「中島翔哉」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| クラブ8={{Flagicon|POR}} [[FCポルト]] | 年8 = 2019-| 出場8 =20 | 得点8=0
| クラブ9=→{{Flagicon|UAE}} [[アル・アインFC]] (loan) | 年9 = 2021| 出場9 =2|得点9=0
| クラブ10=→{{Flagicon|POR}} [[ポルティモネンセSC]] (loan) | 年10 = 2021- | 出場10 = |得点10 =
| クラブ成績更新日 = 2021年7月1日
| 代表1 = {{Fbu|17|JPN|name=日本 U-17}}
6歳の時にサッカーを始めるも<ref name="elg2014">{{Cite book|和書|title=Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集|page=217|year=2014|publisher=[[三栄書房]]}}</ref>、同時期に両親が離婚し、[[一人親家庭|母子家庭]]に育ち{{R|nik201608|nichi201608}}、2つのサッカースクールと[[フットサル]]教室に通っていた<ref>FC東京2016キッズクラブ・ファンクラブ便り 中島選手インタビュー 2016-09-29</ref>。2004年より[[東京ヴェルディ1969|東京ヴェルディ]]の下部組織に加入。中学生時には[[ブラジル]]へのサッカー留学も3度経験した{{R|nik201608}}。2010年には東京都選抜の一員として[[第65回国民体育大会サッカー競技|国体]]で優勝。[[第35回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会|2011年にはクラブユース選手権]]で連覇を果たし、自身もベストヤングプレーヤーに選出された。また、2012年には[[オランダ]]の[[アヤックス・アムステルダム]]に短期留学している<ref>{{Cite news |url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000022-nkgendai-socc |title=覚醒の2ゴール U-23中島翔哉の決定力はオランダ仕込み |newspaper=YAHOO!ニュース |agency=日刊ゲンダイ |publisher=Yahoo Japan |date=2016-01-23 |accessdate=2016-08-04 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20160130193937/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000022-nkgendai-socc |archivedate=2016年1月30日 |deadlinkdate=2017年9月 }}</ref>。
 
=== 東京ヴェルディ時代 ===
2012年2月、[[2種登録選手]]に登録され<ref>[http://www.jleague.jp/release/article-00004348/ 登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ] Jリーグ (2012年2月24日)</ref>トップチームに帯同。同年9月より監督に就いた[[高橋真一郎]]によって抜擢され<ref>[http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2012/columndtl/201209250005-spnavi 始めなければ始まらない=シリーズ東京ヴェルディ(7)] スポーツナビ (2012年9月26日)</ref>、[[第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会|天皇杯2回戦]]の[[ヴェルスパ大分|H大分]]戦で途中出場し、トップチーム初出場。同月14日のJ2第33節[[アビスパ福岡|福岡]]戦でJリーグ初出場。同点となるゴールを挙げ、チームの連敗脱出に貢献した<ref>[http://data.j-league.or.jp/SS/jpn/team/2012020003_000004_2_W0707_J.html 選手出場記録] Jリーグ (2012年11月11日)</ref>。翌10月に東京Vとのプロ契約締結が発表された<ref>{{Cite press release|url=http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/cfd7ffeb3efdac8acbc9590e270fa029|title=中島 翔哉選手 プロ契約締結のお知らせ|publisher=東京ヴェルディ1969|date=2012-10-04}}</ref>。同月に行われたJ2第39節[[栃木サッカークラブ|栃木]]戦では[[ハットトリック]]を記録<ref>[http://www.jleague.jp/release/article-00004750/ 2012 Jリーグディビジョン2 第39節 中島 翔哉 選手(東京V)ハットトリック達成] Jリーグ (2012年10月21日)</ref>。18歳59日での達成により[[松波正信]]のJリーグ最年少記録を塗り替えた<ref>{{Cite web|url=http://web.gekisaka.jp/news/detail/?106466-108668-fl|title=東京Vの高校3年生・中島がJリーグ史上最年少ハットトリックを達成|publisher=[[ゲキサカ]]|date=2012-10-21|accessdate=2014-01-26}}</ref>{{R|nichi2014}}。
 
