「モスクワとコンスタンティノープルの断交」の版間の差分

背景としてウクライナ紛争を追記
(各「ウクライナ正教会」の英語略号を本文に追加/カテゴリ追加)
(背景としてウクライナ紛争を追記)
'''モスクワとコンスタンティノープルの断交'''(-だんこう、{{lang-en|Moscow–Constantinople schism}})は、「[[ギリシャ正教]]」「東方正教会」とも呼ばれる[[キリスト教]]の[[正教会]]において、[[ロシア正教会]][[モスクワ総主教|モスクワ総主教庁]]と、「[[エキュメニカル総主教|全地総主教]]」という称号を有する[[コンスタンティノープル総主教庁]]との間で起こった不和・断交([[シスマ]])の問題。特に、[[2018年]]に起こり現在まで続く断交と、それに伴って世界各地の正教会に及びつつある不和を記す。
 
== 前史 ==
[[東ローマ帝国]](ビザンティン帝国)の[[国教]]として発展してきた歴史を持つ[[正教会]]([[ギリシャ正教]])において、その首都であった[[コンスタンティノープル]]([[ラテン語]]: コンスタンティノポリス、現代[[ギリシア語]]: コンスタンディヌーポリ、現在の[[トルコ共和国]][[イスタンブール]])に座する[[コンスタンティノープル総主教庁|コンスタンティノープル総主教]]は「[[エキュメニカル総主教|全地総主教]](Ecumenical Patriarch)」という特別な称号を有し、全[[正教会]]全ての名誉的筆頭者として表敬されている。ただし、[[カトリック教会]]が[[ローマ[[教皇]]の絶対的[[教皇首位説|首位権]]のもとにピラミッド型の全世界的統一組織を持つ[[カトリック教会]]と違い、正教会は一カ国に一つの教会組織を具えることが原則であり、る。各国・各地域を管轄する[[首座主教]]は、[[総主教]]・[[府主教]]・[[大主教]]といった名誉上の地位の高低はあっても基本的には教権上対等であり、コンスタンティノープル全地総主教といえども教権上は数多の首座主教のうちの一人に過ぎない。
 
[[1453年]]の[[オスマン帝国]]による[[コンスタンティノープルの陥落]]以降、コンスタンティノープル総主教庁は[[イスラム世界|イスラム教国]]であるオスマン帝国の直接支配下に置かれ、教権は著しく低下した。さらに[[1924年]]のオスマン帝国滅亡と[[トルコ|トルコ共和国]]成立、それに前後する[[ギリシャ]]など[[バルカン半島]]諸国の独立を経て、コンスタンティノープル総主教は、正教会を信奉する国家の後ろ盾も、一カ国の管轄という権能もなく、教権的な実権をほぼ完全に失い、名誉職的な性質が強まった。
 
一方、[[モスクワ総主教|モスクワ総主教庁]]は、強大な[[ロシア帝国]]の国教として、また正教会最大の信者人口を持つ[[ロシア正教会]]の首座主教座として相対的に教権が高まり、った。「[[ノウァ・ローマ|新ローマ(Nova Roma)]]」と呼ばれたコンスタンティノープルがオスマン帝国の支配下に降って以降は「第三のローマ」を標榜し、政治上・教権上ともにコンスタンティノープルに取って代わって正教会世界の盟主的な存在となっていった。[[1721年]]のロシア皇帝[[ピョートル1世 (ロシア皇帝)|ピョートル1世]]による総主教座廃止(以後長らく空位状態であった)や、[[ロシア革命]]の結果建った[[共産主義]]国[[ソビエト連邦]](ソ連)による大弾圧もあったが、ソ連時代後期には懐柔策もあって、広大な国土を持つソ連の大部分を統轄する教権を回復した。[[ビエトの崩壊]]と[[ロシア|ロシア連邦]]成立以降は、ロシア国内のみならず[[ウクライナ]]など旧ロシア帝国領土や旧ソ連構成国に対する教権的優位を維持しようと動き出した。その背景には、旧ソ連構成国には大量の[[ロシア人]]移民が居住しており、旧構成国のソ連からの独立によって各国の[[民族主義]]が台頭し、その風下に置かれるマイノリティとなった彼らロシア系住民の支持もあった。
 
