「京王プラザホテル」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 条件の上限に達しました
m編集の要約なし
|本社郵便番号 = 160-8330
|本社所在地 = [[東京都]][[新宿区]][[西新宿]]2丁目2番1号
|代表者 = 山本護若林克昌([[代表取締役]][[社長]])
|資本金 = 1億円
|設立 = [[1969年]][[4月10日]]
|純資産 = ▲41億7500万円(2021年03月31日時点)<ref name="fy" />
|総資産 = 34億1300万円(2021年03月31日時点)<ref name="fy" />
|従業員数 = 9641,026(2018(2021年4月現在)
|関係する人物 = [[志村康洋]](元社長)
|外部リンク = https://www.keioplaza.co.jp/
== 概要 ==
=== 京王プラザホテル ===
[[1968年]]11(昭和43年)11月、[[京王帝都電鉄]](現:京王電鉄)は、「新宿副都心建設計画」に基づき、[[西新宿]]の[[淀橋浄水場]]跡地に造成された新都心6号地に超高層ホテルを建設することを発表。翌年4月10日、運営会社となる京王プラザホテルを設立した後、ホテル建設に着手し、2年7か月の工期を経て、[[1971年]][[6(昭和46年)6月5日]]に開業した<ref>『京王電鉄五十年史』p.85</ref>。
 
京王プラザホテルは、西新宿の[[日本超高層建築物|超高層ビル]]の先駆け的存在あるととも一番最初建設され、当時としては世界一の超高層ホテルとして建設された。また、現在超高層ビル街となっいる西新宿で一番最初に建設された超高層ビルである京王帝都電鉄がホテル建設を計画された時、新宿は国際ホテルに適さないと危惧されたが、開業5年目には黒字を計上し、[[1980年]][[11(昭和55年)11月1日]]には地上35階・地下3階の南館を開業している<ref>『京王電鉄五十年史』p.86</ref>。
 
高さは本館が178メートル、南館が138メートル。客室総数14381,438の巨艦ホテルである。[[帝国ホテル|帝国1974年]](昭和49年)に[[新宿住友ビル]]に抜かれるまでは、日本で最も高い超高層ビルであった。その後もホテルオークラ|オークラ]]・単体の建物としての高さは長らく日本一の座を誇っていたが、[[ニューオータニ1993年]](平成5年)の[[御三家|旧御三家幕張]]や、[[ハイアットホテルアンドゾーツ|ハイアット]]・[[フォーシーズホテル|フォーシーズンズ]](現:[[スターウッド・アパホテル&リゾート|ウェスティン東京ベイ幕張]][[御三家|新御三家]]とは完成により、日本の座画し譲っ営業を行う
 
最上階の47階は有料の展望台として一般に公開されていたが、現在はカラオケフォーティーセブンが営業している。なお、メインエントランスは3階で、[[新宿駅西口地下広場]]への通路につながるエントランスは2階になる。
[[2008年]][[11月21日]]、「[[ミシュランガイド]]東京日本語版2009」の「快適なホテル格付け順」で、「黒い家マーク3つ」を獲得した。
 
1971年の開業後、[[1974年]]に[[新宿住友ビル]]に抜かれるまでは、日本で最も高い[[日本の超高層建築物|超高層ビル]]であった。その後もホテル単体の建物としての高さは長らく日本一の座を誇っていたが、[[1993年]]の[[幕張]][[プリンスホテル]](現:[[アパホテル&リゾート東京ベイ幕張]])の完成により、日本一の座を譲った。最上階の47階は有料の展望台として一般に公開されていたが、現在はカラオケフォーティーセブンとなっている。なお、メインエントランスは3階で、[[新宿駅西口地下広場]]への通路につながるエントランスは2階になる。
 
その高さを利用して[[在日米軍]]が[[横田飛行場]]・[[赤坂プレスセンター]]・安立会館([[アンリツ]]の施設。[[防衛施設庁]]が借り上げ在日米軍に提供されている<ref>[http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/098/syuh/s098018.htm 質問主意書](参議院HP)</ref>)の3か所をネットワーク化する際の無線中継所設置を計画したことがあり、“民間施設の軍事転用を狙うもの”として問題になった(計画は後に撤回された)<ref>[http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/102/syuh/s102005.htm 質問主意書](参議院HP)</ref>。
 
