「クラーケン」の版間の差分

冒頭:イカ・タコ→タコ(出典厳守)。ハーヴグーヴァ+。アンゴラ目撃は→‎目撃例*.にサゲ&{{cn}}+ || /*名称: 箇所を(出典皆無なのでWP:ORとみなし)添削コメントアウト(範囲:"英語の同根語~"畸形的な動物」を意味するようになっていたらしい"迄)∴{{言葉を濁さない}}降板
(冒頭:イカ・タコ→タコ(出典厳守)。ハーヴグーヴァ+。アンゴラ目撃は→‎目撃例*.にサゲ&{{cn}}+ || /*名称: 箇所を(出典皆無なのでWP:ORとみなし)添削コメントアウト(範囲:"英語の同根語~"畸形的な動物」を意味するようになっていたらしい"迄)∴{{言葉を濁さない}}降板)
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
{{Otheruses}}
{{言葉を濁さない|date=2019年7月15日}}
[[ファイル:Colossal octopus by Pierre Denys de Montfort.jpg|thumb|250px|[[フランス]]の[[軟体動物学|軟体動物学者]][[ピエール・デニス・ド・モンフォール]] ([[:en:Pierre Denys de Montfort|en]]) が描いた巨大・頭足類([[1801年]]公表)。<br />船乗りが「このような巨大・頭足類にノルウェー近海やアイスランド沖・アフリカ南部のアンゴラ沖などにて襲われた」と記録している。]]
'''クラーケン'''([[ノルウェー語]]等:{{Lang|nob<!--etc.-->|'''Kraken'''}})は[[北ヨーロッパ|北欧]]に伝わる「[[海]]の[[怪物]]」。巨大[[タコ]]や[[イカ]]など巨大なとして描かれる[[頭足類図像]]のような絵定着して<ref>{{Cite web |url = https://kotobank.jp/word/クラーケン-1161440 |title = 世界大百科事典 第2版の解説 |publisher = コトバンク |accessdate = 2018-02-18 }}</ref>。
 
ただ、北欧人が[[グリーンランド海]]域に出現したと伝える[[ハーヴグーヴァ]](島のような巨魚か巨鯨?)と同一であろう、との主張も文献にみられる。
[[中世]]から[[近世]]にかけて[[ノルウェー]]近海や[[アイスランド]]沖に出現したと伝わる。[[19世紀]]の[[南部アフリカ|アフリカ南部]]は[[アンゴラ]]沖に現れた海の怪物もクラーケンでないかと言われている。
 
== 名称 ==
 
{{Lang|all|Kraken}} は、[[北ゲルマン語群]](ノルド諸語、北欧諸語)に見られる {{Lang|gmq|krake}} ({{IPA|ˈkrɑːkə}}[[[仮名 (文字)|仮名]][[転写 (言語学)|転写]]:クラーケ]、意:[[wikt:en:pole|pole]]、[[wikt:en:post|post]]、[[wikt:en:竿|竿]]、[[wikt:en:棒|棒]]、[[wikt:en:柱|柱]])に {{Lang|gmq|-n}} が付いた[[冠詞#定冠詞|定冠詞形]]である<ref name="新英和大辞典" /><ref name="D.com" />。
<!--
 
この語は[[英語]]の [[wikt:en:crook|crook]] (意:先がた[[司教杖]][[羊飼い#牧杖|牧杖]]<!--司教杖へのリダイレクトを回避(日本語では区別されていないが、本来は違う物だから)-->[[[羊飼い]]〈[[w:Shepherd等{{efn2|en]]〉の杖、shepherd's crook]、[[司教杖]]<ref>羊飼いの杖(牧杖)に由来し、ときに「牧杖」とも呼ばれる。</ref>、など}})や [[wikt:en:crank|crank]] (意:捻じ曲がったもの、曲がりくねったもの、変わり者、つむじ曲がり、奇想のもの、[[クランク (機械要素)|[機械の]クランク]]、[[クランク (道路)|[道路の]クランク]]、など)と[[ゲルマン語派]]のレベルで[[同根語|同根]]であり、怪物クラーケンの怖ろしい湾曲性の[[腕]]を想起しての名付けであったことが窺える。その後、北欧においてこの怪物の名は「[[畸形]]的な動物」を意味するようになっていたらしい。-->
 
その後、北欧においてこの怪物の名は「[[畸形]]的な動物」を意味するようになっていたらしい<!--注:「なっていたらしい」は誤記ではないので改訂無きよう-->。ここに見られる「畸形」の語義は英語 crank の中にもニュアンスとして現れている。
 
== 伝承 ==
[[ダイオウホウズキイカ]]属(学名:{{Lang|lat|''genus {{Sname||Mesonychoteuthis}}''}})は現生最大とされ、その全長はダイオウイカを上回る14mに及ぶ。また、ダイオウイカと同様、推定全長20mとの不確定記録がある。
深海棲の彼らにはいまだ謎が多く、推論や臆測を生む要素を多く持つ。
 
=== 目撃例 ===
 
[[中世]]から[[近世]]にかけて[[ノルウェー]]近海や[[アイスランド]]沖に出現したと伝わる。[[19世紀]]の[[南部アフリカ|アフリカ南部]]は[[アンゴラ]]沖に現れた海の怪物もクラーケンでないかと言われている{{cn|date=2022年1月}}
 
== フィクションでの特徴==