「高雄市武徳殿」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (ci.nii.ac.jp) (Botによる編集)
m (Category:道場を追加 (HotCat使用))
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (ci.nii.ac.jp) (Botによる編集))
[[ファイル:高雄武德殿正門.jpg |thumb |出入口のポーチ。室内の奥には神棚が見える。出入口には賽銭箱まである]]
{{maplink2|frame=yes|frame-width=230|zoom=16|type=point}}
'''高雄市武徳殿'''(たかおしぶとくでん<!--facebookもbutokudenつづり-->、{{Lang-zh|高雄市武德殿}})は[[台湾]]の[[高雄市]][[鼓山区]]にある[[武徳殿]]<ref name="boch">{{Cite web |url=https://nchdb.boch.gov.tw/assets/overview/monument/19990525000002 |title=武德殿 |publisher=[[文化部文化資産局]] |accessdate=2017-11-26}}</ref>。武徳殿とは[[日本統治時代の台湾|日本による台湾統治の時代]]において各地に建設された武道鍛錬のための建物の種別名であり、本項目の武徳殿は'''振武館'''と名付けられていた<ref name="fukuro2010_pp134-135">{{Citation |和書 |last=王 |first=恵君 |last2=二村 |first2=悟 |last3=後藤 |first3=治 監修 |title=図説台湾都市物語 : 台北・台中・台南・高雄 |series=ふくろうの本 |publisher=河出書房新社 |year=2010 |url=httphttps://ci.nii.ac.jp/ncid/BB01154634 |pages=134-135}}</ref>。高雄市の[[台湾古跡一覧|市定古蹟]]としては単に'''武徳殿'''として登録されている<ref name="boch" />。
 
1924年創建で、当時は[[台湾総督府]][[高雄州]][[府県警察部|警務路]](警務部<ref name="tva.org.tw">{{Cite web |url=http://www.tva.org.tw/Upload/publication_483.pdf |title=台灣観光月刊 vol.483 |publisher=台灣觀光協會 |format=PDF |page=22 |year=2008 |accessdate=2017-11-26}}</ref>)の武徳会支部の所有であった<ref name="fukuro2010_pp134-135" />。武徳殿の運営組織[[大日本武徳会]]は縦型の組織割りであったが、高雄の武徳殿は高雄州におかれた各郡支部を統括する「州庁級」の位置づけであったという<ref name="tva.org.tw" />。戦後は高雄市鼓山小学校({{Zh|鼓山國小}})の管理下に置かれ<ref name="tva.org.tw" />、職員宿舍として使用されたもののやがて放置され荒れ果てていたが、1999年5月25日公告の市定古蹟となり、2003年から修復工事が行われ翌2004年完了、2005年より{{Zh|社團法人高雄市劍道文化促進會}}に運営を委託されている<ref name="boch" />。台湾に現存する武徳殿のほとんどが他の用途(文化施設や忠烈祠、さらにはレストランなど)に転用されている一方で、高雄市武徳殿は武道場として利用されるようになっており、日本との親善試合なども行われている<ref name="kata2009">{{Citation |和書 |last=片倉 |first=佳史 |authorlink=片倉佳史 |title=台湾に生きている「日本(にっぽん)」 |isbn=9784396111496 |series=[[祥伝社新書]] |url=https://books.google.co.jp/books?id=F6WNPgAACAAJ |year=2009 |publisher=[[祥伝社]]}}電子版([[楽天kobo]])にて閲覧。「大渓武徳殿」の節。</ref>。