「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の版間の差分

m (bot: 解消済み仮リンクサウンドトラックを内部リンクに置き換えます)
タグ: サイズの大幅な増減
その他の場面は、最も重要な話の詳細だけが含まれるように短縮、統合された。例えば、「憂いの篩」(うれいのふるい)でハリーが目撃した3つの死喰い人(デスイーター)裁判は、1つの一連の場面に統合されている。ビル・ウィーズリー、チャーリー・ウィーズリー、ルード・バグマン、ウィンキー、ナルシッサ・マルフォイ、およびバーサ・ジョーキンズについてはすべて登場せず、本来ハリーが第2の課題で鰓昆布を手に入れるのを助ける立場にあるドビーも登場しない。ドビーの代わりに、この場面は[[ホグワーツの生徒#ネビル・ロングボトム|ネビル・ロングボトム]]が関わるように変更された。リータ・スキーターが違法で未登録の動物もどきであることが明らかになる最後の列車の場面はない。ハリーが賞金1,000ガリオンを受け取ることも手放すことも描かれていない。[[シリウス・ブラック]]のすべてのセリフは、たった1度の暖炉での会話に凝縮されている。クラウチ・ジュニアがアズカバンに連れ戻される場面は、コーネリウス・ファッジが呼び出した吸魂鬼(ディメンター)によって「殺された」原作と異なる。また、ファッジがヴォルデモートの復活について信じることを拒否する会話もなく、これは次回作での説明に持ち越されている<ref name="DigitalSpy" />。
 
=== ソフト化配給 ===
==== マーケティング ====
この映画は、2005年5月7日の『[[ハリー・ポッターと秘密の部屋 (映画)|ハリー・ポッターと秘密の部屋]]』のテレビ初放映の際、ABCで独占初公開された<ref>{{cite magazine |title=Exclusive First Look at 'Harry Potter and the Goblet of Fire' to Be Presented During Network Television Debut of 'Harry Potter and the Chamber of Secrets,' Airing May 7 on ABC |url=http://www.businesswire.com/news/home/20050502006197/en/Exclusive-Harry-Potter-Goblet-Fire-Presented-Network |magazine=Business Week |access-date=12 October 2012 |date=2 May 2005 |archive-date=16 December 2013 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20131216005307/http://www.businesswire.com/news/home/20050502006197/en/Exclusive-Harry-Potter-Goblet-Fire-Presented-Network |url-status=live }}</ref>。最初の[[予告編]]は2005年5月8日にオンラインで公開された<ref>{{cite news |title=Potter four film trailer released |url=http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4520000/newsid_4527100/4527151.stm |work=CBBC Newsround |publisher=BBC |access-date=12 October 2012 |date=8 May 2005 |archive-date=27 January 2013 |archive-url=https://web.archive.org/web/20130127183710/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4520000/newsid_4527100/4527151.stm |url-status=live }}</ref>。国際版の予告編は2005年8月23日にオンラインで初登場した<ref>{{cite web |last=Pearson |first=Anthony |title=Harry Potter and the Goblet of Fire International Trailer! |url=http://www.monstersandcritics.com/movies/news/article_9856.php/Harry_Potter_and_the_Goblet_of_Fire_International_Trailer|archive-url=https://archive.today/20130129072325/http://www.monstersandcritics.com/movies/news/article_9856.php/Harry_Potter_and_the_Goblet_of_Fire_International_Trailer|url-status=dead|archive-date=29 January 2013 |publisher=Monsters and Critics |access-date=12 October 2012 |date=23 August 2005}}</ref>。
 
