「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の版間の差分

m
→‎進展: 原作へのリンク修正
m (→‎進展: 原作へのリンク修正)
=== 制作 ===
==== 進展 ====
『[[ハリー・ポッターと賢者の石 (映画)|ハリー・ポッターと賢者の石]]』(2001年)と『[[ハリー・ポッターと秘密の部屋 (映画)|ハリー・ポッターと秘密の部屋]]』(2002年)を監督した[[クリス・コロンバス]]は、『[[ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (映画)|ハリー・ポッターとアズカバンの囚人]]』(2004年)の制作中に『[[ハリー・ポッターと炎のゴブレット#top|ハリー・ポッターと炎のゴブレット]]』の映画化で再び監督をすることを当初考えていたが、コロンバスの子供たちが家族らしく父親と一緒に過ごしたがっていることに加え<ref name="ColumbusOriginalIntention" />、最初の2作のため[[イングランド]]に引っ越してから子供たちが友達に会うため[[アメリカ合衆国|アメリカ]]に戻りたがっているという理由から、最終的に辞退した。最初の3作を読むと、コロンバスは物語が暗くなっていくことに気づき、作者の[[J・K・ローリング]]は、コロンバス、プロデューサーの[[デヴィッド・ハイマン]]および脚本家の[[スティーヴ・クローヴス]]に、続編の映画の撮影で彼ら自身で準備できるように、『炎のゴブレット』の彼女の意図に関する大量の原稿の写しを出版前に渡した<ref name="ColumbusTHR" />。[[M・ナイト・シャマラン]]は本作の監督を打診されたが、彼は『[[パイの物語]]』の映画化のほうに関心があった<ref>https://www.looper.com/125990/the-untold-truth-of-m-night-shyamalan/</ref>。『アズカバンの囚人』の[[アルフォンソ・キュアロン]]監督が『ハリー・ポッター』の映画は1本しか監督できないと発表したため、イギリスの映画監督[[マイク・ニューウェル]]が監督に選ばれた<ref name="NewellEW" />。監督の交代を説明する声明の中で、シリーズ・プロデューサーのハイマンは次のように述べている:
{{blockquote|アルフォンソが『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を完成させることに集中することを決めたとき、私たちは『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の複雑な挑戦に対応し、[[クリス・コロンバス]]やアルフォンソ・キュアロンの足跡を辿る監督を見つけるという気が遠くなるような仕事に直面しました。マイクの豊かで多様な一連の作品は、彼が完璧な選択であることを示しています。彼は子供たちと一緒に働き、私たちを笑わせ、そして私たちの席の端に座らせてくれました。彼は役者の扱いが上手く、すべての登場人物、すべての作品に素晴らしい人間性を吹き込んでいます。私はワクワクしています<ref name="NewellEW" />。}}