「AKB48グループ」の版間の差分

表現変更
(見出し変更)
(表現変更)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
 
=== 選抜メンバー ===
AKB48グループは大人数であるため、各グループごとでも所属メンバー全員が揃うことは少ない。グループの活動形態として、おもに劇場公演のメンバーを構成する単位である[[#チーム|チーム制]]のほかに、シングル表題曲の歌唱メンバーに代表される「選抜メンバー」の制度がある。人数が増えるとCDジャケットにメンバー全員が収まらなくなったことや、音楽番組側の人数削減要請などがあり、この制度が生まれた<ref>[http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1110/28/news022_4.html “「分からないものが一番いい」――秋元康氏のAKB48プロデュース術 (4/7)”]. ''ITmedia ビジネスオンライン'' (アイティメディア). (2011年10月28日) 2018年12月9日閲覧。</ref>。選抜メンバーは運営スタッフにより決められており、そのときの状況によって選出されるメンバーは異なるが、シングル表題曲においては選抜常連メンバーが大半を占めている場合もある。特に選抜から外れることが滅多にない主要メンバーは'''超選抜'''とも呼ばれる<ref>[https://www.oricon.co.jp/news/2041145/full/ “HKT中2コンビが超選抜のタブーに直撃 片思いは?給料は?”]. ''ORICON STYLE'' (oricon ME). (2014年8月19日) 2018年7月16日閲覧。</ref>。[[AKB48選抜総選挙|選抜総選挙]]や[[AKB48グループじゃんけん大会|じゃんけん大会]]は、このような状況へのファンの反発から企画された<ref>[http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1539375.html “「AKB48はガチ」原則実感/じゃんけん大会総括”]. ''nikkansports.com'' (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月17日) 2018年7月16日閲覧。</ref>。シングル表題曲の選抜メンバーは、各グループで最少が7人<ref group="注">AKB48の「[[スカート、ひらり]]」、SKE48の「[[青空片想い]]」「[[ごめんね、SUMMER]]」が該当。</ref>、最多が36人であり<ref group="注">AKB48の「[[真夏のSounds good !]]」「[[ラブラドール・レトリバー (曲)|ラブラドール・レトリバー]]」が該当。</ref>、16人から20人程度の選出が多く、[[AKB48 27thシングル 選抜総選挙|第4回]]以降の選抜総選挙によるシングルや一時期のSKE48、NMB48のほか、HKT48の全期間においては16人で統一されている。
 
SKE48の結成以降、AKB48の選抜メンバーに姉妹グループに所属するメンバーも選出されている{{R|senbatsu}}<ref group="注">SDN48と日本国外グループのオリジナルメンバーからはAKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに選出されたことがない。</ref>。そういった構造から、AKB48のメンバーはAKB48に所属しているにも関わらず、AKB48のシングル表題曲の選抜メンバーに選出される機会が少なくなっており、もはや「AKB48」のシングルではなく「AKB48グループ」のシングルであるともいわれる{{R|senbatsu}}。また[[キングレコード]]が主催するAKB48のシングル劇場盤発売記念大握手会などのイベントには姉妹グループのメンバーも参加しているが、その逆のパターンはない。このように完全な横並びとは言えない関係から、AKB48を「本店」、その他のグループを「支店」と呼称することがあるほか<ref>{{cite news2|url=https://www.jiji.com/jc/ak?s=special&id=2013akb48_senkyo0001|title=指原1位、世代交代の行方は〜AKB48総選挙〜|newspaper=時事ドットコム|publisher=時事通信社|date=2013-06-25|accessdate=2017-09-15}}<br />{{cite news2|author=松下博夫|url=http://realsound.jp/2014/02/akbskehktnmb.html|title=AKBグループ内の力関係に変化か――『大組閣』を控えたSKE、NMB、HKTの長所・弱点とは?|newspaper=Real Sound|publisher=blueprint|date=2014-02-03|accessdate=2017-09-15}}<br />{{cite news2|url=https://mdpr.jp/news/detail/1694625|title=結婚発表に“勇気ある批判”も AKB48高橋朱里ら次世代4人のスピーチがファンの心を打った理由<第9回AKB48選抜総選挙>|newspaper=モデルプレス|publisher=ネットネイティブ|date=2017-06-18|accessdate=2017-09-15}}</ref>。また「[[AKB48#「AKB48」という名称の適用範囲|総称としてのAKB48]]」と区別するため、イベント等ではあえて「AKB48単独」を称したり<ref>{{cite news2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2069162/full/|title=AKB48、アジアに3グループ発足へ 台北TPE マニラMNL バンコクBNK|newspaper=ORICON STYLE|publisher=oricon ME|date=2017-03-26|accessdate=2017-09-15}}</ref>、ファンらの間では'''純AKB'''という呼び名も用いられている<ref>{{cite news2|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1810332.html|title=小嶋陽菜「本当にありがとうAKB」最後の昭和去る|newspaper=nikkansports.com|language=ja|publisher=日刊スポーツ新聞社|date=2017-04-19|accessdate=2017-09-15}}</ref>。こういった実情により、「AKB48」のファンはAKB48メンバーだけでの活動を支持する者も多く、50thシングル選抜発表後にTwitter上では「#AKB48単独シングル希望」という運動が起こった{{R|senbatsu}}。なお、AKB48単独でのシングルについて運営は「年に1度位はそういうのがあってもいいのかもしれないが、各姉妹グループの新たなファンが興味を持つきっかけになっていることを理解してほしい。([[戸賀崎智信]])」<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/7148|title=カスタマーセンター長部屋 2016年2月13日(土)14日(日)@パシフィコ横浜|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-02-18|accessdate=2017-09-27}}</ref>、「カップリングなどにはあります。ファンの声が盛り上がっていけばシングルもあり得ます!期待していて下さい。(茅野しのぶ)」と回答している<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/9178|title=支配人部屋回答 2016.7.17@インテックス大阪|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-08-02|accessdate=2017-09-27}}</ref>。
 
こういった実情により、AKB48のファンはAKB48メンバーだけでの活動を支持する者も多く、50thシングル選抜発表後にTwitter上では「#AKB48単独シングル希望」という運動が起こった{{R|senbatsu}}。AKB48単独でのシングルについて運営は「年に1度位はそういうのがあってもいいのかもしれないが、各姉妹グループの新たなファンが興味を持つきっかけになっていることを理解してほしい。([[戸賀崎智信]])」<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/7148|title=カスタマーセンター長部屋 2016年2月13日(土)14日(日)@パシフィコ横浜|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-02-18|accessdate=2017-09-27}}</ref>、「カップリングなどにはあります。ファンの声が盛り上がっていけばシングルもあり得ます!期待していて下さい。(茅野しのぶ)」と回答している<ref>{{cite web2|url=https://48g.jp/news_handshake/9178|title=支配人部屋回答 2016.7.17@インテックス大阪|work=握手会友の会|publisher=Fandy|date=2016-08-02|accessdate=2017-09-27}}</ref>。2021年9月29日発売のAKB48の58thシングル『[[根も葉もRumor]]』は、AKB48メンバーのみでの歌唱となった<ref name="58th" />。姉妹グループメンバーが歌唱メンバーとして参加しないのは、2010年発売の「[[チャンスの順番]]」以来となる<ref name="58th">{{cite web2|url=https://www.oricon.co.jp/news/2194329/full/|title=AKB48新番組は『乃木坂に、越されました。』 約10年ぶりAKB48単独シングルも決定|website=ORICON NEWS|publisher=oricon ME|date=2021-05-23|accessdate=2021-05-25}}</ref>。
 
=== 卒業とグループの持続 ===