー|en|Kirkus Reviews}}は星付きの批評をつけていないが、「ハラハラさせられるヤマ場(中略)主人公たちと物語の続きがとてもスマートに描かれているので(中略)この本はページ数よりも短く感じられる。ファンの方は予定を空けてほしい。そうでないなら邪魔をしないでほしい」と述べている<ref>{{cite web|url=http://www.kirkusreviews.com/book-reviews/adult/jk-rowling/harry-potter/|title=Harry Potter and the Prisoner of Azkaban review|work=[[:en:Kirkus Reviews|Kirkus Reviews]]|date=15 September 1999|access-date=17 January 2011|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20110528134215/http://www.kirkusreviews.com/book-reviews/adult/jk-rowling/harry-potter/|archive-date=28 May 2011|df=dmy-all}}</ref>。またMartha V. Parravanoも『[[ホーン・ブック・マガジン]]』で「なかなかの良書」と好意的な評価をしている<ref name="Parravano">{{cite web|last=Parravano|first=Martha V.|title=''Harry Potter'' reviews|url=http://archive.hbook.com/magazine/reviews/group/harrypotter_revs.asp|work=[[:en:The Horn Book Magazine|The Horn Book Magazine]]|date=November 1999|access-date=26 July 2013|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20120524201003/http://archive.hbook.com/magazine/reviews/group/harrypotter_revs.asp|archive-date=24 May 2012|df=dmy-all}}</ref>。さらに、[[パブリッシャーズ・ウィークリー]]の批評では、「ローリングの才覚は決して衰えない。魔法の世界の仕組みを構築する際も(中略)ちょっとしたジョークを飛ばす際にも(中略)。ポッターの魔法は健在だ。」と書かれている<ref name="Publishers Weekly">{{cite web|title=Children's Review: Harry Potter and the Prisoner of Azkaban by J. K. Rowling|url=http://www.publishersweekly.com/978-0-439-13635-8|work=[[Publishers Weekly]]|access-date=26 July 2013|date=1 October 1999|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20161011134551/http://www.publishersweekly.com/978-0-439-13635-8|archive-date=11 October 2016|df=dmy-all}}</ref>。
 
しかし、[[コスタ賞|ホイットブレッド賞]]の『アズカバンの囚人』に対する審査員の一人であった{{仮リンク|アンソニー・ホールデン|en|Anthony Holden}}は、登場人物が「すべて両極端」であり、また「話の筋はありきたり、サスペンスはわずか、すべてのページが感傷的すぎる」と述べ、この本に否定的だった<ref>{{cite news|first=Anthony|last=Holden|url=https://www.theguardian.com/books/2000/jun/25/booksforchildrenandteenagers.guardianchildrensfictionprize2000|title=Why Harry Potter doesn't cast a spell over me|work=The Observer|location=UK|date=25 June 2000|access-date=10 February 2011|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20130824155219/http://www.theguardian.com/books/2000/jun/25/booksforchildrenandteenagers.guardianchildrensfictionprize2000|archive-date=24 August 2013|df=dmy-all}}</ref>。
 