== 軋轢の始まり ==
=== ウクライナ独立と教会乱立 ===
[[1991年]]に[[ウクライナ]]がソ連から独立して以降、[[ウクライナ独立正教会]](UAOC){{efn2|{{lang-en|Ukrainian Autocephalous Orthodox Church, UAOC}}:[[1921年]]結成、[[1924年]]コンスタンティノープル総主教庁から承認<ref>{{wayback|url=http://www.ukrainianorthodoxchurchinexile.org/1924_tomos_of_autocephaly.html|title=1924 Tomos|date=20070705074339}}</ref>、[[1942年]]と[[1990年]]に再結成。}}および[[ウクライナ正教会・キエフ総主教庁]](UOC-KP){{efn2|{{lang-en|Ukrainian Orthodox Church – Kiev Patriarchate, UOC-KP}}:[[1992年]]事実上・非正式の設立宣言。}}の承認を巡って、[[ロシア正教会]][[モスクワ総主教|モスクワ総主教庁]]と[[コンスタンティノープル総主教庁]]の対立が始まった。ウクライナにはモスクワ総主教庁系の[[自主管理教会]]としての[[ウクライナ正教会 (モスクワ総主教庁系)|ウクライナ正教会]](UOC-MP){{efn2|{{lang-en|Ukrainian Orthodox Church of the Moscow Patriarchate, UOC-MP}}:[[1990:1990]]設立宣言。}}も存在し、それらウクライナ独立派の2教会と対立していた。
 
=== エストニアの教会を巡る対立 ===
[[1996年]]には、同じくソ連から独立した[[エストニア]]において、モスクワ総主教庁系の[[自主管理教会]]である{{仮リンク|エストニア正教会 (モスクワ総主教庁系)|label=エストニア正教会|en|Estonian Orthodox Church of the Moscow Patriarchate}}と重なる形で、[[コンスタンティノープル総主教庁]]に連なる[[自治正教会]](自主管理教会よりも権限は大きい)として結成された{{仮リンク|エストニア使徒正教会|en|Estonian Apostolic Orthodox Church}}{{efn2|[[1918年]]に[[エストニア共和国 (1918年-1940年)|エストニア共和国]]が[[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国|ロシア]]から独立したあと、[[1923年]]にコンスタンティノープル総主教庁より独立承認。ソ連による[[第二次世界大バルト諸国占領]]と[[独ソ]]を経てエストニアがソ連に編入されてから、コンスタンティノープル総主教庁との関係を断たれ、一部の聖職者と信徒は国外[[亡命]]して活動を続けていた。}}をコンスタンティノープル総主教庁が[[2月20日]]に正式承認したことから、これに反発した[[ロシア正教会]]は同年[[2月23日]]から[[5月16日]]まで、短期間ながらコンスタンティノープル総主教庁と断交するという事件もあった。
{{main|w:1996 Moscow–Constantinople schism}}
 
== 軋轢の本格化 ==
=== 独立派ウクライナ正教会の承認 ===
2014年に始まった[[クリミア危機・ウクライナ東部紛争]]により、ウクライナでは反ロシア感情が高まった。
[[2018年]][[4月20日]]、[[コンスタンティノープル総主教庁]]の[[聖シノド]](宗務院)は、「ウクライナの正教徒に独立教会を与えるために必要な措置を講じる」ことを議決した<ref>{{Cite web|url=https://www.goarch.org/-/regarding-the-granting-of-autocephaly-to-the-church-of-ukraine|title=Regarding the granting of Autocephaly to the Church of Ukraine|date=28 September 2018|website=Greek Orthodox Archdiocese of America|access-date=2018-11-03}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.uocofusa.org/news_180901_1.html|title=Archbishop Daniel Participates in Synaxis of Hierarchs of The Ecumenical Patriarchate of Constantinople|website=uocofusa.org|access-date=2018-10-29}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.patriarchate.org/photo-galleries?p_p_id=flickr_WAR_goarchflickrportlet&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-3&p_p_col_pos=1&p_p_col_count=2&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_id=72157700703501524&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_action=openSet|title=09/01/18: Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne|website=patriarchate.org|access-date=2018-10-29|quote=From September 1–3, 2018, at the invitation of His All-Holiness Ecumenical Patriarch Bartholomew, a Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne gathered from throughout the world at the Church of Holy Trinity in Stavrodromion, Istanbul. This meeting, as previously agreed upon by the venerable hierarchy three years ago, took place at the same location as the last Synaxis.}}</ref>。さらに同年[[9月1日]]には、「ウクライナの現在の苦痛な状況の責任者であるロシアが問題を解決することができないため、全地総主教庁(コンスタンティノープル総主教庁)はそれを解決する主導権を引き受けた」と発表した<ref>{{Cite web|url=https://www.uocofusa.org/news_180901_1.html|title=Archbishop Daniel Participates in Synaxis of Hierarchs of The Ecumenical Patriarchate of Constantinople|website=uocofusa.org|access-date=2018-10-29}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.patriarchate.org/photo-galleries?p_p_id=flickr_WAR_goarchflickrportlet&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-3&p_p_col_pos=1&p_p_col_count=2&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_id=72157700703501524&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_action=openSet|title=09/01/18: Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne|website=patriarchate.org|access-date=2018-10-29|quote=From September 1–3, 2018, at the invitation of His All-Holiness Ecumenical Patriarch Bartholomew, a Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne gathered from throughout the world at the Church of Holy Trinity in Stavrodromion, Istanbul. This meeting, as previously agreed upon by the venerable hierarchy three years ago, took place at the same location as the last Synaxis.}}</ref>。
 