{{仮リンク|ハリー・ポッターと秘密の部屋 (ビデオゲーム)|label=ビデオゲーム版|en|Harry Potter and the Goblet of Fire (video game)}}は、{{仮リンク|EA UK|label=英国EA社|en|EA UK}}により設計され、2005年11月8日に発売された<ref>{{cite web |last=Castaneda |first=Karl |title=EA Announces Harry Potter and the Goblet of Fire |url=http://www.nintendoworldreport.com/news/10452 |publisher=Nintendo World Report |access-date=12 October 2012 |date=12 April 2012 |archive-date=14 December 2013 |archive-url=https://web.archive.org/web/20131214233826/http://www.nintendoworldreport.com/news/10452 |url-status=live }}</ref>。[[マテル]]社は、この映画に基づいたアクションフィギュアやアーティファクトなどを発売した<ref>{{cite web |last=Grossberg |first=Joshua |title=Toy Fair Feels the Force |url=http://www.eonline.com/news/49301/toy-fair-feels-the-force |publisher=E! News |access-date=12 October 2012 |date=23 February 2005 |archive-date=16 December 2013 |archive-url=https://web.archive.org/web/20131216094723/http://www.eonline.com/news/49301/toy-fair-feels-the-force |url-status=live }}</ref>。これら中には、4本の映画に関連する1,000問以上の問題を収録した『Harry Potter {{仮リンク|Scene It?|en|Scene It?}}』の初版があった<ref>{{cite news |title=A 'Goblet' full of Potter movie tie-ins |url=https://news.google.com/newspapers?id=cPBRAAAAIBAJ&pg=6775,4604526 |access-date=14 October 2012 |newspaper=Pittsburgh Post-Gazette |date=18 November 2005 |author=Barbara Vencheri |author2=Sharon Eberson |page=C-5 |archive-date=2 August 2021 |archive-url=https://web.archive.org/web/20210802225830/https://news.google.com/newspapers?id=cPBRAAAAIBAJ&pg=6775%2C4604526 |url-status=live }}</ref>。
 
==== 劇場公開 ====
『炎のゴブレット』は、その暗いテーマ、空想暴力、脅威、恐怖の映像のため、[[全英映像等級審査機構|BBFC]]により12A指定(12歳以上推奨)をされたシリーズ初の作品である<ref>{{cite web |date=19 October 2005 |author=<!-- no byline --> |title=How Goblet of Fire got its 12A rating |url=http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4350000/newsid_4358300/4358388.stm |work=CBBC [[:en:Newsround]] |publisher=BBC |access-date=19 September 2020 |archive-date=16 April 2016 |archive-url=https://web.archive.org/web/20160416224514/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4350000/newsid_4358300/4358388.stm |url-status=live }}</ref><ref>{{cite web |date=20 November 2005 |author=Mark Kermode |author-link=Mark Kermode |title=Mark Kermode: Should we shield our children from Harry Potter? |url=https://www.theguardian.com/film/2005/nov/20/harrypotter1 |website=[[The Guardian]] |access-date=19 September 2020 |archive-date=4 December 2018 |archive-url=https://web.archive.org/web/20181204051456/https://www.theguardian.com/film/2005/nov/20/harrypotter1 |url-status=live }}</ref>。アメリカでは、「一連の空想暴力と恐怖の映像」のため[[モーション・ピクチャー・アソシエーション|MPAA]]により{{仮リンク|モーション・ピクチャー・アソシエーション映画レーティング・システム#PG-13|label=PG-13|en|Motion Picture Association film rating system#PG-13}}指定を受けた<ref>{{cite web |date=5 October 2010 |author=Ray Subers |title=MPAA Ratings: 'Harry Potter and the Deathly Hallows (Part One)' |url=https://www.boxofficemojo.com/article/ed2625307652/ |website=Box Office Mojo |access-date=19 September 2020 |archive-date=26 October 2020 |archive-url=https://web.archive.org/web/20201026154218/https://www.boxofficemojo.com/article/ed2625307652/ |url-status=live }}</ref><ref>{{cite web |date=8 November 2005 |last=McClintock |first=Pamela |title='Harry Potter' hits puberty |url=https://variety.com/2005/film/features/harry-potter-hits-puberty-1117932630/ |website=Variety |access-date=21 September 2020 |archive-date=9 May 2018 |archive-url=https://web.archive.org/web/20180509111933/http://variety.com/2005/film/features/harry-potter-hits-puberty-1117932630/ |url-status=live }}</ref>。オーストラリアでは、[[オーストラリア等級審査委員会|ACB]]が「中程度の暗いテーマ」「中程度の空想暴力」のためM(Mature: 成熟)に分類した<ref>{{cite web |date=31 August 2019 |author=Australian Classification |title=HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE |url=https://www.classification.gov.au/titles/harry-potter-and-goblet-fire-2 |publisher=Australian Classification Board |access-date=9 September 2020 |archive-date=2 August 2021 |archive-url=https://web.archive.org/web/20210802225845/https://www.classification.gov.au/titles/harry-potter-and-goblet-fire-2 |url-status=live }}</ref>。
 
