「マラサイ」の版間の差分

m
前期生産型のマラサイを基にしたカスタム機で、動力駆動系に問題が存在していた両腕部をハイザックのものへと換装しているほか、センサー有効半径の拡大を目的としたブレードアンテナの大型化、接近戦能力強化のためのシールドおよびスパイクの大型化と背部および脚部バーニアの推力増強、脚部へのドロップタンクの追加などが行われており、これらの改良によって生還率が向上している<ref name = PROJECTZ104 />。
 
ティターンズ第4独立部隊モモコ小隊所属の[[強化人間]]であるモモコ・キクチ中尉やミナコ・ホンダ軍曹の乗機であり<ref name = "PROJECTZ138" />、本機のカスタムは少尉時代のキクチがマラサイの評価試験を担当した際の要望を受けて行われたものである<ref name = "PROJECTZ137">{{Cite Book |和書 |author = |title = GUNDAM WARS PROJECT Ζ |publisher = 大日本絵画 |year = 1988 |page = 137 |isbn = 978-4-499-20525-2}}</ref><ref>「モデルグラフィックス」1985年10月号、74・75頁。</ref>。キクチ中尉機はジャブロー降下作戦時に撃墜されるも、キクチ中尉は脱出している<ref name = "PROJECTZ138" />。
{{clear}}