=== 受賞歴 ===
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は、1999年ブックリスト・エディターズ・チョイス賞<ref>{{cite web|title=Booklist Editors' Choice: Books for Youth, 1999 {{!}} Booklist Online|url=http://www.booklistonline.com/Booklist-Editors-Choice-Books-for-Youth-1999/pid=3603404|work=Booklist Online|access-date=5 January 2014|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20170614021051/https://www.booklistonline.com/Booklist-Editors-Choice-Books-for-Youth-1999/pid=3603404|archive-date=14 June 2017|df=dmy-all}}</ref>、1999年[[ブラム・ストーカー賞]](Best Work for Young Readers)<ref>{{cite web|url=http://www.horror.org/stokerwinnom.htm#1999|title=Bram Stoker Awards 1999|publisher=Horror Writers Association|access-date=18 March 2011|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20080113132337/http://www.horror.org/stokerwinnom.htm#1999|archive-date=13 January 2008|df=dmy-all}}</ref>、1999年FCBG児童書賞<ref>{{cite web|title=Awards for the Harry Potter Books|url=http://harrypotter.bloomsbury.com/author/awards|work=Bloomsbury|access-date=5 January 2014|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20130722185020/http://harrypotter.bloomsbury.com/author/awards|archive-date=22 July 2013|df=dmy-all}}</ref>、1999年[[コスタ賞|ホイットブレッド賞]](児童書部門)<ref>{{cite news|url=http://books.guardian.co.uk/specialreports/whitbread/0,,101589,00.html|title=Whitbread Prize 1999|work=The Guardian|access-date=18 March 2011|location=London|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20101229071005/http://books.guardian.co.uk/specialreports/whitbread/0,,101589,00.html|archive-date=29 December 2010|df=dmy-all}}</ref>、2000年[[ローカス賞 ファンタジイ長編部門|ローカス賞(ファンタジイ長編部門)]]<ref>{{cite web|url=http://www.locusmag.com/SFAwards/Db/Locus2000.html#nvlf|title=2000 Locus Awards|work=[[:en:Locus (magazine)|Locus]]|date=2 July 2000|access-date=18 March 2011|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20121003050742/http://www.locusmag.com/SFAwards/Db/Locus2000.html#nvlf|archive-date=3 October 2012|df=dmy-all}}</ref>など、数々の賞を受賞した。また、2000年[[ヒューゴー賞 長編小説部門]]にもノミネート(シリーズ初)されたが、『{{仮リンク|最果ての銀河船団|en|A Deepness in the Sky}}』に敗れた<ref>{{cite web|url=http://www.thehugoawards.org/hugo-history/2000-hugo-awards|title=2000 Hugo Awards|publisher=World Science Fiction Society|access-date=18 March 2011|url-status=dead|archive-url=https://www.webcitation.org/5yVVHTwxU?url=http://www.thehugoawards.org/hugo-history/2000-hugo-awards|archive-date=7 May 2011|df=dmy-all}}</ref>。さらに『アズカバンの囚人』は、2004年{{仮リンク|Indian Paintbrush Book Award|en|Indian Paintbrush Book Award}}<ref>{{cite web|url=http://ccpls.org/bookawards/IPbibdates.pdf|title=Indian Paintbrush Book Awards By Year 1986–2011|publisher=Indian Paintbrush Awards|year=2004|access-date=23 March 2011|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20120321185143/http://ccpls.org/bookawards/IPbibdates.pdf|archive-date=21 March 2012|df=dmy-all}}</ref>と2004年Colorado Blue Spruce Young Adult Book Award<ref>{{cite web|title=Previous Winners {{!}} Colorado Blue Spruce Award|url=http://www.coloradobluespruceaward.org/previous-winners|work=Colorado Blue Spruce Award|publisher=Blue Spruce Award Committee|access-date=5 January 2014|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20111220120908/http://www.coloradobluespruceaward.org/previous-winners|archive-date=20 December 2011|df=dmy-all}}</ref>を受賞した。その上、2000年には{{仮リンク|アメリカ図書館協会の注目すべき児童書|en|American Library Association Notable Children's Book}}<ref>{{cite web|url=http://bookwizard.scholastic.com/tbw/viewBooklist.do?dp=%3D%3FUTF-8%3FB%3FYm9va2xpc3RJZD05OTg5OTcmc2hhcmVkPXRydWU%3D%3F%3D|title=ALA Notable Children's Books All Ages|publisher=Scholastic|date=6 November 2007|access-date=23 March 2011|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20110716015006/http://bookwizard.scholastic.com/tbw/viewBooklist.do?dp=%3D%3FUTF-8%3FB%3FYm9va2xpc3RJZD05OTg5OTcmc2hhcmVkPXRydWU%3D%3F%3D|archive-date=16 July 2011|df=dmy-all}}</ref>、およびヤングアダルト向けのベストブック<ref>{{cite web|url=http://www.ala.org/yalsa/booklistsawards/booklists/bestbooksya/2000bestbooks|title=Best Books for Young Adults|publisher=American Library Association|year=2000|access-date=23 March 2011|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20111229175038/http://www.ala.org/yalsa/booklistsawards/booklists/bestbooksya/2000bestbooks|archive-date=29 December 2011|df=dmy-all}}</ref>の一つに選ばれている。シリーズの前2作と同様に、『アズカバンの囚人』は、9~11歳の子どもを対象とした{{仮リンク|ネスレ子どもの本賞|label=ネスレ・スマーティーズ賞|en|Nestlé Smarties Book Prize}}の金賞を受賞し、[[ニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト]]のトップになった<ref>{{cite web|title=New York Times Best Seller Number Ones Listing|url=http://www.hawes.com/no1_f_a.htm#R|work=Hawes Publications|access-date=5 January 2014|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20110808101907/http://www.hawes.com/no1_f_a.htm#R|archive-date=8 August 2011|df=dmy-all}}</ref>。どちらもシリーズの中で最後のものとなった<ref>{{cite web|url=http://harrypotter.bloomsbury.com/author/awards|title=Awards for the Harry Potter Books|publisher=Bloomsbury|access-date=27 March 2011|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20130722185020/http://harrypotter.bloomsbury.com/author/awards|archive-date=22 July 2013|df=dmy-all}}</ref>。ただし後者については、2000年7月に『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』が発売される直前に、元のリストに空きを作るために児童書部門が作られた<ref>{{cite web|title=Bestseller Math|url=http://www.riverdeep.net/current/2001/11/111201t_top10.jhtml|work=Houghton Mifflin Harbourt|access-date=5 January 2014|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20130518042101/http://www.riverdeep.net/current/2001/11/111201t_top10.jhtml|archive-date=18 May 2013|df=dmy-all}}</ref>。2003年、この小説は[[英国放送協会|BBC]]の調査「{{仮リンク|ザ・ビッグ・リード|en|The Big Read}}」で24位に選ばれた<ref>{{cite web| url = https://www.bbc.co.uk/arts/bigread/top100.shtml| publisher = BBC| title = The Big Read| date = April 2003| access-date = 12 December 2013| url-status = live| archive-url = https://web.archive.org/web/20121031065136/http://www.bbc.co.uk/arts/bigread/top100.shtml| archive-date = 31 October 2012| df = dmy-all}}</ref>。
 
=== 販売 ===
** 編集:オムニバス・ジャパン、録音:高久孝雄/田中和成/金谷和美/池田裕貴
** 日本語版制作:[[ワーナー・ホーム・ビデオ]]/[[東北新社]]
 
