「利用者:ぱたごん/sandbox」の版間の差分

(→‎東アジア反日武装戦線との関係: 朝日は大阪版を使用)
 
日本国内においては日本社会党や日本共産党を社民勢力とくくり、社民が指導する組織労働者による労働運動は(組織労働者,本雇工などの)市民階層の帝国主義的市民主義的利益のために、未組織下層労働者との分断を呼び、その内実はブルジョアジーによる分断支配統治の一つの様式であり、階級闘争を議会内取引・国会内茶番劇に収束させていると述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.254-270</ref>。社民による市民社会の秩序は外ではアジア人民からの搾取、内では下層労働者からの搾取することで保証されていると述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.122</ref>。船本は1970年代の革新勢力とされている美濃部都政や京都市政は山谷や釜ヶ崎の下層労働者との対話にも応じていなかったと非難している。<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.65,213</ref>
 
新左翼諸派、とりわけ大組織の組織労働者に拠点を置こうとする傾向が強い革マル派に対して船本は社民の卵であると非難し、帝国主義の補完物ー左のポーズを取っているがゆえにもっとタチが悪いーとさえ言っている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.121-122,269-278</ref>。
 
新聞報道では船本は赤軍派との関連を指摘されているが<ref>朝日新聞大阪朝刊1975年6月27日p.1、毎日新聞1975年6月27日p.23、読売新聞1975年6月27日p.23</ref>、船本は赤軍派について「マンツーマンで尾行され、24時間監視されている武闘派とは一体何者なのだろう」「白色政治支配下で赤軍派が公然と赤軍派を名乗ること自体が、すでに自己矛盾であり、主観主義である」とし、赤軍派の役割は権力の目を引きつけ、真の武闘派を権力から守るカモフラージュであるなどと述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.289</ref>。
 
左翼諸派のなかで唯一東アジア武装戦線に対してのみ船本は否定的な発言をしていない<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、船本の全論文にて</ref>。
 
==東アジア反日武装戦線との関係==