「迷子石」の版間の差分

編集の要約なし
m (出典リンク切れ対処〈 代替配信サイトならリンクを削除 , WP:DEADREF , http://sciterm.nii.ac.jp/cgi-bin/reference.cgi 〉)
編集の要約なし
{{Otheruses||江戸時代から明治時代にかけての日本で、行方不明になった子供を探す手段として使われた伝言板|迷子}}
[[ファイル:Angular glacial erratic on Lambert Dome-750px.jpg|thumb|250px|[[ヨセミテ国立公園]]{{仮リンク|ランバートドーム|en|Lembert Dome}}の迷子石]]
'''迷子石'''(まいごいし、{{enEn|glacial erratic}}, {{enEn|erratic boulder}}<ref name="terms">[[文部省]]編 『[[学術用語集]] 地学編』 [[日本学術振興会]]、1984年、{{ISBN2|4-8181-8401-2}}。</ref>, {{enEn|erratic block}}<ref name="terms" />)とは、[[氷河]]によって削り取られた岩塊が、長い年月のうちに氷河の流れに乗って別の場所に運ばれ、氷河が溶け去った後に取り残された岩のこと。
 
多くの場合、その場所の[[地質]]とは異なる岩が不自然な形で留まるため、まるで誰かが意図的に置いたかのように見える。迷子石を調べることで、氷河がどのように存在したかが分かる。[[赤道]]付近の南[[アフリカ]]の[[ナミビア]]にある迷子石が、22億年前と6億年前に地球全体が厚い氷で覆われたという[[スノーボールアース]](全球凍結)仮説の証拠のひとつとして挙げられる<ref>[[日本放送協会|NHK]]「地球大進化」プロジェクト編 『[[NHKスペシャル]] 地球大進化 46億年・人類への旅 : 全球凍結』 [[日本放送出版協会]]、2004年、ISBN 4-14-080862-4。</ref>。アメリカの[[セントラルパーク]]には芝生の上に迷子石が残されている。ドイツの[[ベルリン大聖堂]]前の広場には,北欧から運ばれた迷子石で作られた[[:de:Granitschale im Lustgarten|シャーレ]]がある。
== 参考文献 ==
-->
 
== 関連項目 ==
* [[地球大進化〜46億年・人類への旅]]
 
== 外部リンク ==
* {{Cite web
| url = http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo06.html#015
| archiveurl = https://web.archive.org/20120117192958/nhk.or.jp/school/junior/yougo06.html#015
匿名利用者