=== 制作 ===
==== 進展 ====
『[[ハリー・ポッターとアズカバンの囚人]]』の映画化と同時に、ハリー・ポッター映画の制作は18ヶ月周期に切り替えられた。プロデューサーの[[デヴィッド・ハイマン]]は、「それぞれ(の作品)に必要な時間を与えるため」と説明した<ref name="HeymanEW" />。『[[ハリー・ポッターと賢者の石 (映画)|ハリー・ポッターと賢者の石]]』(2001年)と『[[ハリー・ポッターと秘密の部屋 (映画)|ハリー・ポッターと秘密の部屋]]』(2002年)の監督である[[クリス・コロンバス]]は、「もう2年半くらい1週間子供たちの夕食を見ていない」<ref name="ColumbusNewsround" />ことを理由に、3作目の舵取りに戻らないことを決めた。それでも、コロンバスはハイマンとともにプロデューサーとして残った<ref name="ColumbusSciFi" />。コロンバスは、そのような地位は彼により良いワーク・ライフ・バランスを提供し、彼が常に撮影現場にいる必要がなく、子供たちと過ごすことができると感じたためである<ref name="ColumbusTHR">{{Cite web |last=Perez |first=Lexy |date=11 November 2000 |title=‘Harry Potter and the Sorcerer’s Stone’ Turns 20: Director Chris Columbus Reflects on Pressures to Adapt Book and Hopes to Direct ‘Cursed Child’ |url=https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-features/chris-columbus-harry-potter-and-the-sorcerers-stone-20th-anniversary-1235034578/ |url-status=live |archive-url=http://web.archive.org/web/20211111181757/https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-features/chris-columbus-harry-potter-and-the-sorcerers-stone-20th-anniversary-1235034578/ |archive-date=11 November 2021 |access-date=15 November 2021 |website=[[The Hollywood Reporter]]}}</ref>。[[ギレルモ・デル・トロ]]は監督を打診されたが、彼はより[[チャールズ・ディケンズ|ディケンズ風]]の物語を思い描いており、前2作があまりにも「明るく幸せで光に満ちている」と感じていたので、監督就任を見合わせた<ref name="delToroMTV" />。[[マーク・フォースター]]は、『[[ネバーランド_(映画)|ネバーランド]]』(2004年)を製作しており、子役の監督を繰り返したくなかったため、この作品を断った<ref name="ForsterSR" />。[[M・ナイト・シャマラン]]が監督になることも検討されたが、自身が監督の『[[ヴィレッジ (映画)|ヴィレッジ]]』(2004年)を制作中だったため監督を辞退した<ref name="ShyamalanLooper" />。その後ワーナー・ブラザースは、[[カーリー・クーリ]]、[[ケネス・ブラナー]](『秘密の部屋』の[[ホグワーツの教職員#ギルデロイ・ロックハート|ギルデロイ・ロックハート]]役)、そして2002年7月に最終的に選ばれる[[アルフォンソ・キュアロン]]から成るコロンバスの後任の3名の最終候補者名簿を作成した<ref name="CuaronEW" />。キュアロンは当初、原作を読んだことも映画を見たこともなかったため、監督になることに気がすすまなかった。デル・トロは彼の傲慢さを非難し、原作を読むように言った<ref name="CuaronVanityFair" />。シリーズを読んだ後、彼は考えを改め、ストーリーにすぐに共感したため<ref name="ColumbusSciFi" />、監督になる契約に署名した<ref name="CuaronNewsround" />。
 
キュアロンの起用は、彼の映画『[[天国の口、終りの楽園。]]』(2001年)が大好きで、『[[リトル・プリンセス]]』(1995年)の脚色に感銘を受けた[[J・K・ローリング]]を喜ばせた<ref name="RowlingUSAToday" />。ハイマンは、「雰囲気もスタイルも、(キュアロンは)完璧に一致する」と考えた<ref name="HeymanEW" />。中心となる3人を演じる俳優たちとの最初の練習として、キュアロン監督はダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンに、それぞれの役についての、生まれてから魔法の世界を発見に至るまでの感情的な経験を含めた、一人称で書かれた自伝的作文を書くことを課した。キュアロンは「エマの作文は10ページもありました。ダニエルのものはちょうど2ページでした。ルパートは作文を提出しませんでした。なぜ提出しなかったのかと尋ねたところ、彼は『僕はロンだから。ロンはしないだろう』と言いました。だから私は言いました。『OK、君は自分の性格を理解しているな。』と。あれは私たちが『アズカバンの囚人』で行った演出作業で最も重要な要素でした。彼らが作文に込めたものすべてがその後の作業で彼らが持ち続ける柱になることが、明白だったからです。」と思い起こした<ref name="CastInterviews" /><ref name="McCabe2011" />。
 
==== 衣装デザインおよび美術デザイン ====
[[File:Dumbledore's Manikin.jpg|left|thumb|150px|映画で使用されたアルバス・ダンブルドアの衣装]]
キュアロンは、登場人物の衣装やセットで、より大人向けの雰囲気を確立したいと考えていた。彼は「私が本当にやりたかったのは、ホグワーツをもっと現代的で、もう少し写実的なものにすることでした。」 と説明している。彼はイギリスの学校を研究し、「ティーンエイジャーそれぞれの個性が、制服の着方に反映されていた。だから映画に出てくる子供たちには、両親がいないときと同じように制服を着てもらいました。」と述べた<ref name="ProductionNotes" />。コロンバスはこの衣装の変化を「本の中での彼ら自身の個性の成長を反映したもの」と考え、彼らがティーンエイジャーになっていくことを考慮した<ref name="ProductionNotes" />。最初の2作品では登場人物は常に制服を着ていたが、『アズカバンの囚人』では登場人物はしばしば現代的なストリートウェアを着ている<ref name="TodayAP" />。この変更について相談を受けたローリングは、「私にとってマントなどは学業の時間には当然ですが、個人的な時間には彼らは自分の服を着ているでしょう」と述べた<ref name="TodayAP" />。[[衣裳デザイナー|衣装デザイナー]]として本作に参加した{{仮リンク|ジャニー・ティマイム|en|Jany Temime}}は、その後のシリーズ全作品にも携わっている<ref name="Temime" />。
 