[[2018年]][[4月20日]]、[[コンスタンティノープル総主教庁]]の[[聖シノド]](宗務院)は、「ウクライナの正教徒に独立教会を与えるために必要な措置を講じる」ことを議決した<ref>{{Cite web|url=https://www.goarch.org/-/regarding-the-granting-of-autocephaly-to-the-church-of-ukraine|title=Regarding the granting of Autocephaly to the Church of Ukraine|date=28 September 2018|website=Greek Orthodox Archdiocese of America|access-date=2018-11-03}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.uocofusa.org/news_180901_1.html|title=Archbishop Daniel Participates in Synaxis of Hierarchs of The Ecumenical Patriarchate of Constantinople|website=uocofusa.org|access-date=2018-10-29}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.patriarchate.org/photo-galleries?p_p_id=flickr_WAR_goarchflickrportlet&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-3&p_p_col_pos=1&p_p_col_count=2&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_id=72157700703501524&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_action=openSet|title=09/01/18: Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne|website=patriarchate.org|access-date=2018-10-29|quote=From September 1–3, 2018, at the invitation of His All-Holiness Ecumenical Patriarch Bartholomew, a Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne gathered from throughout the world at the Church of Holy Trinity in Stavrodromion, Istanbul. This meeting, as previously agreed upon by the venerable hierarchy three years ago, took place at the same location as the last Synaxis.}}</ref>。さらに同年[[9月1日]]には、「ウクライナの現在の苦痛な状況の責任者であるロシアが問題を解決することができないため、全地総主教庁(コンスタンティノープル総主教庁)はそれを解決する主導権を引き受けた」と発表した<ref>{{Cite web|url=https://www.uocofusa.org/news_180901_1.html|title=Archbishop Daniel Participates in Synaxis of Hierarchs of The Ecumenical Patriarchate of Constantinople|website=uocofusa.org|access-date=2018-10-29}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.patriarchate.org/photo-galleries?p_p_id=flickr_WAR_goarchflickrportlet&p_p_lifecycle=0&p_p_state=normal&p_p_mode=view&p_p_col_id=column-3&p_p_col_pos=1&p_p_col_count=2&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_id=72157700703501524&_flickr_WAR_goarchflickrportlet_action=openSet|title=09/01/18: Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne|website=patriarchate.org|access-date=2018-10-29|quote=From September 1–3, 2018, at the invitation of His All-Holiness Ecumenical Patriarch Bartholomew, a Synaxis of Hierarchs of the Ecumenical Throne gathered from throughout the world at the Church of Holy Trinity in Stavrodromion, Istanbul. This meeting, as previously agreed upon by the venerable hierarchy three years ago, took place at the same location as the last Synaxis.}}</ref>。
 
これに反発したロシア正教会は、同[[9月14日]]、「[[奉神礼]]においてコンスタンティノープル総主教[[ヴァルソロメオス1世 (コンスタンディヌーポリ総主教)|ヴァルソロメオス1世]]の名を記念する祈りを止める」ことなど4箇条の報復措置宣言を発した<ref name=":19">{{Cite web|url=https://mospat.ru/en/2018/09/14/news163817/|title=MINUTES of the Holy Synod's held on 14 September 2018 {{!}} The Russian Orthodox Church (MINUTE No. 69)|date=14 September 2018|website=mospat.ru|access-date=2018-10-29}}</ref><ref name=":20">{{Cite web|url=https://www.synod.com/synod/eng2018/20180914_enmoscowsynod.html|title=JOURNALS of a Meeting of the Holy Synod of the Moscow Patriarchate on September 14, 2018|date=14 September 2018|website=synod.com|access-date=2018-10-29}}</ref><ref name=":20">{{Cite web|url=https://www.synod.com/synod/eng2018/20180914_enmoscowsynod.html|title=JOURNALS of a Meeting of the Holy Synod of the Moscow Patriarchate on September 14, 2018|date=14 September 2018|website=synod.com|access-date=2018-10-29}}</ref><ref name=":192">{{Cite web|url=https://mospat.ru/en/2018/09/14/news163803/|title=Statement of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church concerning the uncanonical intervention of the Patriarchate of Constantinople in the canonical territory of the Russian Orthodox Church {{!}} The Russian Orthodox Church|date=14 September 2018|website=mospat.ru|access-date=2018-10-20}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://mospat.ru/en/2018/09/14/news163805/|title=Metropolitan Hilarion: The decision to suspend the liturgical mention of the Patriarch of Constantinople does not imply breaking off the Eucharistic communion {{!}} The Russian Orthodox Church|website=mospat.ru|access-date=2018-10-28}}</ref>。
 
