「フィンランド」の版間の差分

→‎国名・象徴: 国名項目を国名・象徴項目に修正 フィンランドの国の象徴と英語リンクを追加
(→‎文化: オリンピックの項目と スウェーデン選手団のリンクを追加 フィンランドの祝日の英語リンクを追加 フィンランドのスポーツと音楽の英語リンクを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(→‎国名・象徴: 国名項目を国名・象徴項目に修正 フィンランドの国の象徴と英語リンクを追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
なお、同国は[[欧州連合]]加盟国の一国であり、1995年に加盟している。2020年の[[経済平和研究所|積極的平和指数]]で欧州連合で第1位にランクされた<ref name=":0">{{Cite web|title=Research – Institute for Economics and Peace|url=https://www.economicsandpeace.org/research/|website=www.economicsandpeace.org|accessdate=2021-07-22}}</ref>。
 
== 国名・象徴 ==
=== 国名 ===
フィンランドは「[[フィン人]]の国」という意味で、スオミはフィン人の[[自称]]である。「スオミ」の[[語源]]については多くの説が提唱されており定説はないが、同じ[[ウラル系民族|ウラル系]]の「[[サーミ]]」や「[[ネネツ人|サーミッド]]」([[サモエード人|サモエード]])と同源とする見方がある。「フィン」については[[タキトゥス]]が残した「北方に住む貧しいフェンニ人」の記述<ref>注:『[[ゲルマニア (書物)|ゲルマニア]]』における記述。</ref> が最古のものである。「スオミ」については古くはフィンランド南西端、バルト海沿岸にある都市[[トゥルク]]を中心とする限られた地域を指す単語であったのが、のちに国土全体を指す単語に変容し、そこに住んでいたスオミ族の名がフィンランド語の名称になった。トゥルク周辺は現在では「本来のスオミ({{lang|fi|Varsinais-Suomi}})」と呼ばれている。「スオミ」は、フィンランド語で「[[湖沼]]・[[沼地]]」を表す単語「スオ」(suo)に由来すると言われる<ref>{{Cite web|title=フィンランドとは|url=https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-122914|website=コトバンク|accessdate=2019-05-12|language=ja|first=ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,世界大百科事典|last=第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及|archiveurl=https://web.archive.org/web/20190512124906/https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-122914|archivedate=2019年5月12日|deadlinkdate=}}</ref>。
 
 
[[英語]]表記は国名が「Finland」、国民が「Finn(s)」、形容詞は「Finnish」。
 
=== 国の象徴 ===
{{Main|{{仮リンク|フィンランドの国の象徴|en|Finnish national symbols}}}}
 
== 歴史 ==