リーマス・ルーピンに対して、ティマイムは「イギリスの典型的なツイード」を選んだ。キュアロンが「週末にパーティーで大騒ぎする叔父さん」のような人にしたいと言っていたため、ティマイムはルーピンのガウンを「他の教師のローブよりも手入れされていない、使い古されたもの」にした<ref name="ProductionNotes" />。シビル・トレローニーに対しては、エマ・トンプソンが衣装の草案を作り、ティマイムとキュアロンに送った。トンプソンはこの人物を「長い間、鏡を見ていない人」と想像していた。トレローニーの近視を強調するために、ティマイムは目のような柄の反射する生地や、拡大鏡のついた特大の眼鏡を使用した<ref name="ProductionNotes" />。キュアロンは、アルバス・ダンブルドアを「年老いたヒッピーのようだが、とても上品で気品のある」ように見せたかった。ティマイムは、リチャード・ハリスが演じたダンブルドアのためにデザインされた「重く威厳のある」衣装とは対照的に、登場人物にエネルギーを与える「ずっと軽く見える」ものだと考え、歩くときに後ろに浮かぶ[[絞り染め]]の絹を使った<ref name="ProductionNotes" />。
 
[[File:Hogwarts model studio tour.jpg|thumb|ロンドンの「{{仮リンク|ワーナーブラザーズ スタジオツアーロンドン - メイキング・オブ・ハリー・ポッター|label=メイキング・オブ・ハリー・ポッター|en|Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potter}}」ツアーでのホグワーツの模型]]
キュアロンの主な関心事は、ホグワーツがより広い領域を有し、現実世界に根ざしたものになることだった<ref name="SetVisitTLCp2" />。第1作のために設計されたホグワーツの外観の縮尺模型は、『アズカバンの囚人』のために約40%拡大された。プロダクション・デザイナーの[[スチュアート・クレイグ]]とアート・ディレクターのゲイリー・トムキンズは、時計台や中庭などの建造物を追加し<ref name="Cinesite" />、病院棟も再設計して作り直した<ref name="SetVisitTLCp2" />。その他にこの映画のために建てられたセットには、[[ハリー・ポッターシリーズの地理#ホグズミード村|ホグズミード村]]や[[ハリー・ポッターシリーズの地理#三本の箒|三本の箒]]のパブが含まれる<ref name="ProductionNotes" />。
 
実在の場所を使うことで、ハグリッドの小屋の外観が大きく変わった。『アズカバンの囚人』では、セット周辺の風景が完全な平地から丘の脇へと変わった<ref name="YoungBuildingFiction" />。小屋は2倍の大きさになり、裏には独立した寝室が作られ、大きなカボチャの畑と煙突が追加された<ref name="YoungBuildingFiction" /><ref name="ScotlandBuzzFeed" />。クレイグは、特に作るのが難しかったセットとして「[[ハリー・ポッターシリーズの地理#叫びの屋敷|叫びの屋敷]]」を挙げた。それは、特殊効果部門の協力で油圧式の大きな台の上に建てられ、まるで生きているように見えるように、「絶えず風にさらされているようにギシギシときしんで動く」ものだった<ref name="ProductionNotes" />。
 
一部のセットは、以前の作品から再利用されたり複数の場所で使われたりした。「闇の魔術に対する防衛術」と「占い学」の教室は、同じセットで撮影された<ref name="ProductionNotes" />。「[[ハリー・ポッターシリーズの地理#ハニーデュークス|ハニーデュークス]]」のセットは、『秘密の部屋』で使われた[[ハリー・ポッターシリーズの地理#フローリシュ・アンド・ブロッツ書店|フローリシュ・アンド・ブロッツ書店]]のセットを作り直したもので、また同様にこれは第1作目の[[ハリー・ポッターシリーズの地理#オリバンダー杖店|オリバンダー杖店]]のセットから作り直したものであった<ref name="SetVisitTLCp1" />。
 
==== 撮影 ====
[[File:Loch Shiel - Glenfinnan bay (Scotland).jpg|thumb|left|『アズカバンの囚人』の1場面が撮影された{{仮リンク|シエイ湖|en|Loch Shiel}}, where scenes from ''Prisoner of Azkaban'' were filmed.]]
主要撮影は2003年2月24日に[[リーブスデン・スタジオ]]で開始し<ref name="WBPressRelease" />、2003年11月下旬に終了した<ref name="FilmingWrap" />。
 
前2作では多くの撮影がスタジオで行われたが、第3作では初めて実在の場所を大々的に使った。スコットランドの{{仮リンク|グレンコー (ハイランド州)|label=グレンコー|en|Glen Coe}}にある{{仮リンク|クラチェイグ・イン|en|Clachaig Inn}}の近くに本作の3つのセットが作られた<ref name="GlencoeScotland" />。ハリーが[[ハリー・ポッターシリーズの魔法生物一覧#バックビーク|バックビーク]]に乗ってホグワーツの湖を越える場面は、サリー州の{{仮リンク|バージニア・ウォーター湖|en|Virginia Water Lake}}で撮影された<ref name="HogwartsLakeWeek" />。「黒い湖」は、スコットランドのハイランドにある{{仮リンク|シエイ湖|en|Loch Shiel}}、{{仮リンク|エイルト湖|en|Loch Eilt}}、{{仮リンク|モラー湖|en|Loch Morar}}からも撮影された<ref name="HogwartsLakeScotsman" />。ちなみに、『秘密の部屋』にも登場した[[グレンフィナン高架橋]]鉄道は、シエイ湖の反対側にあり、ディメンター(吸魂鬼)が列車に乗り込んだ場面の撮影に使われた<ref name="ScotlandBuzzFeed" />。「{{仮リンク|夜の騎士バス|en|Knight Bus}}」の場面では、車の間を縫って走る小さな部分が、北ロンドンの{{仮リンク|パルマーズ・グリーン|en|Palmers Green}}で撮影された<ref name="KnightBusEnfield" />。また一部は、ロンドンの[[バラマーケット|バラ・マーケット]]と{{仮リンク|ランベス橋|en|Lambeth Bridge}}周辺でも撮影された<ref name="KnightBusStandard" />。
 