同年[[10月11日]]、コンスタンティノープル総主教庁は上記ウクライナ独立派2教会([[ウクライナ独立正教会|UAOC]]と[[ウクライナ正教会・キエフ総主教庁|UOC-KP]])の承認を発表し<ref>{{cite web|url=https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36402830S8A011C1EAF000/|title=ウクライナの独立教会を承認、コンスタンティノープル ロシア反発|publisher=[[日本経済新聞]]|date=2018-10-12|accessdate=2021-08-18}}</ref>、[[12月15日]]には両教会が合同して[[独立正教会]]としての新生[[ウクライナ正教会 (2018年設立)|ウクライナ正教会]]({{lang-en|Orthodox Church of Ukraine, OCU}})が結成された<ref>{{cite web|url=http://www.afpbb.com/articles/-/3202314|title=ウクライナ正教会、ロシアから独立した新教会を設立へ|publisher=AFP|date=2018-12-16|accessdate=2021-08-18}}</ref>。これに反発したロシア正教会はモスクワ総主教庁[[聖シノド]]の決定に従い、2018年[[10月15日]]を以って、コンスタンティノープル総主教庁との[[フル・コミュニオン]](相互領聖)関係を断絶した<ref>{{Cite web |url=https://www.afpbb.com/articles/-/3193396|title=ロシア正教会が総主教庁との関係断絶 ウクライナ正教会独立めぐり|publisher=www.afpbb.com|date=2018-10-16|accessdate=2021-08-18}}</ref><ref name="Britannica">{{Cite encyclopedia|url=http://www.britannica.com/EBchecked/topic/177174/Eastern-Orthodoxy |author=Meyendorff, John|author-link=John Meyendorff|title=Eastern Orthodoxy|encyclopedia=Encyclopædia Britannica Online|access-date=2019-05-23}}</ref><ref name=":2">{{Cite web|url=https://mospat.ru/en/2018/10/15/news165263/|title=Statement by the Holy Synod of the Russian Orthodox Church concerning the encroachment of the Patriarchate of Constantinople on the canonical territory of the Russian Church {{!}} The Russian Orthodox Church|date=15 October 2018|website=mospat.ru|language=en-US|access-date=2019-07-16|quote=To admit into communion schismatics and a person anathematized in other Local Church with all the 'bishops' and 'clergy' consecrated by him, the encroachment on somebody else’s canonical regions, the attempt to abandon its own historical decisions and commitments – all this leads the Patriarchate of Constantinople beyond the canonical space and, to our great grief, makes it impossible for us to continue the Eucharistic community with its hierarch, clergy and laity. From now on until the Patriarchate of Constantinople’s rejection of its anti-canonical decisions, it is impossible for all the clergy of the Russian Orthodox Church to concelebrate with the clergy of the Church of Constantinople and for the laity to participate in sacraments administered in its churches.}}</ref><ref name=":18">{{Cite web|url=https://mospat.ru/ru/2018/10/16/news165283/|title={{lang|ru|Журналы заседания Священного Синода Русской Православной Церкви от 15 октября 2018 года {{!}} Русская Православная Церковь}}|date=16 October 2018|website=mospat.ru|language=ru-RU|trans-title=MINUTES of the meeting of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church of 15 October 2018|access-date=2019-07-16}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.nytimes.com/2018/10/15/world/europe/russia-orthodox-church.html|title=Russia Takes Further Step Toward Major Schism in Orthodox Church|last=MacFarquhar|first=Neil|date=2018-10-15|work=The New York Times|access-date=2019-01-26|language=en-US|issn=0362-4331}}</ref>。さらに、モスクワ総主教庁に属するすべての成員([[聖職者]]と平信徒の両方)が、コンスタンティノープル総主教によって管理されている教会での[[領聖]]、[[洗礼]]、[[婚配機密|結婚]]に与ることを禁じた<ref name=":2" /><ref name=":18" />。
{{main|w:2018 Moscow–Constantinople schism}}
 