[[帝国ホテル|帝国]]・[[ホテルオークラ|オークラ]]・[[ニューオータニ]]の[[御三家|旧御三家]]や、[[ハイアットホテルアンドリゾーツ|ハイアット]]・[[フォーシーズンズホテル|フォーシーズンズ]]・[[スターウッド・ホテル&リゾート|ウェスティン]]の[[御三家|新御三家]]とは一線を画した営業を行う。[[2008年]](平成20年)11月21日、「[[ミシュランガイド]]東京日本語版2009」の「快適なホテル格付け順」で、「黒い家マーク3つ」を獲得した。
グループホテルを[[多摩地区]]に2か所のほか、子会社の運営によって札幌にも展開する。なお、親会社の[[京王電鉄]]は、[[2002年]]から低価格ビジネスホテルチェーンとして「'''[[京王プレッソイン]]'''」、[[2018年]]からは宿泊特化型アッパーミドルホテルとして「'''京王プレリアホテル'''」を展開しているが、京王プラザホテルチェーンとは別に運営されている<ref>{{cite news |title=札幌駅前にホテル開業 京王、新ブランドの2号店を19年夏に|author= |agency=|publisher=日本経済新聞 |date=2017-05-09|url=https://r.nikkei.com/article/DGXLZO16101910Y7A500C1L41000|accessdate=2019-02-03}}</ref>。
 
グループホテルを[[多摩地区]]に2か所のほか、子会社の運営によって札幌にも展開する。なお、親会社の[[京王電鉄]]は、[[2002年]](平成14年)から低価格ビジネスホテルチェーンとして「'''[[京王プレッソイン]]'''」、[[2018年]](平成30年)からは宿泊特化型アッパーミドルホテルとして「'''京王プレリアホテル'''」を展開しているが、京王プラザホテルチェーンとは別に運営されている<ref>{{cite news |title=札幌駅前にホテル開業 京王、新ブランドの2号店を19年夏に|author= |agency=|publishernewspaper=日本経済新聞 |date=2017-05-09|url=https://r.nikkei.com/article/DGXLZO16101910Y7A500C1L41000|accessdate=2019-02-03}}</ref>。
 
=== グループホテル ===
* '''[[京王プラザホテル札幌]]''' ([[北海道]][[札幌市]])
** [[1982年]]5(昭和57年)5月16日開業。京王電鉄の子会社<!-- 京王プラザホテル札幌は、京王電鉄が直接所有。京王プラザホテルの子会社ではない。-->である[[京王プラザホテル札幌|株式会社京王プラザホテル札幌]]の運営。
* '''京王プラザホテル多摩''' ([[東京都]][[多摩市]])
** [[1990年]]4(平成2年)4月28日開業<ref>{{Cite news |title=4番目の京王プラザホテル 東京・多摩にオープン |newspaper=[[交通新聞]] |publisher=交通新聞社 |date=1990-05-08 |page=1 }}</ref>。[[多摩ニュータウン]]の中心地区である[[多摩センター駅|京王多摩センター駅]]前に立地し、[[1996年]]3(平成8年)3月20日には西館開業した。しかし営業継続には大幅な改修が必要であるほか、[[コロナ禍と老朽化で]]のによる利用客の減少もあり、[[2023年1]](令和5年)1月15日で閉館予定する<ref>{{cite news |title=多摩地域のビジネス・観光拠点「京王プラザホテル多摩」、23年1月に営業終了 |author= |agency=|newspaper=読売新聞オンライン |date=2021-12-22|url=https://www.yomiuri.co.jp/economy/20211222-OYT1T50089/|accessdate=2021-12-25}}</ref>
* '''京王プラザホテル八王子''' (東京都[[八王子市]])
** [[1994年]]9(平成6年)9月9日開業。[[東日本旅客鉄道|JR]][[八王子駅]]前に立地しており、[[京王八王子駅]]からはやや離れている。このホテルが建設された土地は、[[京王線]]の国鉄八王子駅乗り入れ計画用に確保されていたもので、乗り入れ計画断念後は、[[1960年]](昭和35年)から[[1992年]](平成4年)まで[[京王電鉄|京王帝都電鉄自動車事業部]](現 [[京王電鉄バス]])[[京王電鉄バス八王子営業所|八王子営業所]]として使用されていた。
* '''[[京王プラザホテル札幌]]''' ([[北海道]][[札幌市]])
** [[1982年]]5月16日開業。京王電鉄の子会社<!-- 京王プラザホテル札幌は、京王電鉄が直接所有。京王プラザホテルの子会社ではない。-->である[[京王プラザホテル札幌|株式会社京王プラザホテル札幌]]の運営。
 
==== かつて運営していたホテル ====
* '''京王プラザホテル高松''' ([[香川県]][[高松市]])
** 旧 高松プレジデントホテルの運営を引き継いで、[[1976年]]7(昭和51年)7月1日開業。[[1996年]](平成8年)に閉館し、[[東横イン]]高松中新町となったが、[[2016年]][[6(平成28年)6月30日]]に閉館。
 
=== 会社概要 ===
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==