撮影監督の[[マイケル・セレシン]]は、前2作に比べて話ががかなり暗いと考えたため、「影を増やした物悲しい」照明を採用した。また、物語の中でホグワーツを際立たせるために様々な[[広角レンズ]]を使い、クローズアップはわずかにとどめた。キュアロンは、「ボディランゲージがとても面白いので、遠くから子供たちを見守る方がいい」と説明している<ref name="ProductionNotes" />。
 
ローリングは、キュアロンが原作の精神に忠実であることを条件に、原作から細かな変更を加えることを許した<ref name="CuaronNewsround" />。ローリングはホグワーツの敷地内に[[日時計]]を置くことは認めたが、当時未発表だった[[ハリー・ポッターと謎のプリンス|6作目]]で重要な役割を果たすことになる墓地を設置することは認めなかった<ref name="CuaronNewsround" />。 ローリングはこの映画のいくつかの場面を見たときに、最後の2冊の本の出来事に不注意に触れていたために「鳥肌が立ちました」、「この映画を見返したとき、あれはヒントとしてわざと入れられたものと思われるだろうと思いました」と述べた<ref name="RowlingUSAToday" />。撮影終了後、キュアロンは「私の人生で最も甘い2年間でした」と語り、続編を監督することに興味を示した<ref name="CuaronNewsround" />。
 
「夜の騎士バス」の場面は、数週間かけてロンドン市内のさまざまな場所で撮影された。バスが{{convert|100|mph|km/h|0}}で動いているような印象を与えるため、スタント・コーディネーターの{{仮リンク|グレッグ・パウエル|en|Greg Powell}}は「私たちはバスを{{convert|30|mph|km/h|0|disp=sqbr}}くらいで走らせ、他の車は{{convert|8|mph|km/h|0|abbr=values|disp=sqbr}}くらいでしか走っていませんでした。スタント・ドライバーたちとの計画は数週間かかり、通りで見かける人々もバスを速く見せるために信じられないくらいゆっくり歩くスタントマンとスタントウーマンです。」と説明している"<ref name="ProductionNotes" />。
 
==== 特殊効果・視覚効果 ====
[[File:Dementor (8514403186).jpg|left|thumb|150px|ロンドンの「{{仮リンク|ワーナーブラザーズ スタジオツアーロンドン - メイキング・オブ・ハリー・ポッター|label=メイキング・オブ・ハリー・ポッター|en|Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potter}}」ツアーでのディメンター]]
[[インダストリアル・ライト&マジック]] (ILM) と[[フレームストア]]が本作の主要な視覚効果を担当し、[[ムービング・ピクチャー・カンパニー]]、[[シネサイト]]および[[DNEG|ダブル・ネガティブ]]が追加のVFX素材を制作した<ref name="ProductionNotes" />。
 
キュアロンは当初、[[Computer Generated Imagery|コンピュータ・グラフィックス]]から操り人形に変えたいと考えていた。彼は人形遣いの名手{{仮リンク|バジル・ツイスト|en|Basil Twist}}を雇い、ディメンターの動きを考え出すために水中人形を使って試してみた<ref name="HeymanEW" /><ref name="ProductionNotes" />。このテストはスローモーションで撮影されたが、最終的にはこの方法は実用的ではなかった。この水中テスト映像は、視覚効果チームに独創的な方向性を与え、キュアロンが求めていた漠然とした現世と異なる性質を加味した。ディメンターの制作には、視覚効果スーパーバイザーの{{仮リンク|ティム・バーク|en|Tim Burke (visual effects supervisor)}}と[[ロジャー・ガイエット]]、[[インダストリアル・ライト&マジック]]の視覚効果チーム、そしてティマイムが協力した<ref name="ProductionNotes" />。
 
[[File:The Making of Harry Potter 29-05-2012 (7528111594).jpg|200px|thumb|「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」ツアーでのバックビーク]]
キュアロンは、バックビークの制作の難しさについて、その骨格のデザインから始めて数ヶ月間の研究と準備を要したと説明した。「バックビークの骨が実際にどのように動くかという生理学を解決したら、私たちは彼の性格、特に空を飛んでいるときの威厳のある優雅さと、地面に戻ったときの不器用でガツガツした動物とが入り混じったものを表現しなければなりませんでした。」とキュアロンは言った。クリーチャー・エフェクト・スーパーバイザーの{{仮リンク|ニック・ダッドマン|en|Nick Dudman}}は、この作品のために実際にヒッポグリフを何体か制作し、バークとガイエットはCG版の制作を監督した。ガイエットは、羽の複雑な動きを「これまで行われたことのない」成果として挙げている<ref name="ProductionNotes" />。
 
マージおばさんが風船のように膨らむ場面は実際に膨らませる方法で実現した。マージおばさんを演じた[[パム・フェリス]]は、「私は色々な人工装具を身につけて、それぞれ違う速さで膨らませて、一番大きいときには4.5フィート位の幅になった。」と語っている。{{convert|50|lb|kg|0}}の衣装のため、フェリスは歩くことも食べることもできなかった。この場面のため、サイズの異なる38着のツイードの衣装一式が使用された<ref name="ProductionNotes" />。
 
シネサイトは、本作に登場する1分を超えるタイム・トラベルのショット{{Efn2|切れ目のない連続した場面}}を担当した。主な動きは[[クロマキー|ブルー・スクリーン]]を背景に[[ステディカム]]で撮影され、4分間の背景映像が別撮りされた。その背景をスピードアップして、ブルー・スクリーンで撮影された動きの後ろに合成された。またカメラの向きに合わせて、2枚の背景映像がタイル状につなぎ合わせられた<ref name="Cinesite" />。
 
