「わだつみ」の版間の差分

m
m編集の要約なし
 
海底開発株式会社が保有する深海潜水艇の名称。冒頭で1号が運用中、同2号は竣工間近だった。
調査海域までは[[海上保安庁]]の[[巡視船]]などで輸送される。支援母船は海洋開発株式会社所属の「巽丸」(上巻 p. 42)。アルキメデス号(実在。[[アルシメード]] を参照)と(基本的に)同じ設計で、1万m10,000mを越える深度にも潜っているが、2,000mを越えると不調の発生があるため、その調査が済むまであまり深海に潜るな、と言われている(上 p. 12)が、8,000mを越えて潜っている(上 p. 50~)。
 
理論的には(及び衝撃波水槽での試験結果によれば)10万m)100,000mまで潜ることができる(上 p. 50)。鋼球をバラストとしガソリンをフロートとしている(上 p. 14)という、[[バチスカーフ]]の特徴的な描写があり、上巻 pp. 42~43にバチスカーフ型の解説が、pp. 62~63 見開き上半分にイラスト([[日暮修一]]による)がある。
 
定員3名でパイロット1名のみによる潜行も可能。水中照明弾(架空)、ビデオカメラと[[VTR]]、[[ソナー]]、VLF([[超長波]])水中無電連絡設備などを備える(上 pp. 44~45)。水温、密度、塩分濃度をはかる艇外計器があり、つり下げ可能である(上 p. 60)。