「豪快な号外」の版間の差分

Wikipedia:削除依頼/豪快な号外での議論に基づきリダイレクト化
m (-{{subst:Sakujo}})
タグ: 手動差し戻し メディア除去
(Wikipedia:削除依頼/豪快な号外での議論に基づきリダイレクト化)
タグ: 新規リダイレクト メディア除去 サイズの大幅な増減
 
#REDIRECT [[軌保博光#「豪快な号外」配布活動]]
{{特筆性|特筆性|date=2021年11月}}
{{告知|議論|軌保博光へのリダイレクト化について|section=軌保博光へのリダイレクト化|date=2021年11月}}
「'''豪快な号外'''」(ごうかいなごうがい)とは、[[軌保博光]](てんつくマン)が中心となって<ref>[https://web.archive.org/web/20071013202108/http://tentsuku.com/nikki/index.cgi?mode=view&no=313 てんつくマンの日記No.313](2007年10月13日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>TEAM GOGO! 2007<ref>[https://web.archive.org/web/20070821090210/http://www.teamgogo.net/top.html TEAM GOGO! 2007公式ホームページ](2007年8月21日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>が[[夏至]]の日にあわせて2007年6月から配布した、[[地球温暖化]]防止を呼びかけた[[市民]][[意見広告]]である。
 
現在もTEAM GOGO公式ウェブサイトにおいて、[[Portable Document Format|PDF]]ファイルが無料配布されている<ref>[http://teamgogo.s271.xrea.com/gogo/GoukaiNaGougai_A_A4.pdf 「30秒で世界を変えちゃうweb新聞」]</ref>。
 
== 概要 ==
「30秒で[[世界]]を変えちゃう[[新聞]]」としている。共同主催者として[[中村隆市]]が、呼びかけ人として[[坂本龍一]]、[[田中優]]、辻信一、[[高木善之]]、池松耕次、[[中村文昭]]、南ぬ風人まーちゃん(まーちゃんうーぽー)、長島龍人、[[田中章義]]、きくちゆみ、[[山田成雲]]、[[山田玲司]]、[[益戸育江|益戸育江(高樹沙耶)]]らが名を連ねている。
 
公式サイトによると配布部数は3,000万部となっている。TEAM GOGOは、この「豪快な号外」を[[ギネス・ワールド・レコーズ|ギネスブック]]に「[[世界]]一発行部数の多い[[フリーペーパー]]」として登録をすることを目指していたが、結局配布部数を証明することが出来ず、ギネスブックへの登録は失敗に終わった<ref>[https://web.archive.org/web/20071027114719/http://www.teamgogo.net/qa/#25 TEAM GOGO公式ホームページ ギネスへの挑戦はどうなっていますか](2007年10月27日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
製作の為の[[紙]]の調達においては、同紙の話を知った[[印刷会社]]の人間が他の[[印刷会社]]にも呼びかけ、余った[[紙]]を提供してくれたとされる<ref>[https://web.archive.org/web/20070914004443/http://www.tentsuku.com/nikki/index.cgi?mode=view&no=318 てんつくマンの日記No.318](2007年9月14日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。軌保博光と支援者は、同誌発行による[[環境負荷]]を認めつつも、むしろ告知効果による[[地球温暖化]]防止の[[啓蒙]]による効果が優ると考え、また、人の手で配ることによって地域に人と人とのつながりが生まれることを期待したとしている<ref>[https://web.archive.org/web/20071008023131/http://www.tentsuku.com/nikki/index.cgi?mode=view&no=314 てんつくマンの日記No.314](2007年10月8日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
2007年9月、TEAM GOGO公式ウェブサイトにおいて、「[[カーボンニュートラル]]大作戦」<ref>[https://web.archive.org/web/20071027115350/http://www.teamgogo.net/webgougai/30second/04.html TEAM GOGO公式ホームページ カーボンニュートラル大作戦](2007年10月27日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>と称した[[植林活動]]の計画を発表。
 
その後、2007年の[[冬至]]の日にあわせ一部地域において号外が配布されたが、2007年の冬至をもってTEAM GOGO! 2007は解散した<ref>[https://web.archive.org/web/20080504103456/http://www.tentsuku.com/nikki/index.cgi?mode=view&no=410 てんつくマンの日記No.410](2008年5月4日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
== 内容 ==
表紙を含め全8ページ。冒頭ではTEAM GOGOによる、10年後の[[地球]]がいかに危機的な状況にあるかという予測を、4ページにわたって[[山田玲司]]の[[漫画]]で紹介している<ref>この[[漫画]]は[[インデペンデント]]紙の報道の内容や数値のみ採用し、[[国際連合|国連]]の[[気候変動に関する政府間パネル]](IPCC)やスターン報告書[http://politics.guardian.co.uk/economics/story/0,,1935208,00.html スターン報告書公式ホームページ]は参照されていない。これについてTEAM GOGOは、自分たちは「IPCC報告書」に批判的な立場であると表明している[https://web.archive.org/web/20071027114719/http://www.teamgogo.net/qa/#38 TEAM GOGO公式ホームページ 号外に載っている地球温暖化の漫画で使った数字はどこのものを使ったのでしょうか](2007年10月27日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
また、漫画以外の部分では以下のような記述が存在している。
 
