「アルミラージ」の版間の差分

既存出典(Ettinghausen書, Melville編→Moor著論文)ですり合わせ.写本絵の描写につき詳述.画像+(464写本). 学術出典なし眉唾記述を削除(魔女、2フィートのらせん状の角).
m (赤リンク解消)
(既存出典(Ettinghausen書, Melville編→Moor著論文)ですり合わせ.写本絵の描写につき詳述.画像+(464写本). 学術出典なし眉唾記述を削除(魔女、2フィートのらせん状の角).)
[[ファイル:AncientQazwini-Bordeaux-ms1130-fol54r Al-Mir'aj depictionrabbit.jpg|thumb|right|300px|アルミラージ([[13世紀]]、"一本の黒い角をもつ兎のような黄色い獣"<ref name="wiedemann"/>{{right|{{small|— [[ザカリーヤー・カズウィーニー|ザカリーヤ・イブン・ムハンマド・アルカズヴィーニー]]著の宇宙誌。ボルドー市立図書館蔵本。1565年の写本<ref name="bordeaux"/>。}}}}]]
'''アルミラージ'''または'''アル=ミラージ'''([[アラビア語]]: المعراج ''al-mi'raj'')は、角の生えた[[ウサギ]]に似た動物。[[インド洋]]に浮かぶとされる島、ジャジラト・アル=ティニン島(Jazirat al-Tinnin)に棲息すると言われる。その名前は、[[ムハンマド]]が[[昇天の書|昇天する際に通った天への道]]と同じ名前である。
 
== 概要 ==
[[File:Al-miraj and Serpent.png|thumb|464x464px|竜(''上'')が食らっている肉塊は硫黄詰めの牛<ref>{{harvp|Moor|2012|p=269}} and note 9</ref>。</br>有角のノウサギ (中央){{right|{{small|— カズヴィーニー宇宙誌の最古本。[[バイエルン州立図書館]]所蔵本。arab. 464写本、第63葉。1279/1280年あるいは1377年製作。}}<ref name=bayerische_staatsbibiothek/><ref name=bayerische_staatsbibiothek-LOCdata />{{Refn|group="注"|写本の完成は、著者の晩年の1280年<ref name=bayerische_staatsbibiothek-LOCdata /> (あるいは1279年)との鑑定もあるが<ref name=bayerische_staatsbibiothek/>、1377年との説もある<ref name=bayerische_staatsbibiothek/>}}。}}]]
アルミラージは13世紀の[[アラブ]]、[[ペルシア]]世界の学者、[[ザカリーヤー・カズウィーニー|ザカリーヤ・イブン・ムハンマド・アルカズヴィーニー]](1203–1283)の記した[[宇宙誌]]『被造物の驚異』にて[[アレクサンドロス3世|イスカンダル(アレクサンドロス3世)]]が、インド洋上のジャジラト・アル=ティニン島([[竜]]の島の意)を訪れたときのエピソードとともに紹介されている{{Sfn|Melville|2012|p<ref name=269}}{{Sfn|Ettinghausen|1950|p"moor"/><ref name=66}}"ettinghausen"/>
 
:島にはかつて恐ろしい竜が住み着いて以来おり竜は[放っておくと]島民たちの家屋や財産を破壊するので、そうならないよう餌用対して2頭の牛を要求し供物にささげていた。イスカンダルは島島を訪れ到着すと、島民は竜の訴え退治してくれ聞き、あよう奸計と懇願するよって竜退治の手助けをおこなったイスカンダルはすなわち牡牛を2頭用意させ、その牛の毛皮をはいで[[硫黄]]と[[釣り針|かぎ針]]を詰め込んだませた竜がいざ竜が牛を飲み込もうとする瞬間になるとがつけられ竜はそのまま硫黄とかぎ針の詰め込まれ鉤が体に突きささっ牛を飲み込。死んだ。後に竜を島民たちが竜が死んでいることを確認は発見し、感謝の印としてイスカンダルに贈り物をした。それが[一本の]黒い角をもった黄色い野うさぎであった<ref name="moor"/>{{Refn|group="注"|以上ビルは・ムーアによる要約「アル=ミラージ」等の動物名はみえない。要約は2本の底本に基づく。ひとつは[[ワシントンD.C.]]市[[フリーア美術館]]蔵本(FGA 54写本 第61葉表)で、これは{{Sfn仮リンク|Melvilleフリードリヒ・ザーレ|2012en|pFriedrich Sarre|label=269ザーレ家}}旧蔵本に同じである<ref name=badiee/>。もうひとつはサンクトペテルブルク市{{仮リンク|ロシア科学アカデミー東洋古文書研究所|en|Institute of Oriental Manuscripts of the Russian Academy of Sciences|label=東洋古文書研究所}}蔵本(D370写本、第64葉表、西暦1580年/ヒジュラ歴988年作)。}}。
 
