「クリスマスの約束」の版間の差分

m
編集の要約なし
タグ: 条件の上限に達しました
m編集の要約なし
 
== 解説 ==
2001年発売セルフカバー・アルバム『[[LOOKING BACK 2]]』のヒットを受けてTBSスタッフは[[小田和正]]に『[[うたばん]]』への出演オファーを出した。小田はそれを辞退したものの、小田がメインの番組を作りたいとするスタッフの諦め切れぬ思いから「'''全く新しい形の音楽番組を作りたい'''」とTBSが小田に持ちかけ、小田をメインアーティストに「'''アーティストがお互い認め合えるような番組'''」を目指し[[阿部龍二郎]][[チーフプロデューサー]](現:TBSテレビ取締役)をはじめとする『うたばん』と同じスタッフで企画制作された。ちなみに小田がTBSのテレビ番組に出演するのは[[オフコース]]時代の[[1982年]][[9月29日]]に放送された『[[日立テレビシティ]]・オフコース・スペシャル[[NEXT VIDEO PROGRAM|NEXT]]』以来実に19年4か月ぶりのことである
 
小田がTBSのテレビ番組に出演するのは[[オフコース]]時代の[[1982年]][[9月29日]]放送『[[日立テレビシティ]]・オフコース・スペシャル[[NEXT VIDEO PROGRAM|NEXT]]』以来、19年4か月ぶりである。
番組制作に当たり有名アーティスト7組に出演依頼するもそのすべてから出演を辞退され、納得できないスタッフを小田が説き伏せる形で単独ライブ形式の公開収録を行った。その後リクエストに応じて再放送されて以後、毎年制作・放送されている。
 
番組制作に当たり有名アーティスト7組に出演依頼するもそのすべてから出演を辞退され、納得できないスタッフを小田が説き伏せる形で単独ライブ形式の公開収録を行った。その後リクエストに応じ再放送されて以後、毎年制作・放送されている。
 
番組のコンセプトである「アーティスト同士がお互いを認め、愛し、尊敬すること」は、オフコース活動休止中の1982年に小田が考えた『日本[[グラミー賞]]構想』が基になっている。それについてはエッセイ『TIME CAN'T WAIT』(1990年12月25日初版、[[朝日新聞社]])での"僕の挫折"という章で触れている。
 
2011年から放送当日の[[読売新聞]]朝刊に番組告知の一面広告が掲載されることがある{{Efn|番組開始の2001年から2010年までは[[朝日新聞]]朝刊に掲載された。2007年は放送1週間前の12月18日に、2009年と2010年は夕刊にも掲載。2013年は朝日新聞朝刊にも3年ぶりに掲載された。}}。番組開始の2001年から2004年までと、2006年から2008年まで小田は[[帽子|ニット帽]]を被って出演していたが、小田の所属事務所のスタッフによると「冬のイメージを出すため」だという。2005年と2009年以降はニット帽を被らず出演している。
 
番組開始の2001年から2008年までは主に小田自身がメインで歌うことが多かったが、2009年以降はゲストがメインで歌うことが多くなり逆に小田がメインで歌うことが少なくなっている。これについて[[水野良樹]]([[いきものがかり]])は2011年放送終了後に更新したブログで小田は「小田和正の」クリスマスの約束を「みんなの」クリスマスの約束にしたいという思いを持っており「もうクリスマスの約束では、俺が前に出るのはいいんだ」と語っているという。
 
番組の題字は小田自身の直筆によるもの(「約束」の部分はクリスマスカラーの赤と緑で表示される)、その下に放送の[[日付]]が小さく記されている。
 
放送形態については、番組開始の2001年から2010年までは基本的にローカルセールス扱いであるため、放送局によってはTBSとの同時ネットとせず、後日時差放送を実施したり、未放送になるケースがあった。2011年の放送からは[[ジャパン・ニュース・ネットワーク|TBS系列]]28局ネットで放送されている
番組開始の2001年から2008年までは主に小田自身がメインで歌うことが多かったが、2009年以降はゲストがメインで歌うことが多くなり逆に小田がメインで歌うことが少なくなっている。これについて[[水野良樹]]([[いきものがかり]])は2011年の放送終了後に更新したブログで小田は「小田和正の」クリスマスの約束を「みんなの」クリスマスの約束にしたいという思いを持っており、「もうクリスマスの約束では、俺が前に出るのはいいんだ」と語っているという。
 
