「青木桃」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
3歳から水泳を習い始め、小学生時代は主に[[アーティスティックスイミング]]、中学2年生で競泳に転向。高校時代は朝5時に起床し朝練。授業が終わるとまた練習の日々を続け、[[ジュニアオリンピック]]出場。[[全国高等学校総合体育大会|インターハイ]]に出場した<ref name=":SOD">{{Cite web|url=https://news.sod.co.jp/adultvideo/whats-new/94043/|title=SODstar×本物アスリート 鍛え抜かれたしなやかな身体が水中で美しく舞う!「シンクロ国際大会強化選手」「競泳日本選手権出場」 青木桃AVデビューインタビュー|accessdate=2021-08-23|publisher=日刊SODオンライン|date=2021-08-08}}</ref>。
 
怪我をしたため山梨学院大学に進学も怪我競技生活から事実上の引退<ref name=":0"/>。次に何をしようかと思った時、芸能関係とともに裸で美しさを見せるAV業界に惹かれた。「裸になるということで表現の幅が広がるかもっていうのと、綺麗に映像として撮られてみたいって思いが強かったです」<ref name=":SOD"/>。「やらない後悔よりやって後悔」<ref name=":0"/>。また「(水泳も優勝して)目立ちたいという思いがあり、AVなら目立てると思ったため」等、デビュー経緯を語っている<ref name=":DINOYOUTUBE">{{Cite web|url=https://www.youtube.com/watch?v=0Dl9ul_jX08|title=【青木桃】A○女優になったきっかけは?周りの反応は?|accessdate=2021-08-23|publisher=DINO channel|date=2021-08-20}}</ref>。
 
デビュー作は[[SODクリエイト]]代表である[[野本義明]]自ら監督しており、アスリートの作品を何としても五輪開幕前にリリースしたいという思いからプロジェクトに2カ月間かけ、異例の撮影日数のべ14日間という作品となった。ビデオパッケージでは流通が間に合わないことから2021年7月13日に配信のみという形でデビューを迎えた<ref>{{Cite web|url=https://news.sod.co.jp/avactress/90895/|title=【緊急発売決定】「シンクロ国際大会強化選手」「競泳日本選手権出場」17年間プールに青春の全てを捧げたAV史上最高の本物アスリート・青木桃!SODstarからAVデビューー!!【8月予約開始】|accessdate=2021-08-16|publisher=日刊SODオンライン|date=2021-07-05}}</ref>。苦労した点は撮影スケジュールが緊急事態宣言と重なり、撮影予定だったプールが閉鎖されてしまったこと。屋外プールではイメージシーンのみしか撮影できないため、急遽絡みシーンの撮影可能な屋内プールを探し、抑えたという。