『炎のゴブレット』は、従来型の劇場と[[IMAX]]で同時公開されたシリーズで2作目の作品である<ref>{{cite news |title=Potter film to get Imax release |url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4509435.stm |work=BBC News |access-date=15 October 2012 |date=3 May 2005 |archive-date=10 July 2017 |archive-url=https://web.archive.org/web/20170710152840/http://usatoday30.usatoday.com/life/people/2005-11-06-potter-premiere_x.htm |url-status=live }}</ref>。『Harry Potter and the Goblet of Fire: The IMAX Experience』と呼ばれるこの映画は、IMAXと[[ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ]]との間で設定された「商業成長戦略」に加わるため、35mm版からIMAX用にデジタルリマスターされた<ref>{{cite news |last=McCoy |first=Adrian |title=IMAX gains in popularity; 'Potter,' 'Express' due here |url=http://www.post-gazette.com/stories/ae/movies/imax-gains-in-popularity-potter-express-due-here-610357/ |newspaper=Post-Gazette |access-date=15 October 2012 |date=16 November 2005}}</ref><ref>{{cite web |title="Harry Potter and the Goblet of Fire" Gets an IMAX Release |url=http://movies.about.com/od/harrypotter4/a/harrypttr050305.htm |publisher=About.com |access-date=15 October 2012 |date=2 May 2005 |url-status=dead |archive-url=https://web.archive.org/web/20120401035312/http://movies.about.com/od/harrypotter4/a/harrypttr050305.htm |archive-date=1 April 2012}}</ref>。
 
この映画は、イギリスとアメリカで2005年11月18日に公開されてから2週間以内にほとんどの国で公開され、オーストラリアでは2005年12月1日に公開された。アメリカでは、この映画はIMAXスクリーンを含む最大3,858の劇場で上映された<ref name="BOM" />。
 
2005年11月6日、イギリス ロンドンでこの映画のワールド・プレミアが開催された<ref>{{cite news |title='Harry Potter' cast attends London premiere |url=http://usatoday30.usatoday.com/life/people/2005-11-06-potter-premiere_x.htm |newspaper=USA Today |access-date=15 October 2012 |date=6 November 2005 |archive-date=22 September 2005 |archive-url=https://web.archive.org/web/20050922133337/http://movies.about.com/od/harrypotter4/a/goblet062904.htm |url-status=live }}</ref>。この試写会では、火を噴くハンガリー・ホーンテールのアニマトロニクスが登場した<ref>{{cite news |last=Briggs |first=Caroline |title=Potter premiere casts its spell |url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4412936.stm |work=BBC News |access-date=15 October 2012 |date=6 November 2005 |archive-date=9 October 2013 |archive-url=https://web.archive.org/web/20131009181254/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/4412936.stm |url-status=live }}</ref>。最初の課題の前にハグリッドがハリーを夜の森に案内する場面で使われた全長40フィートのドラゴンは、本作の特殊効果スーパーバイザーである[[ジョン・リチャードソン (特殊効果)|ジョン・リチャードソン]]とクリーチャー・エフェクトおよびメイクアップ・スーパーバイザーである{{仮リンク|ニック・ダッドマン|en|Nick Dudman}}によって設計・製作された<ref name="ProductionNotes" />{{rp|10}}。
 
==== 映像ソフト ====
この映画は、2006年3月7日に北米でDVD版が発売された。1枚組と2枚組のほか、その当時までに制作された全4作品を収録した8枚組のDVD BOXも発売された<ref>[http://www.mugglenet.com The World's #1 Harry Potter Site] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20171223051914/http://interactive.mugglenet.com/ |date=23 December 2017 }}. ''Mugglenet.com''. Retrieved 29 May 2007.</ref>。特典ディスクには、3つのインタラクティブ・ゲームと7つの舞台裏が収録されている。また、本作は[[PlayStation Portable|PSP]]用の[[ユニバーサル・メディア・ディスク|UMD]]形式でも発売された。
 
VHSの発売は少なくともニュージーランドとフィンランドで行われ、映画はフルスクリーンで収録された<ref>{{cite web |url=https://originaltrilogy.com/topic/Harry-Potter-and-the-Goblet-of-Fire-VHS/id/52065 |author=DragoonClawNZ |title=Harry Potter and the Goblet of Fire on VHS |access-date=19 November 2018 |archive-date=5 May 2018 |archive-url=https://web.archive.org/web/20180505113623/http://originaltrilogy.com/topic/Harry-Potter-and-the-Goblet-of-Fire-VHS/id/52065 |url-status=live }}</ref>。
 
