「山田スイミングクラブ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(+cat)
m
'''山田スイミングクラブ'''とは、かつて存在した[[水泳|スイミング]]クラブ。
 
[[東京オリンピック]]で[[競泳]]競技が不振であったことから、当時[[ロート製薬]]社長であった[[山田輝郎]]が私財1億円を提供し、[[大阪府]]に[[1965年]]3月に開設した。東京の代々木スイミングスクールとならび日本における最初期の[[スイミングスクール]]と言われる。全国の有望選手に[[英才教育]]を施すことを目的としていた。
指導者としては、後に[[イトマンスイミングスクール]]のコーチとなる[[奥田精一郎]]、[[加藤浩時]]がいた。
 
[[1972年]]12月にはオリンピックメダリストを養成するとした初期の目標を達成し、山田輝郎が高齢となったとして解散を発表し、選手や指導ノウハウなどが[[イトマンスイミングスクール]]に受け継がれた。
 
==参考文献==