2013年は高橋の退任もあって先発出場が激減し、2得点に留まったが、そのいずれもが決勝点となった。J2第35節[[ザスパクサツ群馬|群馬]]戦で決めた得点は、同年のJ2最優秀ゴール賞に選出された<ref>[http://soccer.skyperfectv.co.jp/bestgoal/j2/2013bestgoal_j2.html J2 2013年J2最優秀ゴール賞のノミネートゴール一覧] [[スカパー!]]</ref><ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000165295 【2013Jリーグアウォーズ】J2最優秀ゴール賞 / 中島翔哉選手 (東京V)] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2013年12月10日)</ref>{{R|nichi2014}}。
 
=== カターレ富山時代 ===
2014年、依然東京Vでは満足に出場が見込めないことから<ref name="nichi2014">[http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/01/26/kiji/K20140126007457630.html U21日本代表の10番・中島 FC東京移籍、即富山にレンタル] [[スポーツニッポン]] (2014年1月26日)</ref>、同クラブの新体制発表後<ref>[http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/fc5460c9b5e9b49a2cf5a5a3ec43bcc4 2014シーズン東京ヴェルディトップチーム新体制] 東京ヴェルディ (2014年1月18日)</ref>に[[FC東京]]へ完全移籍し<ref>[http://www.verdy.co.jp/lancelot/cms/siteuser/newsdetail/user_id/f98c078b5e46cce02fd686fadbff9929/id/3e3b28a1d6c9f14dc1dc3dc9c0c2412e 中島翔哉選手移籍のお知らせ] 東京ヴェルディ (2014年1月26日)</ref><ref name="fct2014">{{Cite press release|url=http://www.fctokyo.co.jp/?p=182826|title=中島翔哉選手 完全移籍加入およびカターレ富山へ期限付き移籍のお知らせ|publisher=FC東京|date=2014-01-26}}</ref>、同時に中島の才を買う{{R|nichi2014}}[[カターレ富山]]へと[[期限付き移籍]]{{R|fct2014}}<ref>[http://www.kataller.co.jp/news/2014/0126.html 中島翔哉選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ] カターレ富山 (2014年1月26日)</ref>。富山では中島の加入に合わせて急遽布陣が変更され<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000168868 【J2:第1節 岡山 vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年3月2日)</ref>、FW<ref>[http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00168094.html 【全40クラブ戦力分析レポ:富山】] [[J's GOAL]] (2014年2月25日)</ref>やトップ下<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000170544 【J2:第6節 富山 vs 東京V】安間貴義監督(富山)記者会見コメント] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年4月5日)</ref>{{R|js2014}}、左サイドハーフ<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000173528 【J2:第16節 熊本 vs 富山】レポート] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年6月1日)</ref>に配された。スピード溢れる<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000170982 【J2:第7節 愛媛 vs 富山】レポート] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年4月14日)</ref>ドリブル突破で好機に絡み<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000171354 【J2:第8節 富山 vs 千葉】レポート] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年4月21日)</ref><ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000171536 【J2:第9節 大分 vs 富山】プレビュー] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年4月25日)</ref>前線からの守備に奔走するも<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000175291 【第94回天皇杯 2回戦 横浜FC vs 富山】安間貴義監督(富山)記者会見コメント] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年7月13日)</ref><ref name="js2014">[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000175659 【J2:第22節 富山 vs 讃岐】安間貴義監督(富山)記者会見コメント] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年7月20日)</ref>、味方のサポートが及ばずに孤立する場面も多く<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000169260 【J2:第2節 岐阜 vs 富山】レポート] (2014年3月10日)</ref><ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000176514 【J2:第25節 横浜FC vs 富山】レポート] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年8月4日)</ref>自身のシュートミスも重なって<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0000176244 【J2:第24節 富山 vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2014年7月30日)</ref>得点は伸びなかった。
 
