「ノーベル文学賞」の版間の差分

m
Cewbot (会話) による版を Kanashimi による版へ巻き戻し
タグ: 手動差し戻し 差し戻し済み
m (Cewbot (会話) による版を Kanashimi による版へ巻き戻し)
タグ: 巻き戻し
 
== セクハラ問題 ==
[[#MeToo|#MeTooMeToo]]運動が世界に広がった2017年、ノーベル文学賞の選考機関である[[スウェーデン・アカデミー]]の女性会員の夫が、複数の女性に[[性的暴行]]を加えていたとの疑惑が報道された。また当該人物が[[ヴィスワヴァ・シンボルスカ]]、[[エルフリーデ・イェリネク]]、[[ハロルド・ピンター]]、[[パトリック・モディアノ]]など計7名受賞者の名前を事前に漏洩していた事実も判明し<ref>「ノーベル文学賞が消えた日」p.243-244</ref>、アカデミーは混乱に陥り、2018年の同賞の選考を見送ることを発表した<ref name="asahi20180504">{{Cite news|url=https://www.asahi.com/articles/ASL536X03L53UHBI019.html |title=ノーベル文学賞、今年の選考見送り レイプ疑惑で混乱 |author=下司佳代子 |date=2018-05-04 |newspaper=朝日新聞 |accessdate=2018-05-04}}</ref><ref name="mainichi20180505">{{Cite news|author=矢野純一|title= ノーベル賞 文学賞選考延期 セクハラ・情報漏えい疑惑で|url=https://mainichi.jp/articles/20180504/k00/00e/040/216000c|date=2018-05-04|newspaper=毎日新聞|accessdate=2018-05-05}}</ref>。
 
この発表見送りに対してスウェーデンの文学関係者による市民団体「ニュー・アカデミー」は2018年の1回限りとなる代替賞「[[ニュー・アカデミー文学賞]]」を創設。[[マリーズ・コンデ]]([[フランスの海外県・海外領土|フランス海外県]])へ授賞する事が10月12日に発表された<ref name="nikkei181012">{{Cite news|title=今年限りの文学賞にカリブの女性作家 スウェーデン|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36439750S8A011C1CR8000/|date=2018-10-12|newspaper=日本経済新聞|accessdate=2018-10-12}}</ref>。この賞はショートリスト4名が公表され、コンデの他に、[[ニール・ゲイマン]](イギリス)、{{仮リンク|キム・トゥイ|en|Kim Thúy}}(ベトナム)、[[村上春樹]](日本)が候補に入ったが、村上は選考時点で自ら辞退を申し出た<ref>{{Cite web | date=2018-09-16 | url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35439520W8A910C1000000/ | title=村上春樹さん、文学賞候補を辞退 ノーベル賞代わり | publisher=日本経済新聞 | accessdate=2018-10-16}}</ref>。{{Main|ノーベル文学賞受賞者の一覧}}