「HARUMI FLAG」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
東京2020大会で建物は選手村施設に活用され、高層階は選手が宿泊施設、低層階は各国の[[国内オリンピック委員会|NOC]]/NPCがオフィスとして利用を計画<ref name="s" />。大会後に内装工事を施し、[[2023年]](令和5年)3月から入居が始まる予定だった<ref name="yomiuri20200623">「選手村マンション 入居遅れ 1年程度、契約者へ連絡」『読売新聞』27頁 2020年6月23日</ref>。しかし、[[新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)|新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行]]によって、開催は[[2021年]](令和3年)7月 - 9月に延期。これに伴って入居等のスケジュールも1年間の順延が生じた。
 
全棟が完成すると総戸数5,632戸(うち分譲4,145戸)、約1万2000人の暮らす街となり<ref>[https://www.mitsuifudosan.co.jp/press/download/harumi_factbook.pdf HARUMI FLAGファクトブック]</ref>、分譲マンションとしては[[大規模マンション|国内最大の住戸数]]になる。すでに940戸は販売を終え、開催延期で休止となった販売は、2021年11月に再開された<ref name="y" /><ref>{{cite news |title=不動産ニュース 「HARUMI FLAG」、11月販売の全631戸に申し込み|author= |agency=|newspaper=不動産流通研究所|date=2021-12-02|url=https://www.re-port.net/article/news/0000067585/|accessdate=2021-12-28}}</ref>。入居は[[2024年]](令和6年)3月下旬以降となる見込みである<ref name="y">「選手村マンション販売再開へ ハルミフラッグ 11月中旬から再開」『読売新聞』9頁 2021年6月26日</ref>。
 
総工費は約540億円(特定建築者の整備費を除く)<ref>[https://www.toshiseibi.metro.tokyo.lg.jp/daiichiseibi/chiku/harumigo/index.html 晴海五丁目西地区(選手村の整備)]</ref>。