「ラヂオプレス」の版間の差分

毎日新聞を出典に近況や設立経緯を加筆
(毎日新聞を出典に近況や設立経緯を加筆)
|特記事項 =
}}
'''一般財団法人ラヂオプレス'''(ラジオプレス、{{lang-en-short|Radiopress, Inc.}}<ref>{{PDFlink|[http://www.koueki.jp/disclosure/ra/radio/0.pdf 一般財団法人ラヂオプレス定款]}}</ref>、略称: RP)は、主に旧[[共産圏]]の[[ラジオ]]や[[テレビ]]放送を聴取・視聴し([[メディアモニタリング]])、その情報を元に翻訳・作成した記事を[[報道機関]]や[[日本国政府|政府]]や[[報道機関]]などに配信する[[日本]]の[[通信社]]である<ref name="毎日20220106">[https://mainichi.jp/articles/20220106/ddm/003/040/108000c 【オシント新時代 荒れる情報の海】省庁縦割り 人材不足/内調幹部 出向ポスト]『[[毎日新聞]]』朝刊2022年1月6日3面(2022年1月10日閲覧)</ref>
 
== 概要 ==
電話帳<ref>{{cite book|和書|editor=[[NTTタウンページ|NTT番号情報]]|title=デイリータウンページ 渋谷・新宿区版|date=2012-03|publisher=[[東日本電信電話]]|page=417}}</ref>や過去の出版物では'''ラヂオプレス通信社'''とも記載されている。現所在地は[[東京都]][[新宿区]][[若松町 (新宿区)|若松町]]33-8アール・ビル新宿。職員数は60100名程度の職員が3交代24時間体制で、35カ国・地域の放送や通信社の配信を聴取している<ref name="毎日20220106"/>
 
=== 外務省ラヂオ室からラヂオプレスへ ===
前身は当時[[1941年]]([[昭和]]16年)[[12月1日]]([[太平洋戦争]]の直前)、日本[[外務省]]情報部調査第三課の[[事務官]]で[[アマチュア無線]]家でもあった樺山資英<ref>[[大正]]時代に[[第2次山本内閣]]で[[内閣書記官長]]のポストに就いた[[樺山資英]]とは[[同姓同名]]の'''別人'''</ref>が、同部に[[1941年]]([[昭和]]16年)[[12月1日]]([[太平洋戦争]]の直前)に創設させた外務省「ラヂオ室」である<ref>創設には1938年頃とする説もある。またこのときの名前を引き継いで、外務省からの独立時もラ'''ヂ'''オプレスという表記を用いた。出典:[[朝日新聞]]朝刊2015年2月5日朝刊、10面。</ref>。日本は[[アメリカ合衆国]]や[[イギリス]]などと対立を深めて情報が入りにくくなり、[[短波放送]]の傍受を情報収集・分析に役立てる狙いがあった<ref name="毎日20220106"/>。
 
[[1946年]](昭和21年)[[1月21日]]に認可を得て独立し外務省所管の[[財団法人]]になった。この事情から外務省の外郭団体として機能することになり、[[冷戦]]時代は一貫して[[西側諸国|西側]][[反共主義|反共]]陣営に付いた、[[日本国政府]]の[[共産圏]]諸国に対する[[諜報]]機能を引き受けてきた。独立後は[[#RPN|本社]]は東京都中央区銀座2-2の越後屋ビル5階とされていたが、後に東京都[[新宿区]][[河田町|市谷河田町]](現・[[河田町ガーデン]])にあった[[フジテレビジョン]]旧本社内に移転した。
戦後の[[1946年]](昭和21年)[[1月21日]]に認可を得て独立し外務省所管の[[財団法人]]になった。この事情から外務省の外郭団体として機能することになり、[[冷戦]]時代は一貫して[[西側諸国]]の一員である日本の組織として、[[ソビエト連邦]]や[[中華人民共和国]]、[[朝鮮民主主義人民共和国]](北朝鮮)など[[東側諸国]]を中心に公開情報の収集・分析([[オープン・ソース・インテリジェンス]])を担った<ref name="毎日20220106"/>。
 
[[1946年]](昭和21年)[[1月21日]]に認可を得て独立し外務省所管の[[財団法人]]になった。この事情から外務省の外郭団体として機能することになり、[[冷戦]]時代は一貫して[[西側諸国|西側]][[反共主義|反共]]陣営に付いた、[[日本国政府]]の[[共産圏]]諸国に対する[[諜報]]機能を引き受けてきた。独立後は[[#RPN|本社]]は東京都中央区銀座2-2の越後屋ビル5階とされていたが、後に東京都[[新宿区]][[河田町|市谷河田町]](現・[[河田町ガーデン]])にあった[[フジテレビジョン]]旧本社内に移転した。
 
