「余命10年」の版間の差分

→‎主要人物: 藤崎沙苗、元の記述にあった「友人として手伝いに来ており」が作中で確認できず、焼香を済ませ振り返った沙苗が和人に気付く場面からは、一般の参列客と思われますので除去し、他の状況記述を追加しました。め除去しました。
(→‎製作: 出典に基づき修正しました。引用符内は元のコメント文を記載し、要旨となった部分は引用符を除去しました。)
(→‎主要人物: 藤崎沙苗、元の記述にあった「友人として手伝いに来ており」が作中で確認できず、焼香を済ませ振り返った沙苗が和人に気付く場面からは、一般の参列客と思われますので除去し、他の状況記述を追加しました。め除去しました。)
: 茉莉が東京の中学に転校した時からの親友。漫画を描き、[[同人#現在の同人|同人]]歴{{Efn2|ここでは沙苗がアニメイベントで同人誌の即売会などに参加してきた経歴のことを意味する。}}も長く「桜姫華(さくら ひめか)」というペンネームがある。
: 中学の時からの生粋の美少女。コスプレ好き。茉莉とは互いに結婚する際にはウェディングドレスを作るという約束をしていた{{Efn2|結婚の際に茉莉が作ったウェディングドレスを着用し、沙苗はウエディングドレスではなかったが、棺の中の茉莉のために純白のドレスを作っている。}}。
: 茉莉の葬儀の際に通夜で友人として手伝いに来ており、会場に訪れた和人を茉莉が眠る棺に案内し、和人の安らかな笑顔に茉莉の一途な愛が一方通行でなかったことを確信している。
; 新谷美幸(しんたに みゆき)
: 茉莉の小学校時代の親友{{Efn2|茉莉は中学校では別の学区になり、さらに中1の終わりに東京に転校したため、美幸の家に謝罪に訪れるまで会ってなかった。}}。茉莉と同じく絵を描くのが好きで、二人でお小遣いを貯めて買ったお揃いの赤い筆箱を使っていた。