「OSI参照モデル」の版間の差分

編集の要約なし
(概要にOSIモデルのテンプレートを追加)
タグ: 2017年版ソースエディター
編集の要約なし
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
'''OSI参照モデル'''(OSIさんしょうモデル、{{lang-en-short|OSI reference model}})は、[[コンピュータネットワーク]]で利用されている多数の[[通信プロトコル|プロトコル]]について、それぞれの役割を分類し、明確化するための[[モデル (自然科学)|モデル]]である<ref>{{Cite web|title=OSI参照モデルとは|url=https://kotobank.jp/word/OSI%E5%8F%82%E7%85%A7%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB-1905|website=コトバンク|accessdate=2021-06-17|language=ja|last=日本大百科全書(ニッポニカ),ASCII.jpデジタル用語辞典}}</ref>。[[国際標準化機構|国際標準化機構(ISO)]]によって策定された。'''OSI基本参照モデル'''、'''OSIモデル'''などとも呼ばれ、通信機能([[通信プロトコル]])を7つの階層に分けて定義している。
 
いくつかの教科書や、以下の「[[#例]]」の節で「理解を助けるための参考資料」などとして、[[Systems Network Architecture|SNA]]の7階層や、[[インターネット・プロトコル・スイート|TCP/IP]]の[[TCP/IPモデル]]に沿っているプロトコルなどを、このOSIのモデルに対応付けした表などが見られるが、[[Internet Engineering Task Force|IETF]]などが、[[インターネット・プロトコル・スイート]]の開発は、OSIに準拠する意図はないとしているようにてもそういった対応の多くをすること公式WTO/TBT協定の趣旨は存在し沿っ非関税障壁をいもくすため行為である<ref>TBT協定について https://www.jisc.go.jp/cooperation/wto-tbt-guide.html</ref>
 
== 概要 ==
[[File:OSI-model-Communication.svg|thumb|400px|OSI参照モデル間の通信(例:第3層から第5層)]]
OSI参照モデルは、[[1977年]]から[[1984年]]にかけて定義された[[開放型システム間相互接続|OSI]]のために策定されたが、OSI自体は普及せず、OSI参照モデルだけがネットワークの基礎知識として広まったものである。そのため、現在標準的幅広くに利用されている[[Ethernet]]、[[TCP]]/[[IP]]とは適合しておらずいないという主張がある。<ref>{{Cite web|title=Why it's time to let the OSI model die|url=https://www.networkworld.com/article/2276158/why-it-s-time-to-let-the-osi-model-die.html|website=Network World|date=2008-09-23|accessdate=2021-08-28|language=en|first=Steve Taylor and Jim|last=Metzler}}</ref>、ネットワークを理解するためのモデルとして不適切であるという意見ある<ref>{{Cite web|title=Computers Are Bad|url=https://computer.rip/2021-03-27-the-actual-osi-model.html|website=computer.rip|accessdate=2021-08-28}}</ref>。OSI参照モデルはISO 7498として規格化され、後に[[ITU-T]]ではX.200<ref>ITU X.200-1988 https://www.itu.int/rec/dologin_pub.asp?lang=e&id=T-REC-X.200-198811-S!!PDF-E&type=items</ref>、[[日本産業規格|JIS]]ではJIS X5003として、同一内容を定義している。ITU, JISともにネットで規格文書を公開しており、通信規約を規定する技術仕様を記述する上での出発点として用いることができる
 
OSI参照モデルはISO/IEC 7498として規格化され、後に[[ITU-T]]ではX.200、[[日本工業規格|JIS]]ではJIS X5003として、同一内容を定義している。
 
=== レイヤー構成 ===
[[1984年]]、情報処理システム技術委員会はSC 16からSC 21にOSIの標準化を引き継がせ、[[1985年]]に応用層の新プロトコルを標準化項目に追加した。{{要出典範囲|その後現在まで、拡張や新たなプロトコルの制定が続けられている。|date=2021年8月}}
 
その後、当初の予定では、OSI参照モデルを基に、準拠した通信機器やソフトウェアが開発・製品化していくはずであったが、TCP/IPが[[1990年]]代中ごろから急速に普及したため、OSI準拠製品は普及しないまま、現在に至る。
 
== 回線速度と通信速度 ==