「利用者:ぱたごん/sandbox」の版間の差分

→‎経歴: 句読点
(見直し)
(→‎経歴: 句読点)
*1970年 東日本日雇労働組合(東日労)に加わり、東日労内部の造反派である山岡強一と知り合う。<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.346.360-361</ref>。山岡は山谷争議団を結成して山谷の労働運動を主導した人物で、船本思想の最大の理解者となる<ref>崎山 政毅「武装する根拠に到ること-山岡強一が遺した歴史性の作業をめぐって」インパクト出版会 編集発行『インパクション = Impaction』 (99)、1996年10月、pp.31-43</ref>
*1971年末、船本は停滞していた活動を総括する論文「自己批判と闘いの開始の意味をこめて」を書き、山谷の運動-暴動の現状を3期区分し、労働者の現実を理解しさらに次の段階、山谷暴動→山谷権力を構想した。本論文の署名は谷山・ガンとしている<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.185-188,241</ref>
*1972年船本の広島大学以来の同志である鈴木国男が逃走先の大阪で逮捕され精神病院に措置入院させられる。船本によれば鈴木国男は1968年から1969年まで山谷の大衆運動を主導、1970年1月暴力事件を機に精神病院に入院、退院後の1970年8月またも事件を起こし不法監禁・暴行・傷害の容疑で指名手配され釜ヶ崎に潜伏、釜ヶ崎で解放運動に取り組むも、さらに1972年1月大阪で暴力事件を起こし逮捕、東京の精神病院に措置入院となっていた。鈴木国男の置かれた状況の分析から船本は市民社会と市民社会から阻害された下層労働者を分け、自発的な狂気であろうとなかろうと下層労働者の狂気こそが現存秩序に対する反逆の企てであると考え個別S(鈴木国男)を階級矛盾階級抑圧に苦しむ下層労働者の象徴としてのSに拡大しS闘争支援共闘会議を結成し活動の拠点を釜ヶ崎に移す<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.74-100,297,</ref>。5月、鈴木組闘争が起きる。鈴木組闘争は釜ヶ崎を食い物にしていた暴力手配師鈴木組に対して日雇い労働者たちが立ち上がって暴動となりあいりん総合センターを占拠、鈴木組を粉砕し血だらけになった鈴木組組長を土下座させた事件から始まる。鈴木組闘争は警察の介入を招き、悪徳手配師・暴力団・警察対日雇い労働者として一連の弾圧/闘争が始まる<ref>風間竜次「決起40年記念 船本洲治」日本寄せ場学会編集発行『寄せ場』(27)2015年7月、pp.149-153</ref><ref name="船本2018p299-300,347-349">船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.299-300,347-349</ref>。鈴木組闘争の勝利を機に船本らは6月、暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議(釜共闘)を結成、暴力団や悪徳手配師、劣悪な飯場経営者などとの戦いを続け、また警察の介入にたいしては釜共闘側は権力による弾圧と捉え警察とも対立していく<ref>風間竜次「決起40年記念 船本洲治」日本寄せ場学会編集発行『寄せ場』(27)2015年7月、pp.149-153</ref><ref name="船本2018p299-300,347-349">船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.299-300,347-349</ref>。鈴木組闘争ののち船本は現場闘争の重要性と「やられたらやりかえせ」のスローガンを掲げ、盛んに論文(檄文)を発表し西成署前での抗議活動などを活発化させ、暴動があれば必ず先頭に立っていたが、自身も指名手配されてしまう<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.150-161,299-303,347-349</ref><ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.249</ref>。
:同じ時期に山谷でも悪質業者追放現場闘争委員会(現闘委)が組織され東西の寄せ場で競うように対悪徳手配師闘争が行われる。釜ヶ崎では悪徳手配師の背後にいる暴力団とも対決している<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.347-349</ref>。指名手配され姿を隠しながらも船本は論文やビラ(檄文)を次々に発し11月にはビラ「黙って野たれ死ぬな」を撒く。11月関西建設闘争で釜ヶ崎の活動家33人逮捕、12月あいりん総合センターが爆破される<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.299-303,347-349</ref>。
*1973年、釜共闘や現闘委による悪徳手配師や行政との闘いが続く中で、4月 船本は前年の関西建設闘争に関する証人威迫容疑でまたも指名手配され、以後は半潜伏状態を余儀なくされながらも釜ヶ崎・山谷の運動に指導的役割を果たす<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.256,304,305</ref>。1973年末、北海道に潜伏<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.351</ref>。
*1974年初頭 東京を経て沖縄へ。以後沖縄を拠点とする<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.351</ref>。3月、あいりん総合センター爆破事件の主犯の容疑で警察庁からも重要犯人として全国指名手配され<ref group="註">船本自身やその仲間たちはそれらの容疑は警察のでっち上げだと主張している。あいりん総合センター爆破事件で船本の共犯とされた者は1983年無罪判決が確定している -船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.163-174,256,304,305</ref>、これ以降は完全な潜伏活動となる<ref>朝日新聞大阪朝刊昭和50年6月27日p.1</ref><ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.304</ref>。潜伏しながらもいくつかの論文・文章を発表している。また、この時期には東アジア反日武装戦線の爆弾事件が連続している<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.351-352</ref>。
*1975年。5月東アジア反日武装戦線のメンバーが一斉に逮捕される(船本と東アジア反日武装戦線との関係については後述)。6月25日船本は皇太子[[明仁]]の[[沖縄国際海洋博覧会|海洋博]]訪問を控えた沖縄にて皇太子暗殺を企てるも単独行動となった船本にその力はなく暗殺は断念、代わりに抗議行動として、アメリカ軍[[嘉手納基地]]ゲート前にて「海洋博反対」「皇太子訪沖反対」などを叫びつつガソリンをかぶって焼身自殺した<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.287-291、326-335、353</ref><ref>朝日新聞大阪朝刊昭和50年6月27日p.1</ref>。元釜共闘の風間竜次は船本が単独で焼身決起しなければならなかった理由の一つに釜ヶ崎や山谷の組織が堅固なものではなかったことと、オイルショック後の不況によって従来のような日雇いの仕事が減り、寄せ場内での分断が起こっていたことなどを挙げ「地域性(特殊性)、世界性(普遍性)の思想的剥離と組織不備が船本を放置、孤立化、単身者にしてしまった。-風間竜次「決起40年記念 船本洲治」日本寄せ場学会編集『寄せ場』(27)p.140-141」と述べている<ref>風間竜次「決起40年記念 船本洲治」日本寄せ場学会編集『寄せ場』(27)p.140-141</ref>。新聞には「大阪府警は船本が潜伏活動に疲れて自殺したと見ている」と書かれている<ref>朝日新聞大阪朝刊昭和50年6月27日p.1</ref>。7月、釜ヶ崎で船本洲治人民葬<ref >船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.353</ref>。