「富谷インターチェンジ」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページ三陸自動車道へのリンクを解消、リンク先を三陸沿岸道路に変更(DisamAssist使用)
m編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページ三陸自動車道へのリンクを解消、リンク先を三陸沿岸道路に変更(DisamAssist使用))
 
== 概要 ==
当ICは仙台北部道路専用のインターチェンジで、[[利府ジャンクション|利府JCT]]で[[三陸沿岸道路|三陸自動車道]]に接続する。隣の[[富谷ジャンクション|富谷JCT]]で[[東北自動車道]]と接続しておらず、当ICと東北自動車道への流入および東北自動車道からの流出はできない<ref name=Seisanki>{{Cite web |url=http://www.driveplaza.com/area/tohoku/event/pdf/th_sendaihigasi.pdf |format=PDF |title=一般精算機のレーンでは料金精算機をご利用下さい。|publisher=NEXCO東日本 |accessdate=2014年12月8日}}</ref><ref name="kahoku20120308">[http://www.kahoku.co.jp/news/2012/03/20120308t11021.htm 仙台北部道路富谷JCT - 国道4号 開通13年度に延期]([[河北新報]] 2012年3月8日)</ref>。東北自動車道の利用には[[国道4号]]を南に約3km進んだところにある[[泉インターチェンジ|泉IC]]を経由することになる。
 
出口レーンの一般ブースは[[自動精算機#有料道路における自動精算機|料金精算機]]が設置されており、自分で料金を精算する<ref name=Seisanki />。