「池田みち子」の版間の差分

ご存命の間に発行された書籍の奥付けなどでも1914年生まれとなっています。
(ご存命の間に発行された書籍の奥付けなどでも1914年生まれとなっています。)
'''池田みち子'''(いけだ みちこ、[[19101914]][[4月10日]] - [[2008年]][[1月7日]])は、[[京都府]]出身の日本の女性作家である。
 
== 人物 ==
[[日本大学]]芸術科卒。[[日本写真公社]]に勤務する傍ら『[[三田文学]]』などで小説を書き始め、1940年には「上海」で第11回[[芥川龍之介賞|芥川賞]]候補となった。戦後は作家専業となり、女の性を赤裸々に描いた1950年の「醜婦伝」で注目され、[[中間小説]]を多数執筆。「肉体派の風俗作家」と呼ばれる。1981年、『無縁仏』で[[平林たい子文学賞]]を受賞。82年の『生きる』は翌年、NHKの[[ドラマ人間模様]]でドラマ化された。
 
なお国会図書館では1914年生となっているが、97歳で死去したから1910年が正しい。
 
== 著書 ==