「山田スイミングクラブ」の版間の差分

出身選手追加
m
(出身選手追加)
創設1年半後の[[1966年]]8月に開催された日本水泳選手権では、出場27選手のうち25選手が入賞。6種目で優勝するなど英才教育の成果を現している。
 
[[1972年]]12月にはオリンピックメダリストを養成するとした初期の目標を達成し、山田輝郎が高齢となったとして解散を発表し、選手や指導ノウハウなどが[[イトマンスイミングスクール]]に受け継がれた。
出身選手としては[[1972年]][[ミュンヘンオリンピック]]女子100メートル[[バタフライ]][[金メダリスト]]の[[青木まゆみ]]、[[1968年]][[メキシコオリンピック]]女子200メートル[[個人メドレー]]5位の[[西側よしみ]]、女子100メートル[[平泳ぎ]]6位の[[中川清江]]がいる。
 
==主な出身選手==
指導者としては、後に[[イトマンスイミングスクール]]のコーチとなる[[奥田精一郎]]、[[加藤浩時]]がいた。
*[[青木まゆみ]] [[1972年]][[ミュンヘンオリンピック]]女子[[バタフライ]]100m 優勝
*[[西側よしみ]] [[1968年]][[メキシコオリンピック]]女子[[個人メドレー]]200m 5位
*[[中川清江]] [[メキシコオリンピック]]女子[[平泳ぎ]]100m 6位
*[[我部貴美子]] [[1967年]]日本水泳選手権 女子背泳ぎ100m、200m 優勝
*[[藤井康子]] 1967年日本水泳選手権 女子個人メドレー200m、400m 優勝
 
==指導者==
[[1972年]]12月にはオリンピックメダリストを養成するとした初期の目標を達成し、山田輝郎が高齢となったとして解散を発表し、選手や指導ノウハウなどが[[イトマンスイミングスクール]]に受け継がれた。
指導者としては、後に[[イトマンスイミングスクール]]のコーチとなる[[奥田精一郎]]、[[加藤浩時]]がいた。
 
==参考文献==
匿名利用者