上には特定の獣名はみえないが、刊行された稿本にはアル=ミラージと見え、また、あらゆる動物達はアル=ミラージを恐れ、それを一目見ると逃げだすと記述される<ref>{{harvp|Ettinghausen|1950|p=66}}、注29。ヴュステンフェルト編本({{harvp||Wüstenfeld ed.|1849|loc='''1''': 13}} )及びエテドイツ訳({{harvp|Ethé tr.|1868|p=230}})に拠る。{{仮リンク|ダミーリー|en|Al-Damiri}}「動物誌」のカイロ版本(へジュラ歴1319年)も参照している。</ref>。この特徴は、アラブ文献に登場する別の一角獣{{仮リンク|カルカダン|en|Karkadann}}と共通している点だと指摘される{{sfnp|Ettinghausen|1950|p=66}}。
概ね上記のように描写されるが『被造物の驚異』は当時人気を博し、数多くの写本が作られたためにアルミラージの描写、イラストともに様々なバリエーションが存在する{{Sfn|Melville|2012|p=269}}{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=67}}{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=271}}。以下に一部を紹介する。
 
概ね上記のように描写されるが『被造物の驚異』は当時人気を博し、数多くの写本が作られたためにアルミラージの描写、イラストともに様々なバリエーションが存在する{{Sfn|Melville|2012|p=269}}{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=67}}{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=271}}。以下に一部を紹介する。
:体格は普通のウサギよりやや大きめで、黄色{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=66}}または金色{{Sfn|Melville|2012|p=270}}の体毛に覆われている。最大の特徴は、額から隆起する黒い{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=66}}螺旋状の角であり、その長さは2フィートにも及ぶ。かわいらしい外見とは裏腹に非常に獰猛な肉食獣であり、自分より体格の大きい獣や人間までも、額の鋭い角で刺し殺して食べてしまう。食欲も旺盛で、自分の何倍もの大きさのある獲物を軽々と平らげる。そのため島の動物達はアルミラージを恐れ、常にその存在に怯え逃げ回っている{{Sfn|Ettinghausen|1950|p=66}}。
例えばザーレ家旧蔵本(現・フリーア美術館蔵本)の絵は文章に忠実な角兎に描かれているが、ベルリン本{{efn2|ベルリン市{{仮リンク|イスラム美術館 (ベルリン)|de|Museum für Islamische Kunst (Berlin)|label=イスラム美術館}}(元[[ベルリン美術館]]イスラム館)蔵本。}}の絵は雑で"どちらかというと獰猛な犬に似た合成獣"に描かれているとされる<ref name="ettinghausen"/>。最古写本では{{efn2|同じ紙面に角兎も描れているが、ムーアが解説していない。}}竜は肉塊のようなものを食らっている描写である{{sfnp|Moor|2012|p=269}}。
 
:島に住む人間達にとっても、アルミラージは、人間達自身や、彼らが飼育している家畜を襲うので恐怖の対象であった。そのため、アルミラージが出現したという風聞が発せられるやいなや、島の住民たちはアルミラージを駆逐するために[[魔女]]に依頼をすることになる。真に魔術の心得のある魔女は獰猛なアルミラージを手懐けて無力化することが出来るので、普通の人間でも危険を犯さずアルミラージを追い払えるようになる。
 
== 起源 ==
アルミラージの由来となったのは皮膚病に感染したウサギだという。皮膚病を伝染させる[[ウイルス]]に感染したウサギは額に[[腫瘍]]が発生し、赤く膨れて隆起する。隆起、膨張した額の腫瘍はまるで角が生えているような錯覚を見せ、またおどろおどろしさを醸成する。そこから猛獣アルミラージの伝説が生まれていったと言われる。
 
== 注釈 ==
{{notelist2}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}|30em|refs=
<ref name=badiee>{{cite journal|last=Badiee |first=Julie |author-link=<!--Julie Badiee-->|title=The Sarre Qazwīnī: An Early Aq Qoyunlu Manuscript? |journal=Ars Orientalis |volume=14 |date=1984 |url=https://books.google.com/books?id=5R7v9726QlMC&q=%22Miraculous+Hare%22 |pages=93, endnote 4<!--97–113--> |jstor=4629331}}</ref>
 
<ref name="bayerische_staatsbibiothek">{{Cite web|url=https://www.digitale-sammlungen.de/en/view/bsb00045957?page=130 |title=Qazwīnī, Zakarīyā Ibn-Muḥammad al-: Kitāb ʿAǧāʾib al-maḫlūqāt wa-ġarāʾib al-mauǧūdāt |last=Qazwini |first=Zakariya Ibn Muhammad |website=Münchener DigitalisierungsZentrum Digitale Biliothek |date=1279–1377|page=63r |accessdate=2021-12-31}}</ref>
== 参考文献 ==
* {{Citation
| last = Ettinghausen
| first = Richard
| others =
| authorlink=
| title = Studies in Muslim Iconography I. THE UNICORN
| publisher = Smithsonian Institution
| year = 1950
| isbn=
}}
 