* [[NPOバンク]]、[[市民バンク]]の奨励
* 国産木材使用の奨励
* 最大の[[環境破壊]]は[[戦争]]と[[軍隊]]であるという主張
* [[カーボンニュートラル]]概念の紹介
* [[マニフェスト]]を読んだ上での[[選挙権]]行使の推奨
* [[フードマイレージ]]概念の紹介
* [[省エネ]]製品使用の推奨
* 「マイ水筒」や紙パック入り飲料、[[リターナブル瓶]]入り飲料の推奨
* [[フェアトレード]]製品の推奨
* 「マイ箸」利用の推奨
* 銀行や[[郵貯]]に預けられた資金が[[アメリカ国債]]を買う為に使われ、結果的にアメリカの軍事行動を支えているとの主張
* [[バナナ]]を使用した紙の紹介
* [[地球温暖化]]を止める為のチェックリスト
 
また、中村隆市による「言い出しっぺのひとりごと」というコラムでは、[[六ヶ所村核燃料再処理施設]]への疑問が示されている<ref>この部分では六ヶ所村核燃料再処理施設の稼働によって東北や北海道産の食料が放射性物質の汚染を受けるとの指摘があるが、これについては各種の反論が存在している。詳しくは[[六ヶ所村核燃料再処理施設]]の項を参照のこと。</ref>。
 
== 募金と収支 ==
個人[[募金]]者以外に100万円を責任持って集める「100万[[番長]]」と下限額を定めない「裏[[番長]]」が主な[[募金]]者であり、3,000万部発行・発送という計画での[[募金]]総額は1億2,000万円を予定していた。
2007年9月時点では支出が約1億3,600万円に膨らみ、2,600万円を超える借入金が発生した<ref>[https://web.archive.org/web/20071028010331/http://www.teamgogo.net/balance/index.html TEAM GOGO公式ホームページ 収支報告](2007年10月28日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。借入金は主催者である軌保博光と中村隆市が返済にあたるとされている。
 
2007年11月TEAM GOGO公式ホームページにおいて、[[借金]]返済のための[[募金]]を行う<ref>[https://web.archive.org/web/20081204125459/http://www.teamgogo.net/news/2007/11/post_16.html TEAM GOGO公式ホームページ 「支えれば変わる」チーム募集!](2008年12月4日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
なお、当初TEAM GOGOは多数の中小[[印刷会社]]の好意で安価にして貰った関係上、[[領収書]]を公開することができないとしていたが、後に最大手の[[凸版印刷]]を含む2社が[[印刷]]したことを公表した<ref>[https://web.archive.org/web/20071028051343/http://www.teamgogo.net/report/receipt_nihonweb2.pdf TEAM GOGO公式ホームページ ウェブ印刷受注証明書](2007年10月28日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。
 
== 配布 ==
「みんなでちょっと動けば変わる」をキャッチフレーズに配布参加者を募集。各地区に「虹の天使」と名付けられたメンバーが置かれ、彼らが「動けば変わる」と名付けられたメンバーを統括する形をとった。「虹の天使」という[[ソーシャル・ネットワーキング・サービス]]も運営され、配布参加者の募集や、配布の告知などが行われた(現在は閉鎖)。
 
配布方法は主に街頭での配布と[[ポスティング]]、店舗・[[施設]]・[[企業]]等への設置などであるが、[[小学校]]や[[中学校]]などの[[教育機関]]に依頼して配布した例もあった。
 
== 批判 ==
同誌へは様々な批判が寄せられた。それらの批判に対しては、TEAM GOGOがウェブサイト上のQ&Aで回答を公表している<ref>[https://web.archive.org/web/20071027114719/http://www.teamgogo.net/qa/ TEAM GOGO公式ホームページ Q&A](2007年10月27日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>。また、[[国際]][[青年]][[環境]][[非政府組織|NGO]]「A SEED JAPAN」の「[[エコ]]{{要曖昧さ回避|date=2021年7月}}貯金プロジェクト」のウェブサイトアドレスを無許可で同誌に掲載したことについて、TEAM GOGO公式ホームページで訂正告知<ref>[https://web.archive.org/web/20070704163821/http://www.teamgogo.net/webgougai/seigo.html 『30秒で世界を変えちゃう新聞 豪快な号外』正誤表](2007年7月4日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>をした。
 
== 脚注・出典 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [https://web.archive.org/web/20120207122748/http://www.teamgogo.net/top.html TEAM GOGO! 2007公式ホームページ] - 閉鎖。(2012年2月7日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])
* [http://teamgogo.s271.xrea.com/gogo/gogo.html 「30秒で世界を変えちゃうWeb新聞」]
* [https://web.archive.org/web/20120207110037/http://www.teamgogo.net/sanka_index.html TEAM GOGO 号外0号参加者ページ](2012年2月7日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])
* [http://tentsuku.com/ WEBテンツク(公式サイト)]
 
{{地球温暖化}}
 
{{DEFAULTSORT:こうかいなこうかい}}
[[Category:日本の環境保護運動|ちーむこーこー]]
[[Category:環境に関するメディア]]