「ソビエト連邦への郷愁」の版間の差分

プーチン政権による政策の影響を追記
(プーチン政権による政策の影響を追記)
[[ファイル:День_Победы_в_Армении_02.jpg|サムネイル| 2018年5月9日、[[ナチス・ドイツ]]に対するソビエトの勝利を祝う[[アルメニア|アルメニア人]]]]
[[ファイル:2016_Immortal_Regiment_in_Saint_Petersburg_(096).jpg|サムネイル|[[独ソ戦|大祖国戦争]]で戦った先祖の肖像画を持った[[不滅の連隊]]の[[サンクトペテルブルク]]の人々。]]
[[ファイル:Stamps_of_Azerbaijan,_2010-903.jpg|サムネイル|254x254ピクセル|[[アゼルバイジャン]]の切手2010年、ヨーロッパでのソビエトの勝利の65周年を記念して発行された。]]
'''ソビエト連邦への郷愁'''<ref>[http://www.businessinsider.com/why-russia-backs-the-eurasian-union-2014-8 "Why Russia Backs The Eurasian Union"]. ''Business Insider'' (from ''[[The Economist]]''). August 22, 2014. "Often seen as an artefact of Vladimir Putin's nostalgia for the Soviet Union, the [[Eurasian Union]] has been largely ignored in the West."</ref> (ソビエトれんぽうへのきょうしゅう、{{Lang-ru-short|ностальгия по СССР}}) または'''ソビエト・ノスタルジア'''<ref>
Nikitin, V. [https://web.archive.org/web/20150329133906/http://www.independent.co.uk/voices/comment/putin-is-exploiting-the-legacy-of-the-soviet-union-to-further-russias-ends-in-ukraine-9170539.html "Putin is exploiting the legacy of the Soviet Union to further Russia's ends in Ukraine"]. ''[[The Independent]]''. March 5, 2014.</ref>は、[[ソビエト連邦]]時代([[1922年]] - [[1991年]])の、[[第二次世界大戦]]に勝利して[[超大国]]となった国際的影響力や国内での政治、社会、文化、または単にその美学を懐かしむ[[社会現象]]である。[[ソビエト連邦の崩壊|ソ連崩壊]]後、このようなノスタルジーは、ソ連領土の大半を継承した[[ロシア連邦]]やその他の親ロシア的な[[NIS諸国|ポスト・ビエト連諸]]の人々、ソ連で生まれて長い間外国に住んでいた人々、さらには世界各地の[[共産主義者]]やソ連シンパの間で発生している。過酷な[[大粛清]]を行なったソ連の独裁者[[ヨシフ・スターリン]]への再評価も含まれる。
 
[[2004年]]には、ロシアでテレビチャンネル「{{仮リンク|ノスタルジヤ|en|Nostalgiya}}」が開局した。そのロゴには、[[ソビエト連邦の国旗]]にあった[[ハンマーと鎌]]をイメージした様式が使われている。
 
== 世論調査 ==
[[ファイル:Traktir_Soviet_Times_Banner.jpg|サムネイル|[[モスクワ]][[パブ]]「ソビエト・タイムズ」のウォール広告]]
ソ連と[[東欧]][[東側諸国|社会主義ブロック]]が崩壊して以来、{{仮リンク|レバダセンター|en|Levada Center}}が毎年行っている世論調査では、ロシア国民の50%以上がその崩壊を嘆いており、唯一の例外はソ連への支持が50%を下回った[[2012年]]の年であった。[[2018年]]の世論調査では、ロシア人の66%がソ連の崩壊を後悔しており、15年ぶりに記録を更新したが、この後悔の意見の大半は55歳以上の高齢者によるものであった<ref>{{Cite news|title=Ностальгия по СССР|url=https://www.levada.ru/2018/12/19/nostalgiya-po-sssr-2/|publisher=levada.ru|date=2018-12-19}}</ref><ref>{{Cite news|last=Maza|first=Christina|date=December 19, 2018|title=Russia vs. Ukraine: More Russians Want the Soviet Union and Communism Back Amid Continued Tensions|url=https://www.newsweek.com/russia-vs-ukraine-soviet-union-communism-1264875|newspaper=[[Newsweek]]|accessdate=December 20, 2018}}</ref>。
 
[[アルメニア]]ではビエトの崩壊が良かったと答えた人は12%、悪かったと答えた人は66%であった。[[キルギス]]では「ソ連の崩壊は良かった」と答えた人は16%、「悪かった」と答えた人は61%であった<ref>{{Cite web|title=Former Soviet Countries See More Harm From Breakup|url=https://news.gallup.com/poll/166538/former-soviet-countries-harm-breakup.aspx|publisher=Gallup|accessdate=December 19, 2013}}</ref>。{{仮リンク|カーネギー国際平和基金|en|Carnegie Endowment for International Peace}}が2012年に実施した調査では、アルメニア人の38%が「自国には[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]のような指導者が常に必要である」と回答している<ref>"[https://themoscowtimes.com/articles/poll-finds-stalins-popularity-high-21998 Poll Finds Stalin's Popularity High] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20170320024227/https://themoscowtimes.com/articles/poll-finds-stalins-popularity-high-21998|date=20 March 2017}}". ''[[ザ・モスクワ・タイムズ|The Moscow Times]]''. 2 March 2013.</ref>。
 