==== 音楽 ====
{{Main|ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (サウンドトラック)}}
 
キュアロンが『アズカバンの囚人』を監督することが発表されたとき、当初は次作の音楽を担当し彼に協力的な作曲家である[[パトリック・ドイル]]が本作の音楽を担当するという憶測が有った。しかし監督は[[ジョン・ウィリアムズ (作曲家)|ジョン・ウィリアムズ]]を引き続き起用し、本作はシリーズで彼が音楽を担当した3作目にして最後のものとなった。このサウンドトラックは、キュアロンが楽譜に異なる取り組みを求めたため、前2作とは大きく異なるものとなった<ref name="Filmtracks" />。新しいテーマの一つである「Double Trouble」(ダブル・トラブル)は、映画の序盤の場面でホグワーツの大広間で歌う児童合唱団のために制作中に作成された<ref name="SoundtrackTLC" />。その歌詞は、[[ウィリアム・シェイクスピア]]の『[[マクベス (シェイクスピア)|マクベス]]』から引用された<ref name="SoundtrackTLC" />。このサウンドトラック・アルバムは、2004年5月25日に[[アトランティック・レコード]]から発売された<ref name="Filmtracks" />。
 
=== ソフト化 ===
* ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 コレクターズ・エディション(Blu-ray版、DVD版共に3枚組、2016年3月23日発売)
* ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 〈4K ULTRA HD&ブルーレイセット〉(3枚組、2017年12月20日発売)
 
=== サウンドトラック ===
{{main|w:Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (soundtrack)}}
 
=== テレビ放送 ===
 
== 脚注 ==
{{Reflist脚注ヘルプ}}
 
=== 注釈 ===
{{Notelist2}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist|refs=
 
<ref name="HeymanEW">{{Cite news |last=Jensen |first=Jeff |date=28 October 2005 |title=A Look Back |page=2 |work=[[Entertainment Weekly]] |url=https://www.ew.com/ew/article/0,,1123317_2,00.html |url-status=dead |access-date=10 October 2007 |archive-url=https://web.archive.org/web/20080529145153/http://www.ew.com/ew/article/0,,1123317_2,00.html |archive-date=29 May 2008}}</ref>
 
<ref name="CastInterviews">{{Cite AV media |title=Head to Shrunken Head |date=2004 |last=Vaughan |first=Johnny |publisher=[[:en:Warner Bros. Pictures|Warner Bros. Pictures]] |author-link=:en:Johnny Vaughan |last2=Henry |first2=Lenny |author-link2=:en:Lenny Henry |medium=DVD}}</ref>
 
<ref name="TodayAP">{{Cite web |date=3 June 2004 |title='Azkaban' presents a darker 'Harry Potter' |url=https://www.today.com/popculture/azkaban-presents-darker-harry-potter-wbna5122032 |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200607004336/https://www.today.com/popculture/azkaban-presents-darker-harry-potter-wbna5122032 |archive-date=7 June 2020 |access-date=6 June 2020 |website=[[:en:Today (American TV program)|Today]] |publisher=[[Associated Press]]}}</ref>
 
<!-- 制作 -->
 
<ref name="ColumbusNewsround">{{Cite news |date=13 November 2002 |title=Chris Columbus COS: full interview |work=[[:en:Newsround|Newsround]] |publisher=[[:en:CBBC (TV channel)|CBBC]] |url=http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_2465000/2465225.stm |url-status=live |access-date=10 October 2007 |archive-url=https://web.archive.org/web/20070129132824/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_2465000/2465225.stm |archive-date=29 January 2007}}</ref>
 
<ref name="ColumbusSciFi">{{Cite web |last=Dickey |first=Lucinda |title=The creators of ''Harry Potter'' break out of character to discuss ''The Prisoner of Azkaban'' |url=http://www.scifi.com/sfw/issue372/interview.html |url-status=dead |archive-url=https://web.archive.org/web/20070819163554/http://www.scifi.com/sfw/issue372/interview.html |archive-date=19 August 2007 |access-date=10 October 2007 |website=[[:en:Science Fiction Weekly|Science Fiction Weekly]]}}</ref>
 
<ref name="ColumbusTHR">{{Cite web |last=Perez |first=Lexy |date=11 November 2000 |title=‘Harry Potter and the Sorcerer’s Stone’ Turns 20: Director Chris Columbus Reflects on Pressures to Adapt Book and Hopes to Direct ‘Cursed Child’ |url=https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-features/chris-columbus-harry-potter-and-the-sorcerers-stone-20th-anniversary-1235034578/ |url-status=live |archive-url=http://web.archive.org/web/20211111181757/https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-features/chris-columbus-harry-potter-and-the-sorcerers-stone-20th-anniversary-1235034578/ |archive-date=11 November 2021 |access-date=15 November 2021 |website=[[The Hollywood Reporter]]}}</ref>
 
<ref name="delToroMTV">{{Cite web |last=Carroll |first=Larry |date=26 October 2007 |title=Guillermo Game For 'Harry Potter' |url=http://www.mtv.com/news/2429331/guillermo-game-for-harry-potter/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200325061731/http://www.mtv.com/news/2429331/guillermo-game-for-harry-potter/ |archive-date=25 March 2020 |access-date=6 June 2020 |work=[[MTV]]}}</ref>
 
