「トーマス・フェルマーレン」の版間の差分

2019年7月27日、[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]の[[ヴィッセル神戸]]への加入が発表された<ref>{{Cite press release|url=https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16459.html|title=DFトーマス フェルマーレン選手が完全移籍加入のお知らせ|work=ヴィッセル神戸|date=2019-07-27|accessdate=2019-07-27}}</ref>。背番号は4番。8月10日の[[大分トリニータ]]戦でスタメンでJ1デビュー。翌年1月1日、天皇杯決勝・[[鹿島アントラーズ]]戦では先発フル出場し、チーム初のタイトル獲得に貢献した。
 
2020シーズンは、怪我の影響もありリーグ戦14試合のみの出場となったが、クラブ史上初の[[AFCチャンピオンズリーグ|ACL]]では6試合に出場し、クラブのベスト4進出に貢献した。
 
2021年5月15日、J1リーグ第14節の[[セレッソ大阪]]戦において後半アディショナルタイムに挙げたゴールが移籍後初ゴールとなった<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/soccer/news/202105150001462.html|title=神戸フェルマーレン執念のゴールを生み出した主将イニエスタ攻撃リズム|work=日刊スポーツ|date=2021-05-15|accessdate=2021-05-16}}</ref>。代表との兼ね合いもありリーグ戦23試合の出場となったが、ACL圏内で神戸のJ1最高順位となるリーグ3位に貢献。また、自身初となるJリーグ優秀選手賞に選出された<ref>[https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/19422.html 「2021Jリーグ優秀選手賞」受賞のお知らせ]ヴィッセル神戸 2021年12月5日</ref>。シーズン終了後に、神戸側は契約延長を望んだが、ワールドカップ出場を目指すためにヨーロッパでのプレーを望み<ref>[https://www.football-zone.net/archives/356344 神戸退団のフェルマーレン「最後のW杯を望んでいる」 去就の決断理由へ海外注目] football-zone 2021年12月15日</ref>12月13日契約満了で退団することを発表<ref>{{Cite web |url=https://www.nikkansports.com/soccer/news/202112130000487.html|title=神戸フェルマーレン、今季限りで退団「素晴らしい瞬間を共有」|publisher=日刊スポーツ|date=2021-12-13|accessdate=2021-12-14}}</ref>。
 
== 代表経歴 ==