「COVID-19ワクチン」の版間の差分

→‎イスラエル: で4回目開始を追記
(節移動)
(→‎イスラエル: で4回目開始を追記)
 
=== イスラエル ===
2021年3月時点でも4月時点でも人口当たりのCOVID-19ワクチンの接種率が世界一となっているのは[[イスラエル]]である。[[ユダヤ人]][[ディアスポラ]]とのコネクションを通じてファイザー社の経営幹部から大量のワクチンの優先的な提供を受ける約束をリークすることにより、政治的不安定に直面する[[ベンヤミン・ネタニヤフ|ネタニヤフ]]首相の挽回戦略だとメディアが分析した<ref>{{Cite web|title=「ワクチン実績」に政治生命かけるネタニヤフ氏 イスラエル総選挙|url=https://mainichi.jp/articles/20210225/k00/00m/030/150000c|website=毎日新聞|accessdate=2021-06-16|language=ja|date=2021/2/25}}</ref><ref>{{Cite web|title=ワクチン戦略に賭けたネタニヤフ氏、2年で4回目のイスラエル総選挙|url=https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22529|website=[[WEDGE]] Infinity(ウェッジ)|date=2021-03-23|accessdate=2021-06-16}}</ref>。2021年8月に3回目接種を、2022年1月3日に4回目接種を開始した<ref>「4回目ワクチン イスラエル開始」『読売新聞』朝刊2022年1月5日(国際面)</ref>。
 
イスラエルのコロナワクチン対策専門家チーム代表で、イスラエル国内最大の保健機構「クラリット」のチーフ・イノベーション・オフィサーでもあるラン・バリチェルが2021年3月24日に、[[日本記者クラブ]]主催のリモート講演会で語ったところによると<ref name="wedge22563">{{Cite web|title=なぜ、イスラエルのコロナワクチン接種率は高いのか?|url=https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22563|website=[[WEDGE]] Infinity(ウェッジ)|date=2021-03-26|accessdate=2021-06-16}}</ref>、「昨年(2020年)の12月19日から高齢者優先で始まったワクチン接種は、16歳以上の全住民に対象が拡大され、イスラエル国民約920万人の60%がすで既に既に接種済みで、50%が2回接種済み。特に50歳以上は80%が2回目の接種を受けており、高齢者はワクチンで守られている<ref name="wedge22563" />」とのことであり、イスラエルが世界で最も早くワクチン調達できた理由は「昨年の12月より前にワクチンメーカーと事前購入契約を結んでいた。さらに感染が増えた場合にはファイザーや、ほかのメーカーと優先的に提供してもらう契約をしていた。」と説明<ref name="wedge22563" />。そして「その代わり、感染に関するデータは世界で共有するという条件が付いていた。つまりイスラエルがワクチン接種の『テストベッド』になることで大事なワクチンをより早く調達できた」と説明した<ref name="wedge22563" />。
 
イスラエルでのワクチン接種のしかたについては、「イスラエルではワクチン接種するためにワクチンクリニックを各地にオープンした<ref name="wedge22563" />」と言い、数百というクリニックを1週間でイスラエル全土に展開した、という。大きな病院や広場にテントを張るなどしてクリニックを設営し、接種を受けた人の管理は、20年前にデジタル化した[[電子カルテ]]を使って行い、誰が接種を受けたか、2回目の接種の日時の案内も1回目を受けた時点で決まるようにした、と言い、イスラエルでは[[デジタル化]]が進展していることが効率的なワクチン接種に大いに役立ったと明かした<ref name="wedge22563" />。また「透明性の確保が重要だった。われわれが知っていることと、分からないことをクリアなメッセージとして隠さず国民に伝えた<ref name="wedge22563" />。」と語った。
 
接種を促進する手法については「接種を受けた人には『グリーンバッジ』を付けてもらっている。」と説明。「スマホで接種を受けたことを証明するマークを受信しておけば、レストランの店内で食事ができ、コンサートや文化イベント等にも参加可。それに対して、接種を受けていない人はレストランの店外でしか食事ができないとするなど、接種を受けた人と受けてない人に違うルールを適用したことで、経済活動を安心して再開することができ、接種を増やす[[インセンティブ]]にもなった」と説明<ref name="wedge22563" />。