「大阪環状線」の版間の差分

Reverted to revision 86762289 by 210a (talk) (TwinkleGlobal)
タグ: 差し戻し済み モバイル編集 モバイルウェブ編集
(Reverted to revision 86762289 by 210a (talk) (TwinkleGlobal))
タグ: 取り消し
大阪環状線は、南側の関西本線の一部区間、関西本線と[[東海道本線]]を連絡する東側の'''城東線'''、[[旧淀川|安治川]]の右岸を走る北西側の'''西成線'''の一部区間、南西側の関西本線貨物支線の一部区間を、[[第二次世界大戦]]後の[[高度経済成長|高度経済成長期]]に西側の未成区間に新線を造って接続したものである。発足時の大阪市域のほぼ全域を取り囲んでおり、大阪環状線内を横断・縦断する地上路線は存在しないものの、地上区間により大阪環状線内に入り込む路線は9路線(天王寺駅阪和線ホームを含めると10路線)ある。地下路線ではOsaka Metro線が従来から大阪環状線内を横断・縦断しているが、地下鉄以外でもJR・私鉄ともに地下区間により横断・縦断路線を建設する計画が何度か立てられ、[[2009年]]までにJRでは[[JR東西線]]、私鉄では[[阪神なんば線]]・[[近鉄奈良線]]([[近鉄難波線|難波線]]・[[近鉄大阪線|大阪線]])の西九条駅 - [[鶴橋駅]]間<ref group="†">大阪環状線と交差する駅付近は地上区間で、前述の地上区間により大阪環状線内に入り込む路線にも数えている。</ref>の2つの横断路線が実現しているほか、[[2031年]]度には縦断路線の[[なにわ筋線]](JR西日本、南海電鉄)が開通する予定となっている。
 
[[堂島]]・[[中之島 (大阪府)|中之島]]・[[船場 (大阪市)|船場]]([[本町 (大阪市)|本町]]など)・[[島之内]]([[心斎橋]]など)といった都心部(旧来の中心市街)および[[ミナミ]]の玄関口である[[難波]]が大阪環状線の内側に位置するため、前述の通り元私鉄を含む多数の路線が大阪環状線内に入り込んでいる。加えて[[新幹線]]接続駅がないため、[[新大阪駅]] - [[梅田駅 (Osaka Metro)|梅田駅]](大阪駅直下) - [[難波駅 (Osaka Metro)|難波駅]] - [[天王寺駅]]間を直線的に通る[[Osaka Metro御堂筋線]]が都心部への移動の主力を担い、大阪環状線や他のOsaka Metro各線、[[大阪シティバス]]がそれを補完する形になっている。これらは、他線との直通列車が存在することとともに東京の[[山手線]]と大きく異なる点である。([[名城線]]と同じ)
 
南側と東側は特に都心部から離れて敷設されたため、[[南海電気鉄道|南海]]、[[京阪電気鉄道|京阪]]、[[近畿日本鉄道|近鉄]](もと[[大阪電気軌道|大軌]])がそれぞれ大阪環状線の内側に[[難波駅 (南海)|難波駅]]、[[天満橋駅]]、[[大阪上本町駅]]を構えた一方、比較的都心部に近接して敷設された北側では[[阪神電気鉄道|阪神]]、[[阪急電鉄|阪急]]とも大阪駅付近に[[大阪梅田駅 (阪神)]]、[[大阪梅田駅 (阪急)]]を構え、南側でも後発の近鉄(もと[[大阪鉄道 (2代目)|大鉄]])が天王寺駅付近に[[大阪阿部野橋駅]]を構えた経緯から、[[梅田]]、[[天王寺|天王寺・阿倍野]]の[[副都心]]が形成された。梅田は再開発の進展によって旧来の中心市街の地位を低下させるまでに発展している。また、河川が集中して土地の制約が大きかった京橋駅の周辺も[[大阪ビジネスパーク]]と一体となった副都心が形成されている。
 
また、利用者が多い東側の大阪駅 - 京橋駅 - 天王寺駅間では、全列車が各駅に停車するのに対し、利用者が少ない西側の大阪駅 - 西九条駅 - 天王寺駅間では、快速や特急は大阪環状線内で通過運転を行っているため、日中時間帯では快速や特急が通過する野田駅、芦原橋駅と今宮駅(いずれも利用者が少ない駅)は1時間に4本しか停車する列車がない。これも日中は各駅とも1時間13本以上が停車する山手線と異なる点である。
 
路線の大半は高架であるが、天王寺駅付近と[[大阪城公園駅]]付近だけは地平を走っている。故にこの2駅だけは[[地上駅]]となっている。ただし、天王寺駅は掘割式の[[地下駅]]に分類される場合もある。また内回り線の新今宮駅 - 天王寺駅間には大阪環状線で最後まで<ref group="†" name="hitotsuya">一ツ家踏切は、冒頭の定義1.の区間には含まれない。</ref>残った[[踏切]]である[[#一ツ家踏切|一ツ家踏切]]があった。
* 複線区間:
** 3線:福島駅 - 西九条駅間
** 複線:大阪駅 - 福島駅間、西九条駅 - 今宮駅間、天王寺駅 - 鶴橋駅 - 大阪駅間<ref group="†">大阪環状線の定義を冒頭に記したうちの1.とした場合、新今宮駅 - 天王寺駅間は(大阪環状線ではなく)関西本線の複々線である。大阪駅を起点として大阪駅に戻る2.の定義とするなら、(関西本線の複線と並行する)新今宮駅 - 天王寺駅間も大阪環状線の複線区間である。</ref>
** 複々線:今宮駅 - 天王寺駅間<ref group="†">大阪環状線の定義を冒頭に記したうちの1.とした場合、新今宮駅 - 天王寺駅間は(大阪環状線ではなく)関西本線の複々線である。大阪駅を起点として大阪駅に戻る2.の定義とするなら、(関西本線の複線と並行する)新今宮駅 - 天王寺駅間も大阪環状線の複線区間である。</ref>
* [[鉄道の電化|電化]]区間:全線電化([[直流電化|直流]]1500[[ボルト (単位)|V]])
* [[閉塞 (鉄道)|閉塞方式]]:自動閉塞式