「阿部龍二郎」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
{{存命人物の出典皆無|date=2015年5月27日 (水) 15:34 (UTC)}}
'''阿部 龍二郎'''(あべ りゅうじろう、[[1964年]][[5月11日]] - )は、日本の[[テレビプロデューサー]]。[[TBSテレビ]]取締役、[[TBSホールディングス]](以下「TBSHD」)[[執行役員]]。[[神奈川県]][[藤沢市]]出身
 
過去に[[TBSテレビ]]のプロデューサー、[[チーフプロデューサー]]、制作局制作センターバラエティ制作部次長(旧'''TBSエンタテインメント'''⇒制作3部)、編成局担当部長、編成制作本部編成制作局バラエティー制作センター2部長、制作局バラエティー制作部長、制作局制作1部長、経営企画室長、TBSHDグループ経営企画局長、[[TBSビジョン]]代表取締役社長、[[TBSスパークル]][[代表取締役]][[社長]]を歴任した。[[神奈川県]][[藤沢市]]出身
 
== 人物 ==
作家[[阿部昭]]の二男に当たり、昭もラジオ東京→TBSに勤務していた(1959年 - 1971年)。
 
藤沢市立鵠沼中学校、[[慶應義塾大学]]卒。卒業後、当時の東京放送(TBS)<ref>2001年にラジオ局部門を[[TBSラジオ|TBSラジオ&コミュニケーションズ]]へ分離。2009年には[[放送持株会社|持株会社]]化に伴い東京放送ホールディングス(2020年10月:TBSホールディングス)に変更。テレビ局部門をTBSテレビに完全移行させ、東京放送が名乗っていたTBSの略称もTBSテレビに移行させた。</ref>に入社。
 
テレビ部門に配属され、人気音楽番組『[[ザ・ベストテン]]』プロデューサーだった[[山田修爾]]の部下的な存在で[[アシスタントディレクター]]として活動。
 
『[[うたばん]]』や『[[COUNT DOWN TV]]』など[[音楽番組]]プロデューサー。[[石橋貴明]]や[[SMAP]](特に同郷である[[中居正広]])などと関係が深い。また、同局の[[アナウンサー]]である[[安住紳一郎]]を積極的に起用している
 
2008年5月編成局担当部長に異動。この為5月2日〜28日までは阿部の番組は[[大木真太郎]]、[[中鉢功]]、[[帯純也]]プロデューサーらに、5月29日以降は[[小谷和彦]]、中鉢功チーフプロデューサーらに引き継がれた。
 
2009年9月からは、制作局バラエティー制作センター2部長に異動。2010年5月13日からは、編成制作局バラエティー制作センター2部長に。2012年4月1日からは、制作局バラエティー制作部長に
 
2010年5月13日からは、編成制作局バラエティー制作センター2部長。
 
2012年4月1日からは、制作局バラエティー制作部長。
 
2016年4月1日付でTBSHD経営企画局長、TBSテレビ経営企画室長。
2020年6月26日付でTBSテレビに出戻り現職。
 
== 逸話 ==
作家[[阿部昭]]の二男に当たり、昭もラジオ東京→TBSに勤務していた(1959年 - 1971年)。
[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系バラエティ番組『[[森田一義アワー 笑っていいとも!|笑っていいとも!]]』のトークコーナー・[[テレフォンショッキング]]に安住紳一郎アナがゲスト出演した際、以前担当した番組「[[ぴったんこカン・カン]]」キャラクターのきぐるみを着て登場し、司会の[[タモリ]]に対し「手前どもの局(TBS)でもレギュラー番組をお願いします」などと発言した<ref>系列局である[[毎日放送]]制作のバラエティ番組には以前から複数の番組に司会者としてレギュラー出演していたが、TBSテレビ制作のレギュラー番組は2021年1月現在も実現していない。ただ、前述の中居正広もレギュラー出演していた連続ドラマ[[日曜劇場]]『[[ATARU]]』にはタモリも最終話(2012年6月24日放送)でゲスト出演をした。</ref>。
 
フジテレビ系バラエティー番組『[[森田一義アワー 笑っていいとも!|笑っていいとも!]]』のトークコーナー・テレフォンショッキングに安住紳一郎アナがゲスト出演した際、以前担当した番組「[[ぴったんこカン・カン]]」のキャラクターのきぐるみを着て登場し、司会の[[タモリ]]に対して「手前どもの局(TBS)でもレギュラー番組をお願いします」などと発言した<ref>系列局である[[毎日放送]]制作のバラエティ番組には以前から複数の番組に司会者としてレギュラー出演していたが、TBSテレビ制作のレギュラー番組は2021年1月現在も実現していない。ただ、前述の中居正広もレギュラー出演していた連続ドラマ[[日曜劇場]]『[[ATARU]]』にはタモリも最終話(2012年6月24日放送)でゲスト出演をした。</ref>。
 
== 過去の担当番組 ==
阿部が担当する番組は生放送及びごく一部の収録番組を除きすべて非ハイビジョン(画角4:3、SD制作)番組である
 
* [[THE・プレゼンター]](チーフプロデューサー担当)
* [[DA!DA!DA!PUMP]]
* [[ここがヘンだよ日本人]]
* [[中居正広の家族会議を開こう!]]
* [[U-CDTV]]
* [[吾郎の細道]]→[[吾郎のソナタ]]
* [[月光音楽団]]
* [[イシバシ・レシピ2|イシバシ・レシピ]]
* [[ビートたけしのやってはいけない!]](年2回程度[[スーパーフライデー]]枠で放送)
* [[ザ・ベストテン]](2001年~年末特番として放送、1989年4月~10月は[[アシスタントディレクター]])
* [[ナンバー2 〜一番になれなかった天才達の物語〜]]