「団地妻 昼下りの情事」の版間の差分

加筆しました。
(→‎1971年版: 興行収入追加)
(加筆しました。)
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
『'''団地妻 昼下りの情事'''』(だんちづま・ひるさがりのじょうじ)は、[[1971年]](昭和46年)および[[2010年]](平成22年)に公開された[[日本映画]]。
 
==1971年版==
|次作=
}}
[[日活ロマンポルノ]]の第1作である。公開時、連日立ち見が出るほど反響を呼び、当時の金額でわずか750万円の制作費で1億円もの興行収入を叩き出したと言われる。[[主演]][[白川和子]]は、ほどなくして「ロマンポルノの女王」と称され、その後一部[[メディア]]では「白川は日活ロマンポルノの[[象徴]]となった」とも言われている<ref name=" 週刊ポスト20211203後編・白川和子 ">週刊ポスト 2021年12月3日号「日活ロマンポルノはニッポンの青春映画だ」後編より「ロマンポルノの女王・白川和子」p150-151</ref>。またそれまで[[映画監督|監督]]としていまひとつパッとしなかった[[西村昭五郎]]も、ロマンポルノで才能を見出され、その後、日活の顔として活躍{{Sfn|安田浩一|2019|p=57}}。[[団地妻]]はシリーズ化され、[[団鬼六]]原作の[[SM]]ものも手掛けるようになり、以降、西村は84作品のロマンポルノを撮った{{Sfn|安田浩一|2019|p=57}}
 
団地に暮らす平凡な[[主婦]]が日々の生活に欲求不満を募らせた挙句に[[浮気]]に走り、さらにそれを[[ネタ]][[売春|売春組織]]に引きずり込まれ破滅するまでを描く。
 
=== キャスト ===
;笠井律子 - [[白川和子]]
:都内近郊の[[団地]]に暮らす平凡な主婦。単調な生活や夫との性生活に不満を覚えている。
;笠井良平 - [[浜口竜哉]]
:律子の夫。課長昇進をかけて仕事に励んでいる。
|次作=
}}
2010年、日活ロマンポルノのリメイク版企画'''「ロマンポルノ・リターンズ」'''の一作としてリメイク版が上映された。1971年版の要素を踏まえつつも大胆に現代の「[[団地妻]]」を切り取る作品に変貌しており、ストーリーは大幅に異なる。
 
=== キャスト ===
 
== 関連項目 ==
*[[団地妻]]
*[[彼女について私が知っている二、三の事柄]] - 影響を受けた
*[[昼顔 (1967年の映画)]]
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=[[安田浩一]]|title=団地と移民 課題最先端「空間」の闘い|publisher=[[KADOKAWA]]|year=2019|month=3|isbn= 978-4041013885|ref={{sfnref|安田浩一|2019}}}}
 
== 外部リンク ==