<ref name="ForsterSR">{{Cite web |last=Sherlock |first=Ben |date=20 May 2020 |title=10 Directors Who Turned Down Harry Potter Movies |url=https://screenrant.com/directors-turned-down-harry-potter-movies-steven-spielberg-guillermo-del-toro/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200530191623/https://screenrant.com/directors-turned-down-harry-potter-movies-steven-spielberg-guillermo-del-toro/ |archive-date=30 May 2020 |access-date=4 June 2020 |website=[[:en:Screen Rant|Screen Rant]]}}</ref>
 
<ref name="ShyamalanLooper">{{Cite web |last=Floorwalker |first=Mike |date=14 June 2018 |title=The untold truth of M. Night Shyamalan |url=https://www.looper.com/125990/the-untold-truth-of-m-night-shyamalan/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200529010529/https://www.looper.com/125990/the-untold-truth-of-m-night-shyamalan/ |archive-date=29 May 2020 |access-date=4 June 2020 |website=[[:en:Looper (website)|Looper]]}}</ref>
 
<ref name="CuaronEW">{{Cite news |last=Susman |first=Gary |date=22 July 2002 |title="Harry Potter" gets a new director |work=[[Entertainment Weekly]] |url=https://ew.com/article/2002/07/22/harry-potter-gets-new-director/ |url-status=live |access-date=4 June 2020 |archive-url=https://web.archive.org/web/20190419084105/https://ew.com/article/2002/07/22/harry-potter-gets-new-director/ |archive-date=19 April 2019}}</ref>
 
<ref name="CuaronVanityFair">{{Cite web |last=Keegan |first=Rebecca |date=2 September 2018 |title=Alfonso Cuaron on the Woman Who Inspired ''Roma'', Making ''Harry Potter'', and What He Learned from His Worst Movie |url=https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/09/alfonso-cuaron-telluride |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200604194925/https://www.vanityfair.com/hollywood/2018/09/alfonso-cuaron-telluride |archive-date=4 June 2020 |access-date=4 June 2020 |website=[[Vanity Fair (magazine)|Vanity Fair]]}}</ref>
 
<ref name="CuaronNewsround">{{Cite news |date=24 May 2004 |title=Alfonso Cuaron: the man behind the magic |work=[[:en:Newsround|Newsround]] |publisher=[[:en:CBBC (TV channel)|CBBC]] |url=http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_3758000/3758101.stm |url-status=live |access-date=10 October 2007 |archive-url=https://web.archive.org/web/20071107164356/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/tv_film/newsid_3758000/3758101.stm |archive-date=7 November 2007}}</ref>
 
<ref name="RowlingUSAToday">{{Cite web |last=Puig |first=Claudia |date=27 May 2004 |title=New 'Potter' movie sneaks in spoilers for upcoming books |url=https://usatoday30.usatoday.com/life/movies/news/2004-05-27-potter-movie-book_x.htm |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200407121125/https://usatoday30.usatoday.com/life/movies/news/2004-05-27-potter-movie-book_x.htm |archive-date=7 April 2020 |access-date=4 June 2020 |website=[[USA Today]]}}</ref>
 
<ref name="McCabe2011">{{Cite book |last=McCabe |first=Bob |title=Harry Potter Page to Screen: The Complete Filmmaking Journey |publisher=[[:en:Harper Design|Harper Design]] |year=2011 |page=102}}</ref>
 
<!-- 衣装デザインおよび美術デザイン -->
 
<ref name="ProductionNotes">{{Cite web |title=Harry Potter and the Prisoner of Azkaban Production Notes |url=http://www.hollywoodjesus.com/harry_potter_prisoner_about.htm |url-status=dead |archive-url=https://web.archive.org/web/20140820033142/http://www.hollywoodjesus.com/harry_potter_prisoner_about.htm |archive-date=20 August 2014 |access-date=6 June 2020 |work=[[Warner Bros.]] |via=HollywoodJesus}}</ref>
 
<ref name="Temime">{{Cite web |last1=Smith |first1=C. Molly |last2=Snetiker |first2=Marc |date=4 November 2016 |title=''Harry Potter'' costume designer's favorite look might surprise you |url=https://ew.com/article/2016/11/04/costume-designer-harry-potter-goblet-fire-binge-podcast/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20210415032329/https://ew.com/article/2016/11/04/costume-designer-harry-potter-goblet-fire-binge-podcast/ |archive-date=15 April 2021 |access-date=6 July 2021 |website=[[Entertainment Weekly]]}}</ref>
 
<ref name="SetVisitTLCp2">{{Cite web |last=Anelli |first=Melissa |date=2 December 2007 |title=Harry Potter POA Set Report: The Cocktower, the Hospital Wing, the Details |url=http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/12/02/poaparttwo/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20191121124656/http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/12/02/poaparttwo/ |archive-date=21 November 2019 |access-date=6 June 2020 |website=[[:en:The Leaky Cauldron (website)|The Leaky Cauldron]]}}</ref>
 
<ref name="Cinesite">{{Cite web |date=8 November 2016 |title=The Magic Continues: A retrospective of Cinesite's work on the classic Harry Potter films |url=https://www.cinesite.com/the-magic-continues/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200606024910/https://www.cinesite.com/the-magic-continues/ |archive-date=6 June 2020 |access-date=5 June 2020 |work=[[:en:Cinesite|Cinesite]]}}</ref>
 
<ref name="YoungBuildingFiction">{{Cite book |last=Young |first=Holland |url=https://uwspace.uwaterloo.ca/bitstream/handle/10012/9287/Young_Holland.pdf?sequence=3&isAllowed=y |title=Building Fiction: The Architecture of Narrative in Harry Potter |date=2015 |pages=102–104 |chapter=Stuart Craig Interview Transcript |access-date=10 July 2020 |archive-url=https://web.archive.org/web/20200711103948/https://uwspace.uwaterloo.ca/bitstream/handle/10012/9287/Young_Holland.pdf?sequence=3&isAllowed=y |archive-date=11 July 2020 |url-status=live}}</ref>
 
