「内藤清長」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
編集の要約なし
'''内藤 清長'''(ないとう きよなが、[[1565年]]没?)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の武将。[[内藤義清]]の子。[[内藤家長]]の父。[[内藤信成]]ので祖父に当たる。[[内藤正成]]の伯父。
 
[[三河国|三河]]の[[内藤氏]]は[[藤原秀郷]]又は[[藤原道長]]の末裔を称する内藤氏の一派であると自称するが、具体的な事跡が明らかになるのは清長の父の義清の代からである。清長は[[松平清康]]、[[松平広忠]]に仕え、戦において甥の正成ら一族とともに活躍し、特に弓の名手として知られていた。しかし、広忠の子の[[徳川家康|松平家康]]の時代、[[三河一向一揆]]との戦いにおいて主家から離反し、戦後蟄居を命ぜられまもなく没した。
 
子の家長は三河一向一揆戦において家康方にとどまったため、内藤氏の家名は存続し、[[江戸幕府]]の成立後には内藤氏は大名となった。また、清長は主君広忠の落し胤で、自分の娘が産んだとされる信成を養育し、養子としている(信成の母が清長の息女であったからとする説もある)。この信成の系統も江戸期に準々[[親藩]]の大名として存続している。
 
{{people-stub}}
匿名利用者