<ref name="bayerische_staatsbibiothek-LOCdata">{{Cite web|url=https://www.wdl.org/en/item/8962/ |title=The Wonders of Creation |last=Qazwini |first=Zakariya Ibn Muhammad |website=Library of Congress |date=1260–1280|pages=131|accessdate=2021-12-31}}</ref>
* {{Citation
 
| last = Melville
<ref name="bordeaux">{{Cite web|url=https://bibliotheque.bordeaux.fr/in/imageReader.xhtml?id=h::BordeauxBNSA_1256&pageIndex=106 |title=Les merveilles de la création et les curiosités des choses existantes. Traité de cosmographie et d'histoire naturelle de Qazwînî (Ms 1130) |last=Qazwini |first=Zakariya Ibn Muhammad |website=Bibliothèque municipale de Bordeaux |date=1565 |page=54r|accessdate=2021-12-31}}</ref>
| first = Charles
 
| others = Gabrielle van den Berg
<ref name="ettinghausen">{{cite book|last=Ettinghausen |first=Richard |authorlink=:en:Richard Ettinghausen |others= |title=The Unicorn |location=Washington, D.C. |publisher=Smithsonian Institution |year=1950 |url=http://www.rhinoresourcecenter.com/pdf_files/131/1311808615.pdf?view |pages=66–67, Plate 44<!--PDF版では 270ページ目だが、紙面にそうとは印刷されていない--> |series=Freer Gallery of Art occasional papers. vol. 1. no. 3 / Studies in Muslim Iconography I |isbn=9781258518929}} [https://asia.si.edu/wp-content/uploads/2017/06/ettinghausen-unicorn.pdf 全画像ファイル]@スミスソニアン<!--スミスソニアン asia.si.edu のファイルはバイト数が大きくロードが重いが、検索もでき、また画像部も含む。--><!--https://books.google.com/books?id=qB_6u0Zz-AQC&q=%22yellow+hare+%22 --></ref>
| authorlink=
 
| title = Shahnama Studies II: The Reception of Firdausi’s Shahnama
<ref name=moor>{{harvp|Moor|2012|p=269}} and note 8</ref>
| publisher = BRILL
 
| year = 2012
<ref name="wiedemann">{{cite web|last=Wiedemann |first=Michel |authorlink=<!--Michel Wiedemann--> |others=Claude Saint-Girons |title=Les lièvres cornus, une famille d'animaux fantastiques |date=28 March 2009 |url=http://symposium.over-blog.fr/article-29574343.html |access-date=2021-12-28 |accessdate=2021-12-31|lang=fr}}</ref>
| isbn= 9789004211278
}}
 
== ;参考文献 ==
{{refbegin}}
* {{cite book|last=Moor|first=Bilha |author-link=<!--Bilha Moor--> |title=''Shahnama'' Kings and Heroes in 'Aja'ib al-Makhluqat Illustrated Manuscripts |editor1-last=Melville |editor1-first=Charles |editor1-link=:en:Charles P. Melville |editor2-last=van den Berg |editor2-first=Gabrielle |editor2-link=<!--Gabrielle van den Berg--> |work=Shahnama Studies II: The Reception of Firdausi’s Shahnama |location= |publisher=BRILL |year=2012 |url=https://books.google.com/books?id=WGvWp5XDuikC&pg=PA269 |pages=269–270; Fig. 6 (p. 278); Fig. 1 (Plate 23) |isbn=<!--9004211276, -->9789004211278}}
 
* {{cite book|ref={{SfnRef|Ethé tr.|1868}}|last=al-Qazwīnī |first=Zakariyyā ibn Muḥammad ibn Maḥmūd |others=Ethé, Hermann (trans.) |title=Die Wunder der Schöpfung: Nach der Wüstenfeldschen Textausgabe, mit Benutzung und Beifügung der Reichhaltigen Anmerkungen und erbesserungen des Herrn Prof. Dr. Fleischer |volume=1 |place=Leipzig |publisher=Fues’s Verlag |year=1868 |url=https://books.google.com/books?id=qyc-AAAAcAAJ&pg=PA230 |pages=230–231}} {{in lang|de}}
 
* {{cite book|ref={{SfnRef|Wüstenfeld ed.|1849}}|last=al-Qazwīnī |first=Zakariyyā ibn Muḥammad ibn Maḥmūd |editor-last=Wüstenfeld |editor-first=Ferdinand |editor-link=:en:Ferdinand Wüstenfeld |title=Zakarija ben Muhammed ben Mahmud el- Cazwini's Kosmographie |location=Göttingen |publisher=Dieterich |date=1848–1849 |url=https://books.google.com/books?id=WGvWp5XDuikC&pg=PA269 |pages=269–270; Fig. 6 (p. 278); Fig. 1 (Plate 23) |isbn=<!--9004211276, -->9789004211278}}
 
{{節stub|1=脚注形式での出典の明記|date=2015年10月10日 (土) 13:26 (UTC)}}
* {{Cite book |和書 |author=幻獣ドットコム |title=図説幻獣辞典 |publisher=[[幻冬舎コミックス]] |date=2008-02 |page=47 |isbn=978-4-344-81173-7 }}
 
{{refend}}
== 関連項目 ==
* [[ジャッカロープ]]