=== FC東京時代 ===
2014年8月25日{{Refnest|group="注"|Jリーグにおける選手登録期間は同月15日までとなっていたが<ref>[http://www.jleague.jp/release/article-00005548/ 2014シーズン追加登録期限について] Jリーグ (2013年12月17日)</ref>、[[期限付き移籍#育成型期限付き移籍|育成型期限付き移籍]]であったことにより、期間制限が緩和された<ref>[http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/fctokyo/news/201408/CK2014082602000133.html 中島翔哉が復帰] [[東京中日スポーツ]] (2014年8月26日)</ref>。}}、FC東京へ復帰<ref>[http://www.kataller.co.jp/news/2014/0825.html 中島翔哉選手 FC東京へ復帰のお知らせ] カターレ富山 (2014年8月25日)</ref><ref name="fct2014-2">{{Cite press release|url=http://www.fctokyo.co.jp/?p=196934|title=中島翔哉選手 FC東京復帰のお知らせ|publisher=FC東京|date=2014-08-25}}</ref>。シーズン半ばを過ぎ主戦力が固まっている中、途中出場からのチャンスメークで貢献した<ref>[http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/08/31/kiji/K20140831008842120.html 武藤 アギーレ選出1発回答 同点“スター候補弾”で存在感] [[スポーツニッポン]] (2014年8月31日)</ref><ref>[http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp1-20141018-1383963.html 東京0封負け 中島好機演出も「悔しい」] [[日刊スポーツ]] (2014年10月18日)</ref>。
2015年6月20日、第16節の[[サガン鳥栖|鳥栖]]戦でJ1初得点。
2017年は開幕から2試合連続で途中出場し得点に絡んだ。
 
=== ポルティモネンセ時代 ===
2017年8月23日、[[プリメイラ・リーガ]](ポルトガル1部)の[[ポルティモネンセSC]]へ、2018年6月30日までの期限付き移籍が決定した。ポルティモネンセが公式サイトで発表した<ref>{{Cite web|url=https://japan.football-tribe.com/2017/08/23/8300/|title=FC東京の中島翔哉、ポルトガル1部ポルティモネンセへ。期限付きの移籍をクラブが発表|accessdate=2017年8月23日|date=2017年8月23日|publisher=Football Tribe}}</ref>。9月3日、カップ戦2回戦のシャベス戦で後半から出場して移籍後初出場を果たした。9月8日、第5節の[[SLベンフィカ]]戦でスタメン出場をしてリーグ戦デビューを飾った<ref>[https://web.gekisaka.jp/news/detail/?225540-225540-fl 中島翔哉が名門ベンフィカ相手に爪あと残す! リーグデビュー戦で元鹿島FWの先制弾を演出]ゲキサカ(2017年9月9日)</ref>。9月18日、第6節の[[CDフェイレンセ]]戦では移籍後初得点を含む2得点の活躍を見せた。10、11月には4試合で3得点を記録し、リーグが選出する同期間の最優秀FWに選ばれた<ref>{{Cite web|url=https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201712130000689.html|title=ポルティモネンセ中島翔哉がリーグ最優秀FW選出|publisher=[[日刊スポーツ]]|date=2017-12-13|accessdate=2018-03-01}}</ref>。最終的にはリーグ戦29試合に出場し29試合でスタメン、21試合にフル出場し、10得点12アシストという成績で終えた。2018年5月16日、ポルトガルのフットボールゲーム制作会社『REAL FEVR』によるリーグの年間ベストイレブンに選出された<ref name=":2" />。
 
2018-19年シーズン、9月23日に行われた第5節の[[ヴィトーリアSC]]戦で2得点を挙げて今季初勝利に貢献し<ref>[https://web.gekisaka.jp/news/detail/?255109-255109-fl 中島翔哉の独り舞台!!全3点に絡む2G1Aでポルティモネンセの今季初白星もたらす]ゲキサカ(2018年9月24日)</ref>、10月7日に行われた第7節の[[スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル|スポルティングCP]]戦では2得点2アシストと全得点に絡む活躍を見せ勝利に貢献した<ref>[https://web.gekisaka.jp/news/detail/?256254-256254-fl もう誰にも止められない…中島翔哉がS・リスボン相手に2G2Aで2戦ぶり勝利もたらす!]ゲキサカ(2018年10月7日)</ref>。
 
