「司法警察職員」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: 差し戻し済み
 
== 種類等 ==
司法警察職員は以下の種類に分かれる。[[特別司法警察職員]]の場合、[[捜査]]できる[[犯罪]]の種類、あるいは当該犯罪の発生地等に限定して権限が付与されているが、一般司法警察職員たる[[日本の警察官|警察官]]は、罪種や発生場所を問わず、いかなる犯罪でも全般を捜査できる権限が付与されている<ref>中野佳博 『わかりやすい実務法学シリーズ 刑事訴訟法 第7版』 2014年4月、p.40、ISBN 978-4-907849-03-0。</ref>。
 
* 一般司法警察職員 - [[日本の警察官|警察官]]の呼称は、[[:Category:都道府県警察|都道府県警察]]で[[警察]]<ref>司法警察と[[行政警察活動|行政警察]]とを併せていう。</ref>の事務を執行する者を指し([[警察法]]63条)、[[日本の警察]]で与えられる[[職務]]や地位に着目した呼び名である。
86

回編集