「資源エネルギー庁」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[1973年]]の[[オイルショック|第一次オイルショック]]を契機に、当時の通商産業省の鉱山石炭局と公益事業局を統合する形で同年[[7月25日]]に設置された。
 
[[原子力安全・保安院]]は、[[2001年]]の[[中央省庁再編]]に伴い、資源エネルギー庁の[[特別の機関]]として設置されていたが、[[2012年]][[9月19日]]に廃止され、原子力安全行政は[[環境省]]の外局として設置された[[原子力規制委員会_(日本)|原子力規制委員会]]に、産業保安行政は経済産業省の商務流通保安グループ<ref>「経産省、産業保安を横断的に議論-産構審に分科会」 『[[日刊工業新聞]]』2012年11月5日付、2面。</ref>から(現産業保安グループ)にそれぞれ移行した。
 
== 任務・所掌事務 ==