=== 北朝鮮情報のプロとして ===
河田町時代には戦前の[[特務機関|ハルビン特務機関]]や[[露西亜通信社|日ソ通信社]]を出自とする[[公安調査庁]]傘下の[[極東通信社]]とともに、[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]([[朝鮮の声放送|朝鮮中央放送]][[華人民共和|中国]]([[中国国際放送|北京放送]]の国内向け放送、[[国際放送]]などを受信しその内容を分析、配信していた。かつては運営原資として[[内閣情報調査室]]から[[官房機密費|情報調査委託費]]を交付されていたが、[[冷戦|冷戦構造]]の終焉と共にこれが打ち切られると資金的に困窮し、当時の理事長[[中田格朗]]は引退を迫られる。それ以後、理事長は退職外務省高官の[[天下り]]先ポストとなった。{{see also|情報機関の一覧#日本|内閣情報調査室#過去に情報調査委託費の交付が確認されている団体}}
 
極東通信が[[防衛省|防衛庁]]([[陸上自衛隊]][[調査隊 (陸上自衛隊)|中央調査隊]]。現・[[自衛隊情報保全隊|情報保全隊]])に事実上吸収されて解散した後は、放送受信をベースとする国内唯一の[[情報機関]]として、公安調査庁調査第二部などとともに、主に北朝鮮情報の収集にあたっている。{{see also|公安調査庁#内部部局}}
 
[[1994年]]([[平成]]6年)[[7月9日]]、北朝鮮建国の父で[[朝鮮民主主義人民共和国主席|国家主席]]だった[[金日成]]の死亡情報を、[[朝鮮中央放送]]のモニタリングで入手し、各報道機関に配信したことで注目を集めた<ref name="毎日20220106"/>。{{see also|金日成#死去}}
 
1997年、フジテレビが東京都[[港区 (東京都)|港区]][[台場 (東京都港区)|台場]]に[[FCGビル]]を新築し移転したため、旧本社に近い新宿区若松町の現在地に移転。{{see also|フジテレビジョン#お台場移転の経緯|河田町ガーデン#概要}}
 
[[2011年]](平成23年)[[12月19日]]には、[[金正日]]の死去を知らせる特別放送の実施予告もいち早く察知し、それまで状況を全く把握できていなかった[[霞が関]]の外務本省や[[総理大臣官邸|総理官邸]]、内閣情報調査室などを出し抜いた。{{main|金正日の死#国内外への公表|金正日#死去}}
また、『朝鮮民主主義人民共和国組織別人名簿』『[[ロシア]]の現況』など、独自に編集した名簿や[[本|書籍]]を定期的に出版している。
 
[[2012年]](平成24年)[[4月1日]]に、[[一般財団法人]]に移行した。
== 刊行物==
<div id="RPN">[[File:Reported_DPRK_Letter_to_JBA.pdf|thumb|200px|「[[:s:在日抑留朝鮮人問題に関する日本国際法律家協会への書簡|北鮮から日本法律家協会に書簡]]」と題する記事を掲載した1958年のRPニュース。]]</div>
RPニュースは、外国放送局の放送の原文やその要約した内容を伝えている。1958年版では「放送されたニュースそのものの真偽については、なんら責任を負いえず、またここにのべられた意見はRPの意見ではない」と注記され、日本向け[[短波]]ラジオ放送の[[朝鮮の声放送#日本語放送|朝鮮の声]]の内容が報じられている。
 
RPは[[北京放送]]や[[人民日報]]、[[モスクワ放送]]などの内容とその解説を掲載している。
 
RPニュースとRPのいずれも、[[国立国会図書館]]デジタルコレクション対応端末で1956年と1958年発行のものを読むことができる(下記)。
== 関連項目 ==
* [[オープン・ソース・インテリジェンス]]
* [[クレムリノロジー]]
* [[情報機関]]
* [[周波数帳]]
* [[冷戦]]
* [[ラジオライフ]]
* [[スクラップブック]]
* [[図書館情報学]]
 
== 参考文献 ==
|doi = 10.11501/3120563
|ref = harv }}
*鳥居英晴『国策通信社「同盟」の興亡通信記者と戦争』[[花伝社]]、2014年。{{ISBN2|978-4-7634-0708-5}} C3036。
* [[江畑謙介]]『情報と国家-収集・分析・評価の落とし穴』講談社〈[[講談社現代新書]]〉、2004年。{{ISBN2|4-06-149739-1}}。
* 『ラジオマニア2009』[[三才ブックス]]、2009年。{{ISBN2|4-86199-046-7}}。