「フリースタイル」の版間の差分

スポーツ分野で使われることが多く、その場合その競技の一種目(この場合たいていほかの種目にはある何らかの制約が解かれる)、または自由に自分の技術を表現する競技形態。自由形(自由型)ともいう。
 
*[[水泳]]では、[[自由形]]種目。泳法の規制がないので、通常最も速く泳げる[[クロール (泳法)|クロール]]で泳ぐ。
*[[スキー]]においては、[[フリースタイル・スキー]]([[モーグル]]、[[エアリアル]]、[[スキークロス]]、[[ハーフパイプ]]、[[スロープスタイル]]、[[ビッグエア]])の総称。
*[[スノーボード]]においては、フリースタイルボードにソフトブーツの道具、あるいはそれらの道具を使用するスタイル、あるいは主にその道具を使って行う競技(ハーフパイプ、スロープスタイル、ビッグエア)の総称。