=== アル・ドゥハイルSC時代 ===
2019年2月3日、[[カタール・スターズリーグ]](カタール1部)の[[アル・ドゥハイルSC]]への完全移籍が発表された<ref>[https://www.duhailsc.com/football-arabic/football-news/13660-2019-02-03-16-06-47.html شويا ناكاجيما ينضم للدحيل] duhailsc.com 2019年2月3日</ref>。欧州の報道によると移籍金は3500万ユーロ(約43億7500万円)で、[[中田英寿]]が2001年に移籍した際の約32億円を上回る日本人史上最高額となった<ref>[https://r.nikkei.com/article/DGXLSSXK00477_T00C19A2000000?s=0 中島翔哉、カタール1部に移籍 移籍金43億は日本選手最高]日本経済新聞 2019年2月4日</ref>。3月12日、[[AFCチャンピオンズリーグ|ACL]]第2節の[[アル・ヒラル]]戦でACL初得点を決めた<ref>[https://web.gekisaka.jp/news/detail/?268540-268540-fl 中島翔哉がACL初得点のアルドゥハイルは初黒星…同組の塩谷もACL初弾、次節は日本人対決へ]ゲキサカ(2019年3月13日)</ref>。
 
=== FCポルト時代 ===
2019年7月5日、[[プリメイラ・リーガ]]・[[FCポルト]]への完全移籍が発表された<ref>[https://www.fcporto.pt/pt/noticias/20190705-pt-shoya-nakajima-e-dragao SHOYA NAKAJIMA É DRAGÃO]FC Porto(2019年7月6日)</ref>。契約期間は5年。背番号は当初「8」となる予定だったが、プレシーズンマッチでは背番号「10」を着用し、7月18日に10番を付けていた[[オリベル・トーレス]]の[[セビージャFC]]移籍に伴い、正式に背番号が「10」に変更となった<ref>[https://www.footballchannel.jp/2019/07/18/post331220/ 中島翔哉、名門ポルトの“10番”に。8番で発表も前10番が退団で変更へ]フットボールチャンネル 2019年7月18日</ref>。8月13日、[[UEFAチャンピオンズリーグ 2019-20|CL]]予選3回戦2ndレグの[[FCクラスノダール]]戦で移籍後初出場を果たした。<ref>[https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201908140000104.html 中島翔哉、ポルト移籍後初出場もPO進出逃す]日刊スポーツ(2019年8月15日)2019年8月15日閲覧。</ref>8月17日、第2節の[[ヴィトーリアFC|ヴィトーリア・セトゥーバル]]戦で途中交代から移籍後リーグ戦初出場。12月19日、[[タッサ・デ・ポルトガル]]5回戦の[[CDサンタ・クララ]]戦で移籍後初ゴールを決めた<ref>[https://www.footballchannel.jp/2019/12/20/post354291/ 中島翔哉、ポルト移籍後初ゴールは泥臭く。 ポルトガル杯史上5人目の日本人得点者に] フットボールチャンネル 2019年12月20日</ref>。リーグ戦では16試合に出場したが(公式戦全体では28試合1ゴール3アシスト<ref>{{cite web|url=https://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/porto-shoyanakajima-202007222120/1mtwrwqeh4uv81193vpeyzedfk|title=「彼は残留を望んでいるが…」中島翔哉代理人が去就は“監督次第”と強調|publisher=goal.com.jp|date=2020年7月23日|accessdate=2020年7月23日}}</ref>)、新型コロナウイルスによる中断を経てからのリーグ戦再開後は出場機会が無かった。チームはリーグ優勝を果たしたが、優勝セレモニーやシーズン終了後の[[イケル・カシージャス]]の送別会にも姿を見せなかった<ref>{{cite web|url=https://www.football-zone.net/archives/273468|title=中島翔哉、同僚GKの“お別れ会”欠席に現地メディア注目 「奇妙なことに…」|publisher=フットボールゾーン|date=2020年7月22日|accessdate=2020年7月22日}}</ref><ref>{{cite web|url=https://www.goal.com/jp/ニュース/porto-nakajima-20200722/1rap8lwluphf412slaerrlwyfi|title=中島翔哉、完全に“蚊帳の外”に?優勝セレモニーに続きカシージャスの送別会も欠席か|publisher=goal.com.jp|date=2020年7月22日|accessdate=2020年7月22日}}</ref>。中島の妻は喘息持ちであり、更に雇っているスタッフがコロナの影響で帰国してしまった事から、妻の看病の為にチーム合流を拒否していた事をポルトのスポーツ・ディレクターであるルイス・ゴンサウベスが明かしており「我々はそれを解決したいと思う。彼も保証してくれた」とコメントし、クラブと中島との間に溝がない事を強調した<ref>{{Cite web|title=チームから離れている中島翔哉の問題にポルトSDが言及「納得させるため40分間を費やした」【超ワールドサッカー】|url=https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=378643|website=超ワールドサッカー|accessdate=2020-07-31|language=ja}}</ref>。
 
