「O-S境界」の版間の差分

m
(name-list-style)
 
=== 火成活動 ===
{{仮リンク|後期オルドビス紀の氷河作用|en|Late Ordovician glaciation}}に先駆けて、大気の二酸化炭素濃度 7,000 [[ppm]] から 4,400 ppm へ低下していた<ref name="Young 2010">{{Cite journal|author1=Seth A. Young |author2=Matthew R. Saltzman |author3=William I. Ausich |author4=André Desrochers |author5=Dimitri Kaljo |title=Did changes in atmospheric CO<sub>2</sub> coincide with latest Ordovician glacial–interglacial cycles? |journal=Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology |volume=296 |issue=3–4 |date=2010-10-15 |pages=376–388 |url=https://doi.org/10.1016/j.palaeo.2010.02.033 |doi=10.1016/j.palaeo.2010.02.033}}</ref><ref name="Hecht 2010">{{Cite web|author=Jeff Hecht |url=https://www.newscientist.com/article/dn18618-highcarbon-ice-age-mystery-solved.html |title=High-carbon ice age mystery solved |publisher=''New Scientist'' |date=2010-03-08 |accessdate=2014-06-30}}</ref>。火山活動により堆積した新しい珪酸塩岩は浸食をうけると大気中に二酸化炭素が引き出される。二酸化炭素の重要な役割は2009年の論文で示されている<ref>{{cite journal| author=Young. S.A.| title=A major drop in seawater 87Sr/86Sr during the Middle Ordovician (Darriwilian): Links to volcanism and climate?| journal=Geology| year=2009 | volume=37 | issue=10 | pages=951–954| url=http://u.osu.edu/saltzman.11/files/2014/05/young_etal_2009_final-28qe1mk.pdf| accessdate = 2017-10-23|doi = 10.1130/G30152A.1|display-authors=etal| bibcode=2009Geo....37..951Y}}</ref>。大気と海洋の二酸化炭素レベルはゴンドワナ氷床の成長・崩壊に伴って変動した可能性がある<ref name=":3">{{Cite web|url=http://simplelink.library.utoronto.ca/url.cfm/502712|title=Get it! Helper Window {{!}} University of Toronto Libraries|website=simplelink.library.utoronto.ca|access-date=2016-04-08}}</ref>後期オルドビス紀を通して、大規模な火山活動からのガス放出はアパラチア山脈の隆起による激しい風化によってバランスがとれていた。ヒルナンシアン期になると火山活動は停止し、継続的な風化によって二酸化炭素は急激に減少することとなった<ref name="Hecht 2010" />。これは急速で短い氷河期と一致する。
 
また、火成活動は必ずしも温暖化に寄与したとは限らない。火山から噴出した[[二酸化硫黄]]が大気中で[[硫酸]]の[[エアロゾル]]を生み出し、それが地表に届く太陽光を遮蔽して気候の寒冷化、そして氷床の発達に寄与したとも考えられている。また、同研究では以下に説明する有害金属も火成活動に由来すると推論されている<ref name=東北/>。