2011年の放送からは[[ジャパン・ニュース・ネットワーク|TBS系列]]28局ネットで放送されている。
番組の題字は小田自身の直筆によるもので(「約束」の部分はクリスマスカラーの赤と緑で表示される)、その下に放送の[[日付]]が小さく記されている。
 
{{Start date|2018}}、TBSは小田と打ち合わせを重ねた結果、「今年度は番組収録と放送を延期し(クリスマスの約束に)替わるものを出来るだけ早くより良いものをお届けしたい」として、当該番組の放送を延期した上で{{Efn|具体的な理由は、同年中に行われた全国ツアー(『[[密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜#公演日程|Kazumasa Oda Tour 2018 Encore!!]]』)の[[大阪城ホール]]公演(同年6月20日、21日)が[[大阪府北部地震]]の影響により2019年1月8日、9日に延期したことに加えて、2019年5月から7月にかけて追加公演(『[[密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜#追加公演|Kazumasa Oda Tour 2019 Encore!! Encore!!]]』)が組まれたことにより、準備期間が取れなかったためである。ただし、番組スタッフとのミーティングは行っており、それが翌年春の特番につながった。}}小田をホストとした別番組を制作・放送する意向であることを同年[[11月20日]]に番組公式サイトにて発表<ref>{{Cite press release |title=大切なお知らせ |website=クリスマスの約束 |publisher=[[TBSテレビ]] |date=2018-11-20 |url=https://www.tbs.co.jp/xmas-yakusoku/news/news03.html |format=HTML |language=ja-p |accessdate=2018-11-20}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811200000382.html |title=小田和正「クリスマスの約束」放送せず 少し延期 |newspaper=ニッカンスポーツ・コム |agency=[[日刊スポーツ]] |date=2018-11-20 |accessdate=2018-11-20}}</ref>。また、TBSの[[編成局長・合田隆信]]編成局長は同年[[11月28日]]に行われた[[記者会見|定例会見]]で番組の延期に触れ、「夏からスタッフと小田さんがやり取りしていた中で、時期的に延期して良いものを作るということ」とした上で、番組名に掛けて「約束は果たすつもりだ」と述べた<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811280000492.html |title=TBS編成局長「果たすつもり」クリスマスの約束 |newspaper=ニッカンスポーツ・コム |agency=日刊スポーツ |date=2018-11-28 |accessdate=2018-11-28}}</ref>。その後、[[2019年]]春に代替番組を放送する予定であることを同年12月24日に番組公式サイト内で発表。『クリスマスの約束』の制作チームが手がける特別番組として<ref>{{Cite web |url=https://natalie.mu/music/news/318748 |title=小田和正出演のTBS音楽特番「風のようにうたが流れていた」3月OA |work=[[ナタリー (ニュースサイト)|ナタリー]] |publisher=株式会社ナターシャ |date=2019-02-05 |accessdate=2019-03-24}}</ref>、2019年[[3月29日]]深夜に「[[風のようにうたが流れていた|小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』]]」が放送された<ref>{{Cite news|title=TBS小田和正特番「風のようにうたが流れていた」3・29放送決定!昨年なしの「クリ約」の代わりに |newspaper=Sponichi Annex |date=2019-02-04 |url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/04/kiji/20190204s00041000277000c.html |agency=スポーツニッポン新聞社 |accessdate=2019-02-04}}</ref>。
放送形態については、番組開始の2001年から2010年までは基本的にローカルセールス扱いであるため、放送局によってはTBSとの同時ネットとせず、後日時差放送を実施したり、未放送になるケースがあった。2011年の放送からは[[ジャパン・ニュース・ネットワーク|TBS系列]]28局ネットで放送されている。
 