2020-21シーズン、[[UEFAチャンピオンズリーグ]]、グループリーグの[[マンチェスター・シティFC|マンチェスター・C]]戦で約7ヶ月振りとなる公式戦出場、チャンピオンズリーグ初出場を果たし<ref>{{cite web|url=https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20201022/1133028.html|title=ポルト中島翔哉が7カ月ぶりの出場!…マンC戦途中出場で日本人21人目のCLデビュー|publisher=soccre^king|date=2020年10月22日|accessdate=2020年10月28日}}</ref>、10月24日の[[ジル・ヴィセンテFC|ジル・ビセンテ]]戦ではシーズン初の先発起用されると、決勝ゴールをアシストした<ref>{{cite web|url=https://www.footballchannel.jp/2020/10/25/post394700/|title=中島翔哉、今季初先発でアシスト。決勝点演出でポルトの勝利に貢献中|publisher=footballchannel|date=2020年10月25日|accessdate=2020年10月28日}}</ref>。
 
==== アル・アインFC ====
2021年1月16日、[[アラビアン・ガルフ・リーグ]]に所属する[[アル・アインFC]]への期限付き移籍が発表された<ref>[https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/202101170000018_m.html 中島翔哉、塩谷司が所属のアルアインに期限付き移籍]日刊スポーツ 2021年1月17日</ref>。しかし2月23日、ポルトガル紙『O JOGO』など複数のメディアが、中島が練習中に足首の脛骨骨折および靭帯断裂の大怪我を負った事を報じ<ref>{{Cite web|title=アル・アイン所属の中島翔哉が今季絶望…練習中に脛骨骨折&靭帯損傷の重傷|url=https://www.soccer-king.jp/news/world/20210224/1200661.html|website=サッカーキング|accessdate=2021-09-22|language=ja|first=FromOne|last=co.,Ltd}}</ref>、移籍後僅か2試合の出場で残りのシーズンを棒に振る事となった。
 
==== ポルティモネンセSC ====
2021年8月25日、[[プリメイラ・リーガ]]に所属する[[ポルティモネンセSC]]への期限付き移籍が発表された<ref>[https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=96908l 「楽しくサッカーできたら」中島翔哉のポルティモネンセ復帰が正式発表! 今季終了までの期限付き、背番号は10に]soccerdigestweb 2021年8月26日</ref>。10月17日、オリベイレンセとのカップ戦で約10か月ぶりとなる怪我から復帰を果たした<ref>[https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=99717 「ナカジマは長い試練を乗り越えた」中島翔哉の“復活”に現地注目! 指揮官も高評価「良い瞬間だった」]サッカーダイジェスト(2021年10月18日)2021年10月18日閲覧。</ref>11月6日、[[CFベレネンセス]]戦で今シーズン初得点を決めて勝利に貢献した<ref>[https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202111070000040.html 中島翔哉が今シーズン初得点、ポルティモネンセが2-0で勝利]日刊スポーツ(2021年11月7日)2021年11月7日閲覧。</ref>
 
=== 日本代表 ===
* 2019年2月 - 同年7月 [[アル・ドゥハイルSC]]
* 2019年7月 - [[FCポルト]]
** 2021年1月 - 同年8月 [[アル・アインFC]] (期限付き移籍)
* 2021年8月 - ポルティモネンセSC (期限付き移籍)
 
== 個人成績 ==