「イドリースィー」の版間の差分

和訳題名を「諸地方を旅行したいと願う人の気晴らしの書」(専門学者である榎一雄 の文)に置換し、リンク切れのウェブ典拠はarchive-urlを貼る.
(和訳題名を「諸地方を旅行したいと願う人の気晴らしの書」(専門学者である榎一雄 の文)に置換し、リンク切れのウェブ典拠はarchive-urlを貼る.)
[[画像:Al-Idrisi's world map.JPG|thumb|right|240px|イドリースィー1154年製作の世界地図。上が南方向となっている。]]
'''ムハンマド・アル=イドリースィー'''([[アラビア語]]: أبو عبد الله محمد الإدريسي; 、Abū 'Abd Allāh Muhammad al-Idrīsī、'''イドリーシー'''。[[1099年]]/[[1100年]]?-[[1165年]]/[[1166年]]/[[1180年]]?)は、中世に活躍した[[アラブ人]]の[[地図学]]者・[[地理学]]者でもあり、史上初めて正確な世界地図を作成した。
 
'''イドリーシー'''、'''イドリーシ'''また'''エドリーシ'''、'''エドリーシー'''(Edrisi)とも表記される。
 
==生涯==
[[File:TabulaRogeriana.jpg|thumb|300px| [[タブラ・ロジェリアナ]],は[[ルッジェーロ2世]]の為に1154年にイドリースィーによって描かれた。古代の世界地図の中でももっとも先進的なものの一つである。現在に残るものは、オリジナルの地図を見開き70葉(140頁)にまとめたもの<br />''(地図の下が北)'']]
 
[[ムラービト朝]]治世下にあった[[アフリカ]]北部の[[セウタ]](現在は[[モロッコ]]内[[スペイン]]領の飛び地)で生まれ、[[コルドバ (スペイン)|コルドバ]]で勉学に勤しみ、[[アンダルス]]や北アフリカの各地を旅した<ref name="Yamagata">{{cite web|url=http://www16.plala.or.jp/africanhistory/viewers.htm |title=世界周辺世界からの観察・訪問・記録 |publisherauthor=山形茂生 |work=アフリカ史ノート |date=2004年1月 23日|accessdate=2008-06-06 |archive-url=https://web.archive.org/web/20070908163343/http://www16.plala.or.jp/africanhistory/viewers.htm |archive-date=2007-09-08}}</ref>後に[[ルッジェーロ2世]]統治時の[[シチリア]]に招かれた。彼の死地は生誕地でもあったセウタだと言われている。今日まで伝わる学問的な業績とは裏腹に、イドリースィー個人の事績はキリスト教徒の側にもムスリムの側にもあまり伝わっておらず、正確な生没年すらわかっていない。例えば、ルッジェーロ2世の死後に息子の[[グリエルモ1世]]に仕えたのかについてさえ、諸説あって明確にわかってはいない。
 
彼は「イドリースィー」というクンヤ(出身名)が示す通り、[[マグリブ]]の地方政権であった[[イドリース朝]]([[789年]] - [[985年]])の末裔のひとりで、すなわち[[預言者]][[ムハンマド]]の子孫であるためアル=シャリーフ・アル=イドリースィー al-Sharīf al-Idrīsī とも呼ばれる(イドリース朝は[[正統カリフ]]・[[アリー・イブン・アビー=ターリブ|アリー]]とムハンマドの娘[[ファーティマ]]との息子[[ハサン・イブン・アリー|ハサン]]の曾孫であるイドリースを始祖とする。またシャリーフとは[[サイイド]]と同じく預言者ムハンマドの子孫を指す尊称のひとつ)。
 
イドリースィーがアジア・アフリカ・ヨーロッパ域を網羅する初めて正確な世界地図『lawh al-tarsim』(「線描画の板」の意)を描いたのは、1154年、ルッジェーロ2世の宮廷で18年間に渡って作成した図解と説明を纏めたものだった。彼の地図は『Tabula Rogeriana([[タブラ・ロジェリアーナ]])』、解説本は『Geografia地理書(Geografia)』と呼ばれ、これらを合わせて『 نزهة المشتاق في اختراق الآفاق Nuzhat al-mushtāq fī ikhtirāq al-āfāq』(「諸地方を旅行したいと願う人の気晴らしの書」{{sfnp|榎|1992|p=322}}{{efn2|または「世界横断を望むものの慰みの書」<ref name="Yamagata" />}})という名がルッジェーロ2世によってつけられた。ただ、イドリースィー本人はこれを『Kitābルージャールの書 Rujār』または(Kitāb Rujār、または Kitāb al-Rujārī』(「ルッジェーロの書」の意)と呼んだ{{sfnp|榎|1992|p=322}}
 
『Nuzhat al-mushtāq fī ikhtirāq al-āfāq』はイドリースィー自身が踏破し調査を行なった地域を70枚以上の地図上に説明し、当時の地政学および社会学的知見についての概説を加えている。一方『Kharitat al-'alam al-ma'mour min al-ard』(「Map of the inhabited regions of the earth」)では地球を[[赤道]]から[[北緯23度線|北緯23度]]までの領域を1番目とし、続けて合計7つに分けている。この7番目に当たる[[北緯54度線|北緯54度]]から[[北緯63度線|63度]]までは寒冷と降雪を理由に居住不可能な領域と定めている。また、400kgの[[銀|純銀]]を用い地球全体を網羅する地図を作成したと言われている。そこには7つの大陸と通商用の航路、湖や河川、主要な都市、平原や山が描写されてい。<ref name="al">{{cite web|url=http://www.islamonline.com/news/newsfull.php?newid=854|title=Al Idrisi|publisher=ISLAM ONLINE|accessdate=2008-06-06}}</ref>。<!--要出典として残る部分In his ''Geography'', he even described the large seafaring Chinese junks of the Song Dynasty, the ports of call they came to in the [[Indian Ocean]], and the usual goods aboard their ships.  彼のこの「地図」には北宋のジャンク船の航路、交易を目的としたインド洋沿岸の港までをも網羅した。-->
[[地理情報システム]](GIS)のひとつ、アメリカのクラーク大学開発のソフトウェアには、「Idrisi」の名称がつけられている。
 
== ==
{{Reflist|group="注"}}
 
==出典==
;脚注
{{Reflist}}
 
==関連;参照文献==
* {{citation|和書|last=榎 |first=一雄 |authorlink=榎一雄 |title=アル=イドリースィー校訂本 |work=著作集|volume=3 |publisher=汲古書院 |date=1992 |url=hhttps://books.google.com/books?id=cFQnAAAAMAAJ&q=イドリースィー |pages=320-335}}
{{No footnotes|date=2021年12月|section=1}}
* 佐藤健太郎「イドリースィー」『岩波イスラーム辞典』収録、147頁([[岩波書店]], 2002年2月)
* [[高山博]]「イドリーシー」『新イスラム事典』収録、114頁([[平凡社]], 2002年3月)