「利用者:ぱたごん/sandbox」の版間の差分

wikify
(wikify)
'''船本洲治''' (ふなもと しゅうじ 1945年12月23日-1975年6月25日)は日本の革命思想家、ノンセクトラジカル系極左活動家、労働運動家、暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議(釜共闘)幹部、[[鳶職|トビ職]]、自称する職業は労務者。満洲生まれ広島県出身、広島大学中退。流動的下層労働者([[寄せ場]]の[[日雇い|日雇い労働者]])を真の革命の主体と考え、釜ヶ崎([[あいりん地区]])や[[山谷 (東京都)|山谷]]での日雇い労働者たちの労働運動を主導しようとした。船本の思想は[[東アジア反日武装戦線]]などのアナキズム系過激派に近く<ref group="註">実際に船本は東アジア反日武装戦線の活動家との交流を持ち、東アジア反日武装戦線は船本の影響をうけている。船本も東アジア反日武装戦線の活動を高く評価している。-読売新聞昭和50年6月27日p.23、読売新聞夕刊51年9月28日夕刊p.11、読売新聞昭和54年8月21日p.23、船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国、2018年、p.290船本遺書」</ref>、悪徳手配師や劣悪な飯場に対する現場闘争や日雇い労働者による暴動の扇動など直接的な暴力を行動の主体とした。暴動を組織化して革命を導く、そのあまりに過激な思想により警察に徹底的にマークされ、1973年には証人威迫容疑、1974年にはあいりん総合センター爆破事件の容疑で指名手配を受けて地下に潜伏。1975年、皇太子[[明仁]]の[[沖縄国際海洋博覧会|海洋博]]訪問を控えた沖縄にて皇太子暗殺を企てるも断念し、アメリカ軍[[嘉手納基地]]ゲート前にて「皇太子訪沖反対」などを叫びつつガソリンをかぶって焼身自殺した(船本の思想に共感する者はこれを焼身決起とする言う)。著名な言葉・スローガンに「だまってトイレを詰まらせろ」「やられたらやりかえせ」「黙って野たれ死ぬな」などがある。
山谷の労働運動を主導した山岡強一は『山谷-釜ヶ崎の運動における船本洲治の意義は、一言でいうと寄せ場の階級性を暴き、そこに闘争を組織しようとした点にある。-引用、山岡強一「山谷-釜ヶ崎の闘いの歴史と船本洲治」<ref name="死ぬな1985 p.266>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』れんが書房新社、1985年、p.266</ref>』と評価している。船本の思想は、山岡強一や礒江洋一<ref group="註">磯江洋一は1979年に山谷マンモス交番巡査刺殺事件を起こした活動家。 -[https://bunshun.jp/articles/-/42134?page=2 文春オンライン・牧村康生「やられたらやり返せ!」ドヤ街・山谷に棲む人々はなぜヤクザに抗争を仕掛けたのか]2021年10月9日閲覧</ref>などの寄せ場の活動家のみならず、東アジア反日武装戦線、北海道庁爆破事件の[[大森勝久]]などにも影響を与えている。名は舩本洲治と書かれることもあり、また釜ヶ崎では上田耕平と名乗り活動家仲間からは「こーちゃん」「こうちゃん」の愛称で呼ばれていた。
==経歴==
船本は革命は世界革命の過程としてのみあり、一国の革命行為は世界革命のシンフォニーであり、世界政治から解放された一国革命はありえず、世界革命は一国革命の総和ではないとする。したがって([[一国社会主義論|一国革命主義]]に陥った)[[ソビエト連邦]]は反革命に転落していると述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.258</ref>。
 
日本国内においては日本社会党や日本共産党を社民勢力とくくり、社民が指導する組織労働者による労働運動は(組織労働者,本雇工などの)市民階層の帝国主義的市民主義的利益のために、未組織下層労働者との分断を呼び、その内実はブルジョアジーによる分断支配統治の一つの様式であり、階級闘争を議会内取引・国会内茶番劇に収束させていると述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、pp.254-270</ref>。社民による市民社会の秩序は外ではアジア人民からの搾取、内では下層労働者からの搾取することで保証されていると述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.122</ref>。船本は1970年代の革新勢力とされている美濃部都政や京都市政は山谷や釜ヶ崎の下層労働者との対話にも応じていなかったと非難している<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.65,213</ref>
 
新左翼諸派、とりわけ大組織の組織労働者に拠点を置こうとする傾向が強い革マル派に対して船本は社民の卵であると非難し、帝国主義の補完物ー左のポーズを取っているがゆえにもっとタチが悪いーとさえ言っている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.121-122,269-278</ref>。
新聞報道では船本は赤軍派との関連を指摘されているが<ref>朝日新聞大阪朝刊1975年6月27日p.1、毎日新聞1975年6月27日p.23、読売新聞1975年6月27日p.23</ref>、船本は赤軍派について「マンツーマンで尾行され、24時間監視されている武闘派とは一体何者なのだろう」「白色政治支配下で赤軍派が公然と赤軍派を名乗ること自体が、すでに自己矛盾であり、主観主義である」とし、赤軍派の役割は権力の目を引きつけ、真の武闘派を権力から守るカモフラージュであるなどと述べている<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、p.289</ref>。
 
左翼諸派のなかで唯一東アジア武装戦線に対してのみ船本は否定的な発言をしていない<ref>船本洲治『黙って野たれ死ぬな』株式会社共和国発行、2018年、船本の全論文にて</ref>。
 
==東アジア反日武装戦線との関係==