北米での発売初日には500万枚以上を売り上げ、初日の販売でシリーズ最高を記録した。また最初の1週間で、ワイドスクリーン版とフルスクリーン版のDVDを合わせて900万枚以上を売り上げた<ref>{{cite web |url=http://buyharrypottermovies.com/harry-potter-years-1-6-giftset-widescreen-edition/ |author=Greg |access-date=3 October 2011 |title=Harry Potter DVDs |url-status=dead |archive-url=https://web.archive.org/web/20110708105347/http://buyharrypottermovies.com/harry-potter-years-1-6-giftset-widescreen-edition/ |archive-date=8 July 2011}}</ref>。
 
イギリス版は2006年3月20日にDVDで発売され、発売初日に1秒間で6枚を売り上げ、イギリスDVD史上最速の売り上げとなった。オフィシャル・チャート・カンパニーによると、このDVDは初週だけで140万枚を売り上げたという。また、北米の2枚組版と同様の特典を付けた2枚組版も発売された<ref>[http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4840000/newsid_4849900/4849952.stm Goblet fastest selling DVD ever] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20060425073251/http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4840000/newsid_4849900/4849952.stm |date=25 April 2006 }}. ''News.BBC.co.uk''. Retrieved 29 May 2007.</ref>。
 
このDVDは、史上最速で売れたDVDとしてギネス世界記録を保持している。この成果は、2007年版[[ギネス世界記録]]に追加され、2006年4月に[[リーブスデン・スタジオ]]における『不死鳥の騎士団』の撮影現場でダニエル・ラドクリフに賞を授与している写真が掲載されている<ref>[http://www.hpana.com/news.19410.html 'GoF' DVD now a Guinness World Record holder] {{Webarchive|url=https://web.archive.org/web/20060518135036/http://www.hpana.com/news.19410.html |date=18 May 2006 }}. ''HPANA.com''. Retrieved 29 May 2007.</ref>。
 
アメリカでは、ハリー・ポッター映画の最初の5作が2007年12月11日に[[HD DVD]]と[[Blu-ray Disc]]で発売された。4作目はその後、『Harry Potter: Complete 8-Film Collection』や『Harry Potter Wizard's Collection』など、シリーズで発売されたその他の作品を含むボックスセットが多数発売されている。舞台裏映像、予告編、追加シーン、長編スペシャル『Creating the World of Harry Potter Part 4: Sound & Music』が収録された、『炎のゴブレット』アルティメット・エディションが2010年10月19日に発売された<ref>{{cite web |last=Brown |first=Kenneth |title=Harry Potter and the Goblet of Fire Blu-ray Review |url=http://www.blu-ray.com/movies/Harry-Potter-and-the-Goblet-of-Fire-Blu-ray/5720/#Review |publisher=Blu-ray.com |access-date=15 October 2012 |date=23 October 2010 |archive-date=20 October 2012 |archive-url=https://web.archive.org/web/20121020133454/http://www.blu-ray.com/movies/Harry-Potter-and-the-Goblet-of-Fire-Blu-ray/5720/#Review |url-status=live }}</ref>。アルティメット・エディションには含まれていないが、約167分のエクステンデッド・バージョンが一部のテレビ放送で放映された<ref>{{cite news |last=Puig |first=Claudia |title=ABC Family peeks at ' Half-Blood Prince' |url=http://usatoday30.usatoday.com/life/movies/news/2008-12-04-potter-abc-family_N.htm |newspaper=USA Today |access-date=17 October 2012 |date=5 December 2008 |archive-date=24 December 2013 |archive-url=https://web.archive.org/web/20131224102049/http://usatoday30.usatoday.com/life/movies/news/2008-12-04-potter-abc-family_N.htm |url-status=live }}</ref>。
 
日本では[[ワーナー エンターテイメント ジャパン|ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント]]よりブルーレイ、DVDが発売。
* ハリー・ポッターと炎のゴブレット 期間限定生産版(DVD1枚組、2006年4月21日発売)
== 脚注 ==
{{Reflist|refs=
 
<ref name="BOM">{{Cite Box Office Mojo |id=0330373 |title=Harry Potter and the Goblet of Fire |access-date=14 December 2020 |archive-url=https://web.archive.org/web/20191221154643/https://www.boxofficemojo.com/title/tt0330373/ |archive-date=21 December 2019 |url-status=live}}</ref>
 
<ref name="GleesonIGN">{{Cite web |date=13 October 2005 |title=Being Moody |url=https://www.ign.com/articles/2005/10/14/being-moody |url-status=live |archive-url=https://web.archive.org/web/20210707061935/https://www.ign.com/articles/2005/10/14/being-moody |archive-date=7 July 2021 |access-date=7 July 2021 |website=[[IGN]]}}</ref>