「パーサック川」の版間の差分

→‎概要: ラーマ6世ダム
m (表記揺らぎ)
(→‎概要: ラーマ6世ダム)
== 概要 ==
パーサック川は、タイ北部のペッチャブーン山脈に位置する[[ルーイ県]][[ダーンサーイ郡]]を水源にする。その後[[ペッチャブーン県]]、[[ロッブリー県]]を通過し、[[サラブリー県]]との県境にある[[パーサック・チョンラシットダム]]に到る。主流はそのまま[[アユタヤ県]]へ西流し、アユタヤ県北東部で[[ロッブリー川]]と合流した後でチャオプラヤー川に合流する。また一部は南の[[ランシット運河]]に引き込まれている。
 
1924年、タイ初の灌漑用[[ダム]]である<ref>{{cite web| url=https://go.ayutthaya.go.th/en/tourist-attraction/no-temple-touring/rama-vi-dam-phra-nakhon-si-ayutthaya-province/ | title=Rama VI Dam, Phra Nakhon Si Ayutthaya Province | publisher=Go Ayutthaya | language=en | date=2021-01-14 | accessdate=2021-12-24}}</ref><ref>{{Cite journal ja-jp|author=森田 敦郎, 小森 大輔, 川崎 昭如|year=2013|title=チャオプラヤ川の学際踏査研究 その3|url=https://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/65/4/65_491/_pdf/-char/ja|format=pdf|journal=生産研究|volume=65|doi=10.11188/seisankenkyu.65.491}}</ref>ラーマ6世ダムが[[タールア郡]]に完成した。これにより、同ダムより南に延びるラピパット用水路を経由してランシット運河への効率的な導流が可能になった。
 
1994年から開始された「パーサック川流域開発計画」によって、1998年ロッブリー県パッタナーニコム郡とサラブリー県ワンムワン郡の間にパーサック・チョンラシットダムが建設された。<ref>[http://kanchanapisek.or.th/kp4/book343/embank.htm 「パーサック・チョンラシットダム」Kanchanapisek Network] 2008年1月2日</ref>