[[2019年]]に実施された世論調査では、ロシア人の59%がソ連政府は「普通の人々を大切にしていた」と答えた<ref name="MoscowTimes2019">{{Cite news|last=<!--Staff writer(s); no by-line.-->|date=June 24, 2019|title=Most Russians Say Soviet Union 'Took Care of Ordinary People' – Poll|url=https://www.themoscowtimes.com/2019/06/24/most-russians-say-soviet-union-took-care-of-ordinary-people-poll-a66125|newspaper=[[The Moscow Times]]|accessdate=June 25, 2019}}</ref>。[[2020年]]に行われた世論調査では、ロシア人の75%がソ連時代は国の歴史の中で「最も偉大な時代」だったと答えた<ref>{{Cite web|author=Times|first=The Moscow|date=2020-03-24|title=75% of Russians Say Soviet Union Was Greatest Time in Country's History – Poll|url=https://www.themoscowtimes.com/2020/03/24/75-of-russians-say-soviet-era-was-greatest-time-in-countrys-history-poll-a69735|accessdate=2021-01-22|website=The Moscow Times|language=en}}</ref>。
共産主義後の東ヨーロッパの研究者である{{仮リンク|クリステン・ゴドシー|en|Kristen Ghodsee}}は次のように述べている。
{{bquote|社会的、政治的、経済的な大きな変化によって、日常生活のありふれた側面がどのように影響を受けたかを検証することによってのみ、集団で想像したより平等な過去への欲求を理解することができます。誰も20世紀の[[全体主義]]を復活させたいとは思っていません。しかし共産主義へのノスタルジアは、普通の男女が、今日の議会制民主主義や[[新自由主義|新資本主義]]の欠点への失望を表明するための共通言語となっている<ref>{{Cite web|title=THE FALL OF THE SOVIET UNION|url=https://www.levada.ru/en/2017/01/09/the-fall-of-the-soviet-union/|accessdate=2021-06-05|language=en-GB}}</ref>。}}
2016年11月にレバダセンターが行った世論調査によると、国民が主にソ連を懐かしむ理由は、15の共和国の共同経済システムが破壊されたこと (53%)(53%)、大国に属しているという感覚が失われたこと (43%)(43%)、相互不信や残酷さが増したこと (31%)(31%)、ソ連のどこにいても自分の家だという感覚が失われたこと (30%)(30%)、友人親戚とのつながりが失われたこと (28%)(28%)などが挙げられている<ref>{{Cite web|title=THE FALL OF THE SOVIET UNION|url=https://www.levada.ru/en/2017/01/09/the-fall-of-the-soviet-union/|accessdate=2021-06-05|language=en-GB}}</ref>。レバダセンターの社会学者カリーナ・ピピヤは、2018年の世論調査では、威信や国民性の喪失とは対照的に、経済的要因がソ連へのノスタルジーの高まりに最も大きな役割を果たしたとし、ロシア人の強い多数が 「かつてはもっと社会的正義があり、政府が国民のために働き、市民への配慮や父性的な期待の面で優れていたことを後悔している 」と指摘している<ref>{{Cite news|last=Balmforth|first=Tom|date=December 19, 2018|title=Russian nostalgia for Soviet Union reaches 13-year high|url=https://www.reuters.com/article/us-russia-politics-sovietunion/russian-nostalgia-for-soviet-union-reaches-13-year-high-idUSKBN1OI20Q|newspaper=[[Reuters]]|accessdate=December 23, 2018}}</ref>。2019年6月のレバダセンターの世論調査では、ロシア人の59%が、ソ連政府が「普通の人々を大切にしていた」と感じていた。[[ヨシフ・スターリン]]の好感度も同年春に過去最高を記録した<ref name="MoscowTimes2019">{{Cite news|last=<!--Staff writer(s); no by-line.-->|date=June 24, 2019|title=Most Russians Say Soviet Union 'Took Care of Ordinary People' – Poll|url=https://www.themoscowtimes.com/2019/06/24/most-russians-say-soviet-union-took-care-of-ordinary-people-poll-a66125|newspaper=[[The Moscow Times]]|accessdate=June 25, 2019}}</ref>。
 
2021年、[[ロシア連邦大統領]][[ウラジミール・プーチン]]大統領はソ連崩壊を「20世紀最大の[[地政学]]的悲劇」と発言した<ref>{{Cite news|title=露、ソ連崩壊から3030  プーチン政権は黙殺|url=https://www.sankei.com/article/20211225-SI4NE4XRKVJLDBL4TQNW3J23DU/|newspaper=[[産経新聞]]|accessdate=2021-12-25}}</ref>。
 
ロシア国内でソ連やスターリンへの評価が高まっているのはプーチン政権による愛国主義教育・宣伝の影響を受けているが、レバダセンターの2019年調査ではソ連時代の体制への肯定的評価の割合(54%)は現体制への肯定的評価(42%)を上回り、経済格差や不十分な社会保障にロシア国民が強い不満を抱いていることも理由となっている<ref>【ソ連崩壊30年】薄れゆく負の記憶 広がるスターリン「回帰」『[[毎日新聞]]』朝刊2021年12月1日(国際面)</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist|2}}
 
== 参考文献資料 ==
* Satter, D. ''It Was a Long Time Ago and It Never Happened Anyway: Russia and the Communist Past''. Yale University Press. [[ニューヘイブン (コネチカット州)|New Haven]], 2012. {{ISBN2|0300111452}}[[ISBN (identifier)|ISBN]]&nbsp;[[Special:BookSources/0300111452|0300111452]].
* Boffa, G. ''"[http://www.scepsis.ru/library/id_894.html From the USSR to Russia.]'' ''[http://www.scepsis.ru/library/id_894.html History of unfinished crisis. 1964—1994]"''