<ref name="ScotlandBuzzFeed">{{Cite web |last=Mitchell |first=Hilary |date=12 November 2015 |title=12 Magical Scottish Places All "Harry Potter" Fans Must Visit |url=https://www.buzzfeed.com/hilarywardle/ultimate-harry-potter-guide-to-scotland |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200209105829/https://www.buzzfeed.com/hilarywardle/ultimate-harry-potter-guide-to-scotland |archive-date=9 February 2020 |access-date=5 June 2020 |website=[[BuzzFeed]]}}</ref>
 
<ref name="SetVisitTLCp1">{{Cite web |last=Anelli |first=Melissa |date=2 December 2007 |title=Harry Potter POA Set Report: The Candy |url=http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/12/02/poacandy/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20180316133821/http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/12/02/poacandy/ |archive-date=16 March 2018 |access-date=6 June 2020 |website=[[:en:The Leaky Cauldron (website)|The Leaky Cauldron]]}}</ref>
 
<!-- 撮影 -->
 
<ref name="WBPressRelease">{{Cite press release |title="Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban" Commences Production For Warner Bros. Pictures And P Of A Productions |date=21 February 2003 |publisher=[[Warner Bros.]] |url=https://www.warnerbros.com/news/press-releases/%E2%80%9Charry-potter-and-prisoner-azkaban%E2%80%9D-commences-production-warner-bros-pictures-and-p |access-date=15 July 2020 |archive-url=https://web.archive.org/web/20200716023938/https://www.warnerbros.com/news/press-releases/%E2%80%9Charry-potter-and-prisoner-azkaban%E2%80%9D-commences-production-warner-bros-pictures-and-p |archive-date=16 July 2020 |url-status=live}}</ref>
 
<ref name="FilmingWrap">{{Cite book |last=Thomas |first=Scott |title=The Making of the Potterverse: A Month-by-Month Look at Harry's First 10 Years |date=1 April 2007 |publisher=[[:en:ECW Press|ECW Press]] |isbn=978-1550227635 |page=118 |chapter=November 2003 |quote=Toward the end of the month, filming wrapped on ''Prisoner of Azkaban''}}</ref>
 
<ref name="GlencoeScotland">{{Cite web |title=Harry Potter in Glencoe |url=https://www.glencoescotland.com/about-glencoe/harry-potter/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20130126095727/https://www.glencoescotland.com/about-glencoe/harry-potter/ |archive-date=26 January 2013 |access-date=5 June 2020 |website=Glencoe Scotland}}</ref>
 
<ref name="HogwartsLakeWeek">{{Cite web |date=19 July 2018 |title=Where was Harry Potter filmed? |url=https://www.theweek.co.uk/94883/where-was-harry-potter-filmed |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20181006220445/http://www.theweek.co.uk/94883/where-was-harry-potter-filmed |archive-date=6 October 2018 |access-date=13 March 2021 |work=[[:en:The Week|The Week]]}}</ref>
 
<ref name="HogwartsLakeScotsman">{{Cite web |date=24 December 2016 |title=A Harry Potter fan's guide to Scotland |url=https://www.scotsman.com/arts-and-culture/film-and-tv/harry-potter-fans-guide-scotland-608868 |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200605231413/https://www.scotsman.com/arts-and-culture/film-and-tv/harry-potter-fans-guide-scotland-608868 |archive-date=5 June 2020 |access-date=5 June 2020 |website=[[The Scotsman]]}}</ref>
 
<ref name="KnightBusEnfield">{{Cite web |title=8 facts about Southgate and Palmers Green |url=https://new.enfield.gov.uk/enjoyenfield/facts-about-southgate-and-palmers-green/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20200606001448/https://new.enfield.gov.uk/enjoyenfield/facts-about-southgate-and-palmers-green/ |archive-date=6 June 2020 |access-date=5 June 2020 |work=[[:en:Enfield Council|Enfield Council]]}}</ref>
 
<ref name="KnightBusStandard">{{Cite web |last=Brennan |first=Ailis |date=31 July 2018 |title=Harry Potter in London: Where to find film locations in the capital |url=https://www.standard.co.uk/go/london/attractions/harry-potter-in-london-where-to-find-film-locations-in-the-capital-a3767641.html |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20190228224843/https://www.standard.co.uk/go/london/attractions/harry-potter-in-london-where-to-find-film-locations-in-the-capital-a3767641.html |archive-date=28 February 2019 |access-date=5 June 2020 |website=[[:en:Evening Standard|Evening Standard]]}}</ref>
 
<!-- 音楽 -->
 
<ref name="Filmtracks">{{Cite web |date=5 March 2019 |title=Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (John Williams) |url=https://www.filmtracks.com/titles/prisoner_azkaban.html |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20190904025008/http://filmtracks.com/titles/prisoner_azkaban.html |archive-date=4 September 2019 |access-date=4 September 2019 |website=[[:en:Filmtracks|Filmtracks]]}}</ref>
 
<ref name="SoundtrackTLC">{{Cite web |date=25 May 2004 |title=Mischief Managed! PoA Soundtrack Released Today |url=http://www.the-leaky-cauldron.org/2004/05/25/mischief-managed-poa-soundtrack-released-today/ |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20180316015339/http://www.the-leaky-cauldron.org/2004/05/25/mischief-managed-poa-soundtrack-released-today/ |archive-date=16 March 2018 |access-date=12 June 2020 |website=[[:en:The Leaky Cauldron (website)|The Leaky Cauldron]]}}</ref>
}}
 
== 外部リンク ==