「昌子源」の版間の差分

編集の要約なし
小学生時代にフレスカ神戸でサッカーを本格的に始める<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.132"/>。入団当初のポジションはフォワードであった<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.132"/>。
 
中学生になると、[[ガンバ大阪]]ジュニアユースに入団してプレーを続ける<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.132" />。当時のチームメイトに[[宇佐美貴史]]や[[大森晃太郎]]がおり、中学1年時は共に同じピッチに立ってプレーをしていた<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.132" />。中学2年に入る頃に膝を負傷し、満足にプレーできない日々が続いた<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.133">安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.133</ref>。中学3年の途中でG大阪のジュニアユースを退団し、しばらくサッカーをしない空白期間があった
中学3年の途中でG大阪のジュニアユースを退団し、しばらくサッカーをしない空白期間があった。
 
当時JFAのB級ライセンス受講者を対象としたインストラクターを務めていた父インストラクターのアシスタントとして講習会に参加していた[[米子北高等学校|米子北高校]]サッカー部のコーチの中村真吾進路が決まっていなかった昌子の練習参加を提案。当初昌子自身は高校でサッカーを続ける意思は無かったが、練習参加がきっかけとなり、米子北高校へ進学し、新たなスタートを切った<ref>『CHANT』
【鹿島アントラーズ】 サッカー選手を支える人々 第3回~昌子源選手の父 昌子力さん 前編~</ref>。しかし、大型フォワードとして期待されて入学したものの、満足に試合に出られない日々が続いていた。
 
1年の夏に当時JFLの[[ガイナーレ鳥取]]との練習試合で味方DFが負傷した際に、たまたま監督の真横に座っていたFWの昌子に声がかかった。そしてコートジボワールの世代別代表経験を持つ5歳上のFW[[コン・ハメド]]を相手に堂々とプレーしたため、監督の城市よりからセンターバックへのコンバートを命じられ、サッカー選手としての大きな岐路に立つこととなった<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.133" />。昌子は当時の心境について「最初は本当に嫌だった。FWをやらせてくれよとずっと思っていた。でも、監督やコーチからは『絶対にFWはやらせない』と言われて、高校2年にあがる時には、CBを真剣にやらないと試合に出られなくなると思って、取り組むようになった」と述べている<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.133" />。気持ちを切り替えた昌子は次第にレギュラーとして定着し、経験を積む毎にCBとしての才能を開花させていった<ref>安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.134</ref>。
 
2010年4月、高校3年に上がる頃にはU-19日本代表候補として招集されるまでに成長し、神戸合宿に参加、[[ヴィッセル神戸]]との練習試合に出場する<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.136">安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.136</ref>。しかし、この試合で目立った活躍を見せられなかった昌子は代表候補から落選することとなるした<ref name="安藤隆人『プラチナ世代のW杯』p.136" />。
 
=== 鹿島アントラーズ ===
 
=== ガンバ大阪 ===
2020年2月4日、ガンバ大阪完全移籍で加入することが発表された<ref>{{Cite press release |date=2020-02-03 |url=https://www.gamba-osaka.net/news/index/no/10810/ |title=昌子 源選手 ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ |publisher=ガンバ大阪 |accessdate=2020-02-03}}</ref>。[[デイリースポーツ]]によれば移籍金は200万[[ユーロ]]でガンバ大阪とは5年契約を結んだとされている<ref name="lesviolets">{{cite web | title=DF昌子源 G大阪と5年契約「2位以下は一緒、優勝あるのみ」加入会見で決意語る | url=https://www.daily.co.jp/soccer/2020/02/06/0013092825.shtml | publisher=[[デイリースポーツ]] | date=2020-02-06 | accessdate=2020-02-06}}</ref>。加入後は負傷により離脱していたが、8月5日の[[2020年のJリーグカップ|ルヴァンカップ]]GL第2節の[[大分トリニータ]]戦でスタメン出場し、移籍後初出場を果たした。8月8日のJ1第9節の[[横浜FC]]戦で移籍後リーグ戦初出場を果たすと、その後もチームの主力選手として守備を牽引している。
 
=== 日本代表 ===
[https://www.theworldmagazine.jp/20150628/05feature/8814 [若きサムライ インタビュー#1 ]DF昌子源「1対1では誰にも負けない」]</ref> 。
* 実姉は女優やアートディレクターとして活動する[[昌子楓]]。
* 好きな言葉は、「いいときはみんなのおかげ」<ref>[https://style.nikkei.com/article/DGXMZO12619080X00C17A2UP1000?channel=DF220420167274 Jリーグ鹿島アントラーズ昌子源さんに聞く10のこと]</ref>
* 2016年10月に一般女性と入籍<ref>{{Cite web |date=2017年1月5日 |url=https://www.football-zone.net/archives/49872 |title=鹿島DF昌子が一般女性との入籍を発表! 「より一層サッカーに集中し精進していきます」 |publisher=Football ZONE WEB |accessdate=2019年1月21日}}</ref>。
* 2019年9月2日、[[バンディオンセ加古川]](現[[Cento Cuore HARIMA)HARIMA]])のスーパーバイザーに就任すると発表された<ref name=kbp>{{Cite news|url=https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201909/0012663152.shtml|title=バンディオンセ加古川 日本代表DF昌子の経営参加を正式発表|publisher=[[神戸新聞]]|date=2019-9-2|accessdate=2019-9-5}}</ref> が、ガンバ大阪への移籍を機に退任。
 