=== 対立の世界的波及 ===
[[2019年]]10月には[[ギリシャ正教会]](アテネ大主教庁、[[ギリシャ|ギリシャ共和国]]内を管轄)、同11月には[[アレクサンドリア総主教庁]]、翌[[2020年]]11月には{{仮リンク|キプロス正教会|en|Church of Cyprus}}と、ロシア正教会は新生[[ウクライナ正教会 (2018年設立)|ウクライナ正教会]](OCU)を承認した各国の正教会との断交を次々に宣言した。2019年[[1月7日]]の[[クリスマス|降誕祭]]の奉神礼で、[[モスクワ総主教]][[キリル1世 (モスクワ総主教)|キリル1世]]は、全正教会の[[首座主教]]の名を記念しなかった。これとは対照的に、[[ウクライナ正教会 (2018年設立)|新生ウクライナ正教会]]の首座主教である[[エピファニー (キエフ府主教)|エピファニー府主教]]は「最も聖なるモスクワ総主教キリル1世」を含む全正教会の首座主教の名を厳粛に記念した<ref>{{cite news|url=https://www.novayagazeta.ru/articles/2019/01/08/79120-rozhdestvo-tomosa|title=Рождество Томоса. Ждать ли первой религиозной войны на постсоветском пространстве?|last1=Солдатов|first1=Александр|date=9 January 2019|work=Новая газета|access-date=13 January 2019|language=ru|trans-title=Christmas of Tomos. Should we wait for the first religious war in the former Soviet Union ?}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.ekklisiaonline.gr/nea/ti-stigmi-pou-o-moschas-den-mnimonevi-orthodoxous-ton-mnimonevi-o-epifanios/|title=Τη στιγμή που ο Μόσχας δεν μνημονεύει Ορθοδόξους, τον μνημονεύει ο Επιφάνιος|last=Online|first=Εκκλησία|date=2019-01-10|website=ΕΚΚΛΗΣΙΑ ONLINE|language=el|access-date=2019-01-13}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://fanarion.blogspot.com/2019/01/blog-post_10.html|title=Φως Φαναρίου : Ο ΜΟΣΧΑΣ ΚΥΡΙΛΛΟΣ ΔΕΝ ΜΝΗΜΟΝΕΥΕΙ ΠΙΑ ΤΟΥΣ ΟΡΘΟΔΟΞΟΥΣ ΠΡΟΚΑΘΗΜΕΝΟΥΣ / Ο ΚΙΕΒΟΥ ΕΠΙΦΑΝΙΟΣ ΜΝΗΜΟΝΕΥΕΙ ΚΑΙ ΤΟΝ ΜΟΣΧΑΣ ΚΥΡΙΛΛΟ|last=Panagiotisandriopoulos|date=2019-01-10|website=Φως Φαναρίου|access-date=2019-01-13}}</ref>。
 
[[ウクライナ正教会 (モスクワ総主教庁系)|モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会]]の[[神学]]博士{{仮リンク|キリロ・ホヴォルン|uk|Кирило (Говорун)}}は「コンスタンティノープル総主教庁とロシア正教会の間の断交は、[[1054年]]の[[東西教会の分裂|東西教会分裂]]のような[[シスマ]]ではなく、あくまで“亀裂”である」とした<ref>{{cite web |last=Govorun |first=Cyrill |date=17 October 2018 |title=Why This Is Not a Schism? |url=https://bigorski.org.mk/en/reports/world-news/why-this-is-not-a-schism/ |location=Macedonia |publisher=Bigorski Monastery |access-date=8 January 2019}}</ref>。一方、[[アメリカ合衆国]][[プロテスタント]][[クリスチャニティ・トゥデイ]]」は、この断交を「1054年以来の最大の分裂」「[[宗教改革|プロテスタント]][[宗教改革|改革]]以来の最大のキリスト教分裂」と評した<ref>{{Cite web|url=https://www.christianitytoday.com/news/2019/january/ukrainian-russian-orthodox-church-schism-autocephaly.html|title=From Russia, Without Love: Ukraine Marks Orthodox Christmas with Biggest Schism Since 1054|last=Casper|first=Jayson|date=6 January 2019|website=[[Christianity Today]]|language=en|access-date=13 January 2019}}</ref>。
{{main|w:Reactions of the Eastern Orthodox churches to the 2018 Moscow–Constantinople schism}}