「費聚」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
朱元璋と[[鳳陽県|濠]]で出会う。朱元璋は費聚を気に入り、深い交友関係を持った。[[定遠県|定遠]]の張家堡は民兵を有し、どの勢力にも属していなかった。[[郭子興]]はこれを自陣営に引き入れたいと考えていた。朱元璋は費聚らを伴い、使者として張家堡を説得した。
 
[[至正]]23年([[1353年]]、定遠攻略に参加した24将の1人。宝公河に至り、敵陣営を視察すると堅固であった。朱元璋は敵陣営の前で3日間説得したが降伏しなかった。朱元璋は先に帰り、費聚を留守として残した。敵に動きがあることを費聚は朱元璋に報告し、朱元璋は費聚ら3百を率いて、計略をもって敵将を捕らえ、3千人を得た。豁鼻山に篭っていた8百人余りを説得し降伏させた。霊璧を取り、[[泗県|泗州]]、[[滁州市|滁州]]、[[和県|和州]]を攻略し、承信校尉となった。
 
永興翼元帥府が立てられ、[[耿炳文]]の副将として[[長興県|長興]]を攻めた。[[張士誠]]軍が攻めてきたが、これを撃退した。安豊の救援に向かい、江西の平定、[[武昌区|武昌]]の攻略に参加した。永興親軍指揮司を経て、指揮同知となり、永興翼元帥府の長である耿炳文を支えた。張士誠軍が再び攻めてきたが、これを撃退し、[[宋興祖]]を捕らえた。
[[淮安区|淮安]]、[[湖州市|湖州]]、[[姑蘇区|平江]]の攻略に参加し、功績をあげて指揮使に進んだ。[[湯和]]に従って、水軍を率いて[[方国珍]]討伐に参加した。浙東を平定し、水軍で[[福州市|福州]]を取り、[[延平区|延平]]を攻略した。昌国に戻り、海賊及び蘭秀山に篭った賊徒を平定した。
 
[[1369年]](洪武]]2年([[1369年]])、大軍で[[西安市|西安]]を攻略して西安衛指揮使となり、都督府僉事に進んで[[平涼市|平涼]]を守った。
 
洪武3年([[1370年]](洪武3年)、平涼侯に封ぜられ、歳禄1千5百石を賜った。屯田を行っていたが、この間、費聚は酒色に耽り、何もしなかった。
 
洪武4年([[1371年]](洪武4年)、[[傅友徳]]に従い、雲南を攻めた。白石江の戦いで[[達里麻]]を捕らえて雲南を平定し、さらに[[大理市|大理]]へ進み、これを平定する。諸蛮が反乱を起こしたため、[[呉復]]の副将として、鎮圧に向かった。呉復と分かれて、これを討伐した。貴州都指揮使となった。
 
洪武18年([[1385年]](洪武18年)、総兵官となり、[[丁忠]]らを率いて広南を攻めた。[[火立達]]を捕らえ、捕虜20万人を得た。その後、雲南を守った。
 
洪武23年([[1390年]](洪武23年)、[[南京市|応天京師]]に召還された。[[李善長]]の獄に連座し、64歳で処刑された。爵位も除かれた。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者