== 所属クラブ ==
|-
|1.
|2015年3月31日||{{Flagicon|JPN}}[[東京]]||[[東京スタジアム]]||{{UZBf}}||○5-1|| rowspan="11" |[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||JALチャレンジカップ2015
|-
|2.
|2016年6月3日||{{Flagicon|JPN}}[[豊田]]||[[豊田スタジアム]]||{{BGRf}}||○7-2||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[キリンカップサッカー2016]]
|-
|3.
|2017年6月7日||{{Flagicon|JPN}}[[東京]]||[[東京スタジアム]]||{{SYRf}}||△1-1||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[キリンチャレンジカップ|キリンチャレンジカップ2017]]
|-
|4.
|2017年6月13日||{{Flagicon|IRN}}[[テヘラン]]||[[シャヒード・ダストゲルディ・スタジアム|PASスタジアム]]||{{IRQf}}||△1-1||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]| rowspan="3" |[[2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選|2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選]]
|-
|5.
|2017年8月31日||{{Flagicon|JPN}}[[さいたま]]||[[埼玉スタジアム2002]]||{{AUSf}}||○2-0||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選|2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選]]
|-
|6.
|2017年9月5日||{{Flagicon|SAU}}[[ブライダ]]||[[キング・アブドゥッラー・スポーツシティ|キングアブドゥラースポーツシティスタジアム]]||{{SAUf}}||●0-1||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選|2018 FIFAワールドカップ・アジア最終予選]]
|-
|7.
|2017年10月10日||{{Flagicon|JPN}}[[横浜]]||[[横浜国際総合競技場|日産スタジアム]]||{{HTIf}}||△3-3||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[キリンチャレンジカップ|キリンチャレンジカップ2017]]
|-
|8.
|2017年12月9日|| rowspan="3" |{{Flagicon|JPN}}[[東京]]|| rowspan="3" |[[東京スタジアム|味の素スタジアム]]||{{PRKf}}||○1-0||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]| rowspan="3" |[[EAFF E-1サッカー選手権2017]]
|-
|9.
|2017年12月12日||{{CHNf}}||○2-1
|2017年12月12日||{{Flagicon|JPN}}[[東京]]||[[東京スタジアム|味の素スタジアム]]||{{CHNf}}||○2-1||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[EAFF E-1サッカー選手権2017]]
|-
|10.
|2017年12月16日||{{KORf}}||●1-4
|2017年12月16日||{{Flagicon|JPN}}[[東京]]||[[東京スタジアム|味の素スタジアム]]||{{KORf}}||●1-4||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]||[[EAFF E-1サッカー選手権2017]]
|-
|11.
|2018年3月23日||{{Flagicon|BEL}}[[リエージュ]]||[[スタッド・モーリス・デュフラン]]||{{MLIf}}||△1-1||[[ヴァヒド・ハリルホジッチ|ハリルホジッチ]]| rowspan="2" |国際親善試合
|-
|12.
|2018年6月12日||{{Flagicon|AUT}}[[インスブルック]]||[[ティヴォリ・シュターディオン|チボリ・シュタディオン]]||{{PRYf}}||○4-2|| rowspan="4" |[[西野朗]]||国際親善試合
|-
|13.
|2018年6月19日||{{Flagicon|RUS}}[[サランスク]]||[[モルドヴィア・アリーナ]]||{{COLf}}||○2-1||[[西野朗]]| rowspan="3" |[[2018 FIFAワールドカップ]]
|-
|14.
|2018年6月24日||{{Flagicon|RUS}}[[エカテリンブルク]]||[[セントラル・スタジアム|エカテリンブルクアリーナ]]||{{SENf}}||△2-2||[[西野朗]]||[[2018 FIFAワールドカップ]]
|-
|15.
|2018年7月2日||{{Flagicon|RUS}}[[ロストフ]]||[[ロストフ・アリーナ]]||{{BELf}}||●2-3||[[西野朗]]||[[2018 FIFAワールドカップ]]
|-
|16.
|2019年3月22日||{{Flagicon|JPN}}[[横浜]]||[[横浜国際総合競技場|日産スタジアム]]||{{COLf}}||●0-1|| rowspan="4" |[[森保一]]|| rowspan="3" |[[キリンチャレンジカップ|キリンチャレンジカップ2019]]
|-
|17.
|2019年6月5日||{{Flagicon|JPN}}[[豊田]]||[[豊田スタジアム]]||{{TTOf}}||△0-0||[[森保一]]||[[キリンチャレンジカップ|キリンチャレンジカップ2019]]
|-
|18.
|2019年6月9日||{{Flagicon|JPN}}[[宮城]]||[[宮城スタジアム|ひとめぼれスタジアム宮城]]||{{SLVf}}||○2-0||[[森保一]]||[[キリンチャレンジカップ|キリンチャレンジカップ2019]]
|-
|19.
|2021年6月7日||{{Flagicon|JPN}}[[大阪]]||[[市立吹田サッカースタジアム|パナソニックスタジアム吹田]]||{{TJKf}}||○4-1||[[森保一]]|| [[2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選]]兼[[AFCアジアカップ2023予選]]
|}
 
匿名利用者