「ロバート・ゼーリック」の版間の差分

編集の要約なし
'''ロバート・ブルース・ゼーリック '''('''Robert Zoellick''', (1953年7月25日生まれ)は、前職のアメリカ合衆国国務次官(2006(2006年7月7日に辞職)である。
現職の前に、合衆国通商代表として2001年2月7日から2005年2月22日まで仕えた。
2006年6月19日に[[ゴールドマン・サックス]]証券の国際戦略部のマネージング・ディレクター兼代表として加わるためであった。
 
ロバート・ゼーリックはまた、多くの民間と公的組織での役員として役目を果たしている。アリアンス キャピタル、セイドホールディングス、およびプレキューサー グループなどがあり;エンロンとビベンチャーの顧問会議のメンバー; アスペン研究所の戦略グループの指導官、外交評議会、合衆国のドイツの[[マーシャル基金]]、および[[世界野生生物諮問委員会]]として; そして、[[ウィリアムセバスチャン・コーエン]]長官の防衛政策委員会のメンバーでもある. 彼は外交評議会と[[日米欧委員会]]のメンバーである。彼のキャリアはビジネスと政府とが密接につながっていることをを示している。
 
= キャリア =
ゼーリックは、[[イリノイ州]][[ナパービル]]で育てられ、[[ドイツ人]]の血が流れている(「''ツェリック''」)。1975年に[[スワスモア大学]]卒業後、[[ハーバード大学]]行政大学院([[ケネディ・スクール]])で修士号を取得、さらに、同大学法律大学院で法律学博士号を取得した。
 
== 政府用役(1985-1992) ==
しかし、2005年5月25日、ニューヨーク・タイムズ紙は、ゼーリックが自らの劣勢に疑問を持っており、すぐにでも辞職する可能性があることを報じた。
ゼーリックは、最低1年間国務次官として役目を果たすことに同意したが、民間部門に戻るというゼーリックの願望は広く知られていた。
 
[[Category:アメリカ合衆国の政治家|せりく ろはと]]
[[Category:ドイツ系アメリカ人|せりく ろはと]]
 
{{People-stub}}
 
[[de:Robert Zoellick]]
[[en:Robert Zoellick]]
8

回編集