{{Start date|2019}}に放送が再開されることが同年[[11月13日]]に番組公式サイトで発表され、放送された。
{{Start date|2018}}、TBSは小田と打ち合わせを重ねた結果、「今年度は番組収録と放送を延期し、(クリスマスの約束に)替わるものを出来るだけ早くより良いものをお届けしたい」として、当該番組の放送を延期した上で{{Efn|具体的な理由は、同年中に行われた全国ツアー(『[[密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜#公演日程|Kazumasa Oda Tour 2018 Encore!!]]』)の[[大阪城ホール]]公演(同年6月20日、21日)が[[大阪府北部地震]]の影響により2019年1月8日、9日に延期したことに加えて、2019年5月から7月にかけて追加公演(『[[密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜#追加公演|Kazumasa Oda Tour 2019 Encore!! Encore!!]]』)が組まれたことにより、準備期間が取れなかったためである。ただし、番組スタッフとのミーティングは行っており、それが翌年春の特番につながった。}}小田をホストとした別番組を制作・放送する意向であることを同年[[11月20日]]に番組公式サイトにて発表<ref>{{Cite press release |title=大切なお知らせ |website=クリスマスの約束 |publisher=[[TBSテレビ]] |date=2018-11-20 |url=https://www.tbs.co.jp/xmas-yakusoku/news/news03.html |format=HTML |language=ja-p |accessdate=2018-11-20}}</ref><ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811200000382.html |title=小田和正「クリスマスの約束」放送せず 少し延期 |newspaper=ニッカンスポーツ・コム |agency=[[日刊スポーツ]] |date=2018-11-20 |accessdate=2018-11-20}}</ref>。また、TBSの[[合田隆信]]編成局長は同年[[11月28日]]に行われた[[記者会見|定例会見]]で番組の延期に触れ、「夏からスタッフと小田さんがやり取りしていた中で、時期的に延期して良いものを作るということ」とした上で、番組名に掛けて「約束は果たすつもりだ」と述べた<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811280000492.html |title=TBS編成局長「果たすつもり」クリスマスの約束 |newspaper=ニッカンスポーツ・コム |agency=日刊スポーツ |date=2018-11-28 |accessdate=2018-11-28}}</ref>。その後、[[2019年]]春に代替番組を放送する予定であることを同年12月24日に番組公式サイト内で発表。『クリスマスの約束』の制作チームが手がける特別番組として<ref>{{Cite web |url=https://natalie.mu/music/news/318748 |title=小田和正出演のTBS音楽特番「風のようにうたが流れていた」3月OA |work=[[ナタリー (ニュースサイト)|ナタリー]] |publisher=株式会社ナターシャ |date=2019-02-05 |accessdate=2019-03-24}}</ref>、[[3月29日]]深夜に「[[風のようにうたが流れていた|小田和正音楽特番『風のようにうたが流れていた』]]」が放送された<ref>{{Cite news|title=TBS小田和正特番「風のようにうたが流れていた」3・29放送決定!昨年なしの「クリ約」の代わりに |newspaper=Sponichi Annex |date=2019-02-04 |url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/04/kiji/20190204s00041000277000c.html |agency=スポーツニッポン新聞社 |accessdate=2019-02-04}}</ref>。
 
{{Start date|2019}}に放送が再開されることが同年[[11月13日]]に番組公式サイトで発表され、放送された。しかし2020年は[[covid-19|新型コロナウイルス感染拡大の影響]]を鑑み、収録および放送は行わないことを同年12月1日、番組公式サイトで発表した<ref>{{Cite press release |title=毎年「クリスマスの約束」の放送を心待ちにして下さる皆様へ
|website=クリスマスの約束 |publisher=[[TBSテレビ]] |date=2020-12-01 |url=https://www.tbs.co.jp/xmas-yakusoku/release/20201201.html |format=HTML |language=ja-p |accessdate=2020-12-01}}</ref>。この年は総集編や代替番組も編成されなかった。
 
{{Start date|2021}}に放送が2年ぶりに再開されることが同年11月13日、TBSの公式ホームページ内で発表された。今回は観覧募集が[[ハガキ|官製ハガキ]]に加えてWEBでの応募が可能になった<ref>{{Cite news|title=小田和正“冬の風物詩”TBS特番「クリスマスの約束」2年ぶり開催決定!昨年はコロナ禍で中止|newspaper=Sponichi Annex |date=2021-11-16 |url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/11/16/kiji/20211116s00041000337000c.html |agency=スポーツニッポン新聞社 |accessdate=2021-11-16}}</ref>。
 
== 放送一覧 ==