「劉子輿」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
 
{{混同|劉子輿|link1=劉子輿 (前漢)|x1=[[前漢]]の皇族}}
 
'''劉子輿'''(りゅう しよ、? - [[泰始 (南朝宋)|泰始]]2年[[10月1日 (旧暦)|10月1日]]([[466年]][[10月25日]]))は、[[宋 (南朝)|南朝宋]]の[[皇族]]。廬陵王。孝武帝[[孝武帝 (南朝宋)|劉駿]]の二十一男。[[字]]は孝文。
 
== 経歴 ==
劉駿と楊婕妤のあいだの子として生まれた。はじめ晋熙王に封じられた。泰始元年([[465年]]([[泰始 (南朝宋)|泰始]]元年)12月、[[劉紹]]の後を嗣ぎ、廬陵王に封じられた。輔国将軍・南高平臨淮二郡太守に任じられたが、受けなかった。泰始2年([[466年]](泰始2年)10月、[[明帝 (南朝宋)|明帝]]に殺害された。
 
子はなく、桂陽王[[劉休範]]の次男の劉徳嗣が後を嗣いだ。
匿名利用者